Google Cardboard

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Google Cardboard
Google-Cardboard.jpg
開発元 Google
種別 バーチャルリアリティ
発売日 2014年
標準価格 無料
次世代ハード Google Daydream
ウェブサイト google.com/get/cardboard/

Google Cardboardとは折りたたみボール紙製の本体に手持ちのスマートフォンと組み合わせてことで完成するヘッドマウントディスプレイレンズが部品として付属し、目の周辺に装着することでバーチャルリアリティ体験ができる[1]Googleが低価格かつオープンソースのヘッドセットとして設計、ユーザー自身が工作する方式で無料提供された。スマートフォンにインストールしたステレオスコープ表示ソフトウェアがこの端末とレンズを通して単一の3次元映像を見ることができる。2014年のGoogle I/Oで発表された。以降、安価で手軽なVRシステムとしてサポートが続いている。

ステレオスコープ表示にはWebGLに対応したスマートフォンが必要でChromeとWebGLが搭載されたスマートフォンはGoogleによるウェブ上の実験で使用することができる[2]。AppleのiOS 8でもこの技術に対応しているため、Cardboard公式アプリも動作する[3]。Cardboardに対応したサードパーティ製アプリも簡単に作成できるため、Google Playストアで多数配信されている[4]

パリで開催されたGoogle Cultural Instituteで所属技術者のデヴィッド・コズとダミアン・ヘンリーは20%ルール(自分たちの好きなプロジェクトに業務時間のうち20%の時間を費やせるGoogleのルール)の時間を用いてCardboard製作に成功した[5]

2014年11月、ボルボとのコラボレーションモデルがリリースされた。Volvo RealityというAndroidアプリを使ってXC90を体験できる[6]。 2015年11月、YouTubeアプリが対応し、すべての動画がVRモードで視聴できるようになった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]