Google AdSense

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、Googleの提供している検索連動型広告およびコンテンツ連動型広告の広告配信サービスの総称。

「コンテンツ向けAdSense」は、所有するウェブサイト(ブログでも可)に広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みとなっている。Google AdSenseのシステムが自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告を配信するシステムである[1]。例えば、ゴルフ関連のサイトならば、自動的にゴルフの広告が表示されるよう設計されている(サイトの内容によっては、それと関連する適切な広告がなく、まったく分野の異なる広告が表示されることもある)。Googleでの検索履歴から広告が表示されることもある[2]。その他、ウェブページ内に検索の機能を提供し、検索キーワードに関連する広告を表示する検索向けAdSense、RSSフィードの記事内にAdSense広告を自動的に表示するフィード向けAdSense[3]などがある。

初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが(ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある)、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイトや、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる事が多い。

日本では2003年12月一般向けに募集を開始[4]したことでブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。

報酬[編集]

一時期は、小切手のみであったが、その後、銀行振り込みによる受領が可能となった[5]。報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によって円に換算されて支払われる。2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている[6]

2004年から2007年頃までは、毎年一定以上の売り上げを上げたサイト運営者にGoogleからクリスマスプレゼントが届けられた[7]

Internet Explorerでの閲覧不具合問題[編集]

2010/09/22、Google AdSenseが掲載されているサイトをInternet Explorerで閲覧すると"操作が中断されました"とのメッセージが表示され、閲覧できない問題が発生した。

この問題により"操作が中断されました"が、当日の12~18時あたりのGoogle急上昇ワードに5位にランクインした。

AdSenseで実行するJavaScriptに不具合があったと思われる。

本問題の影響を受けたニコニコ動画では、"サイトが表示できなくなる不具合"として、Google AdSenseに言及し、Googleが修正を行ったと報告している。 [8]

2010/09/24 13:53にGoogleから、不具合に関する問題を確認し対応中と報告された。 [9]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]