WebP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WebP
Webp logo Webp
拡張子 .webp[1]
MIMEタイプ image/webp[1][2]
マジック
ナンバー
WEBP
開発者 Google
種別 画像ファイルフォーマット
libwebp
FFMpeg libwebp.png
開発元 Google
初版 2010年9月30日 (2010-09-30)
最新版 1.1.0 / 2020年1月6日(5か月前) (2020-01-06[3]
プログラミング言語 C言語
対応OS Unix系, macOS, iOS, Windows, Android
種別 画像圧縮コーデック
ライセンス BSDライセンス
公式サイト WebP Home
テンプレートを表示
WebP画像の例

WebPウェッピー[4][要出典])は、米Googleが開発しているオープンな静止画像フォーマット。ファイルの拡張子は「.webp」。

概要[編集]

2010年9月30日に仕様が公表され、各種ツールと共に提供が開始された。

ウェブサイトのトラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としており、インターネットのWebページで広く使われている非可逆圧縮のJPEGや可逆圧縮のGIFPNGの置き換えを意図する規格である。JPEGとは異なり、非可逆圧縮でもアルファチャンネルを扱える。

画像圧縮については動画規格WebMのベースであるVP8ビデオコーデックの技術を利用しており[5]コンテナ形式としてRIFFを採用している[6]。コンテナの部分を除くと、非可逆のWebPは1フレームのWebMである。

WebPの最大ピクセル数は16383x16383ピクセル。非可逆のサンプリングファクタはYCbCr 4:2:0のみ。

ICCプロファイルXMPメタデータアニメーションには対応したが、CMYKカラーモデルには今[いつ?]のところ対応していない。3D画像には将来対応する予定[7]

評価[編集]

Googleの示した事例では、ファイルサイズは非可逆圧縮モードで(同一画像、同等画質の)JPEGと比較して25-34%小さくなり、可逆圧縮モードでPNGと比較して28%小さくなるとしている。また22%のファイルサイズ増加でアルファチャネルを追加できるとしている。可逆圧縮は、エンコードはPNGよりも時間がかかるが、デコードはPNGよりも高速であると主張している[8]。一方、非可逆圧縮では、2013年10月に行われたMozillaの比較調査で、旧来のJPEGと大して変わらないという結果となった[9]

対応環境[編集]

OS[編集]

ウェブブラウザ[編集]

ビューアー[編集]

コンバーター[編集]

ライブラリおよびプラグイン等[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b MIME types (IANA media types) - HTTP” (英語). MDN. 2020年6月16日閲覧。
  2. ^ ただし2020年6月現在、IANAによって正式登録されてはいない。Media Types | IANA
  3. ^ Index of downloads.webmproject.org/releases/webp
  4. ^ 英語表記は「weppy」
  5. ^ Google、Web高速化を目指し新画像フォーマット「WebP」を発表”. ITmedia (2010年10月1日). 2012年3月3日閲覧。
  6. ^ RIFF Container
  7. ^ グーグル、「WebP」形式の画質改善--「JPEG」の代替を目指す”. CNET News (2011年5月26日). 2012年3月3日閲覧。
  8. ^ Lossless and Transparency Encoding in WebP”. Google. 2012年3月3日閲覧。
  9. ^ Mozilla unimpressed with Google's Web photo standard”. 2014年3月25日閲覧。
  10. ^ WebP 画像の作成 | Android デベロッパー | Android Developers

関連項目[編集]

  • WebPの元となったもの
    • WebM WebPの姉妹プロジェクトである動画フォーマット
    • VP8 WebMのビデオコーデック
    • RIFF WebPのコンテナ形式
  • WebPと同様にJPEGの置き換えを目指している競合規格

外部リンク[編集]