Android Wear

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Android Wear
Android Wear Logo New.png
Moto360Cropped.JPG
Android Wear を搭載したMoto 360の写真
開発元企業 / 開発者 Google
プログラミング言語 C (core), C++, Java[1]
OSの系統 Android
開発状況 開発中
ソースモデル Open source with proprietary components[2]
初リリース 2014年3月18日 (2014-03-18)
対象市場 スマートウォッチ、ウェアラブルデバイス
使用できる言語 多言語
対応プラットフォーム ARM, MIPS, x86
カーネル種別 モノリシックカーネル
ユーザランド Bionic (software)
既定のユーザインタフェース GUI (マルチタッチ)
ライセンス Developer Preview: proprietary[3]
Apache License 2.0
Linuxカーネル patches under GNU GPL v2[4]
ウェブサイト android.com/wear/
テンプレートを表示

Android Wear(アンドロイド ウェア)は、スマートウォッチ腕時計ウェアラブルデバイス)向けに設計されたGoogleAndroid OSベースのオペレーティングシステム。Android携帯端末やiPhoneBluetoothWi-FiLTEでペアリングすることで、端末で受け取った通知をAndroid Wear側で閲覧や操作をできる。またGoogle Playより、Android Wearに対応したアプリをインストールすることができる。

アプリケーションの開発環境は、従来のEclipseではなくAndroid Studioが推奨される。[5]

バージョン履歴[編集]

Android Wear 1.0[編集]

最初の正式バージョンは2014年5月25日Google I/Oでリリースされた。

Android Wear 1.1[編集]

Android5.1ベースとなる。 Wi-Fiとアプリメニュー,Ambient modeに対応。

Android Wear 1.3[編集]

2015年8月20日にローンチ。 ウォッチフェイスがタップイベントの取得に対応。

Android Wear 1.4[編集]

2016年2月4日にローンチ Android6.0.1ベースとなる。 ジェスチャー操作に対応、ウォッチからのボイスメッセージに対応、スピーカー対応、アプリがAmbient Modeに対応。

Android Wear 2.0[編集]

2016年5月18日Google I/O にて発表される。開発者プレビュー版として、 LG Watch Urbane 2nd EditionHuawei Watch版のプレビューOSイメージが公開された。 2017年3月8日にローンチ Android7.1.1ベースとなる。 文字入力の対応、Wearから直接インターネットへの接続が可能。刷新されたマテリアルデザインへの対応、iOS使用時のアプリ対応、GooglePlay Storeからのアプリダウンロード対応、スタック可能な通知、SIM対応、ウォッチフェイス上でのデータ表示対応などが含まれる。 このバージョンよりスタンドアローンアプリに対応しスマートフォンに依存しないアプリが作成可能となった。

Android Wear 搭載デバイス[編集]

パートナーのリスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Android Code Analysis”. 2012年6月6日閲覧。
  2. ^ Philosophy and Goals”. Android Open Source Project. Google. 2012年4月21日閲覧。
  3. ^ Developer Preview License Agreement | Android Developers”. Developer.android.com. 2014年3月20日閲覧。
  4. ^ Licenses”. Android Open Source Project.. Open Handset Alliance. 2012年9月9日閲覧。 “The preferred license for the Android Open Source Project is the Apache Software License, 2.0. ... Why Apache Software License? ... For userspace (that is, non-kernel) software, we do in fact prefer ASL2.0 (and similar licenses like BSD, MIT, etc.) over other licenses such as LGPL. Android is about freedom and choice. The purpose of Android is promote openness in the mobile world, but we don't believe it's possible to predict or dictate all the uses to which people will want to put our software. So, while we encourage everyone to make devices that are open and modifiable, we don't believe it is our place to force them to do so. Using LGPL libraries would often force them to do so.
  5. ^ ウェアラブル端末用Android Wearアプリ開発の基礎知識 (1/4)
  6. ^ http://www.asus.com/Phones/ASUS_ZenWatch_WI500Q/
  7. ^ LG introduces G Watch, first smartwatch running on Android Wear”. Androidos.in (2014年3月18日). 2014年6月26日閲覧。
  8. ^ http://www.lgnewsroom.com/newsroom/contents/64664
  9. ^ Tuesday, March 18, 2014 (2014年3月18日). “Moto 360: It’s Time. - The Official Motorola Blog”. Motorola-blog.blogspot.in. 2014年6月26日閲覧。
  10. ^ Jeffries, Adrianne. “This is the Gear Live, Samsung's $199 Android Wear smartwatch”. The Verge. 2014年6月26日閲覧。
  11. ^ http://www.sonymobile.com/global-en/products/smartwear/smartwatch-3-swr50/