ポール・オッテリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・オッテリーニ
Paul Otellini
生誕 (1950-10-12) 1950年10月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
死没 (2017-10-02) 2017年10月2日(66歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 サンフランシスコ大学
カリフォルニア大学バークレー校
職業 インテル社長最高経営責任者

ポール・オッテリーニ(Paul S. Otellini, 1950年10月12日 - 2017年10月2日[1])は元インテル社長最高経営責任者(CEO)[2]

サンフランシスコ出身[3]イタリア系アメリカ人[3]。1972年にサンフランシスコ大学経済学の学士号を、1974年にカリフォルニア大学バークレー校経営学修士号を取得[2]

1974年にインテルに入社[2]。1980年代はIBMのコンピュータにインテルのマイクロプロセッサを採用させるのに成功[3]。1990年代はマイクロプロセッサ部門のゼネラルマネージャーを務め、1993年のPentium発売を指揮した[3]

昇進を続け、2002年1月には社長兼最高執行責任者(COO)に就任[4]。2002年5月に取締役に選任される[4]。2005年5月18日、クレイグ・バレットに代わりインテル5代目CEOとなった[2]。2004年4月からはGoogleの取締役も務める[4][5]。2017年9月現在、Googleの親会社であるAlphabetの社外取締役である[6]

2007年、中国大連市に30億ドルで半導体製造工場を建設する計画を発表した[7]

出典[編集]

  1. ^ 米インテル、オッテリーニ前CEOが死去”. 日本経済新聞 (2017年10月4日). 2017年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c d インテルの新CEO、就任早々から組織再編i” (日本語). JBPRESS. 2017年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c d Lauer, Josh. “Paul Otellini: Information form Answers.com” (英語). Answers.com. 2009年7月3日閲覧。
  4. ^ a b c Paul Otellini: Executive Profile & Biography” (英語). ビジネスウィーク. 2009年7月3日閲覧。
  5. ^ Google 会社情報: 経営陣” (日本語). Google. 2009年7月3日閲覧。
  6. ^ Alphabet Inc. Directors and Executive Officers
  7. ^ Clendenin, Mike (2007年3月26日). “Intel confirms $2.5 billion fab in China” (英語). EETimes.com. 2009年7月3日閲覧。