Oculus Rift

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
  1. 製品版
  2. Oculus Touch
画像提供をお願いします。2016年3月
Rift
Toekomstfestival 20151.jpg
Rift DK2を装着した女性
種別 ヘッドマウントディスプレイ
発売日 2016年3月
創業者 Palmer Luckey(創業者)[1]
製造者 Oculus VR, Inc.
価格 $599
解像度 2160×1200
(片目 1080×1200)[2]
水平 画角 開発キット: > 90°
対角 画角 開発キット: > 110°
ヘッドトラッキング 開発キット: 1000 Hz 3自由度(ジャイロ/加速度/地磁気),
開発キット2: カメラと赤外線LEDも追加[3]
重量 開発キット: 330 g,
開発キット2: 440 g[4]
プラットフォーム Windows, Linux, OS X
接続 HDMI, USB[2]
ウェブサイト

Rift(リフト)は、Oculus社が開発・発売しているバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ

製品名自体はRiftであるが、Oculus Rift(オキュラス・リフト)、あるいは単にOculus(オキュラス)として表記されることが多々ある。

概要[編集]

Riftは広視野角、頭の動きに表示が追従するヘッドトラッキングといった特徴を持つバーチャルリアリティ (VR) に特化したヘッドマウントディスプレイ (HMD) と、VR映像を計算・出力するPC(ソフトウェア)を組み合わせたシステムである(トラッキングには外部カメラも別途必要)。立体映像の仕組みとしては一般的な液晶パネルを左右に分割し、それぞれを左右の瞳で視聴する最もシンプルな「サイドバイサイド」方式を採用。最大の特徴としてHMD内の表示部に魚眼レンズを設置しPC側での逆補正を組み合わせることで、原始的ながらも安価なVR HMDの実現を目指している(後の製品版では後述するようにハイエンド化も図られている)。同様の仕組みを採用したVR用HMDには、ほかに「Google Cardboard」などがある。

2012年Electronic Entertainment Expo (E3) にて初めてプロトタイプが公開され、その後に行われたクラウドファンディングKickstarterによる開発費募集では、目標額25万ドルをはるかに上回る240万ドルの調達に成功するなど注目を集めた[5][6]2013年からは開発者向けキットも出荷され、フィードバックをもとにした度重なる仕様変更を経て[7]2016年3月に一般向けに発売された。

製造元のOculus VR, Inc.はパーマー・ラッキーとScaleformの共同設立者によって設立された企業で、後にid Softwareの共同設立者だったジョン・D・カーマックが最高技術責任者 (CTO) として参画している[8]。同社は2014年3月、SNS最大手のFacebookにより20億ドルで買収されている[9]

製品[編集]

Development Kit[編集]

Oculus 開発キットの初期バージョンは Kickstarter のキャンペーンにより開発費の資本を確保している。キャンペーンの目的は開発者が自ら開発しているゲームと Oculus Rift 初期バージョンの連携テストを開始できるように配布することである[10]

2012年8月、Oculus VR社は Rift を300ドル以上出資した人への報奨品として出荷予定日を2012年12月として提供することを発表した。100台と限定された未組み立てのRiftのプロトタイプキットがあり、こちらは275ドルでその一ヶ月前に出荷される予定だった。両方のバージョンで Doom 3 BFG エディションを含む予定だったが[訳語疑問点]、ゲームはRift対応の準備が間に合わず、その補填として Steam または Oculus ストアでの割引きチケットを同梱した[5]

Development Kit 2[編集]

Development Kit 2(DK2, 開発キット2)は、2014年3月19日に発表された開発キットの第2弾である。DK2では、既存の開発キットにおいて不満が集中していた解像度が1280×800から1920x1080に改善されており、パネル自体も一般的な液晶から応答の早い有機ELに変更されている。さらに外部カメラと赤外線LEDにより、ヘッドトラッキングのレイテンシ低減が図られている。この仕様は同年1月のCESで公開されたプロトタイプ「Crystal Cove」と同じものだが、奇しくも発表の前日にはSCEからほぼ同じ仕様のHMD「Project Morpheus」(後のPlayStation VR)が発表されている[4][3]

コンシューマ版[編集]

Rift初の一般向けとなる製品 (Consumer version, CV1)。2014年9月に公開された試作機Crescent Bayをさらに改良したバージョンとなっており[11]、解像度が2160x1200に向上している他、オーディオシステムの統合が図られている。また製品パッケージにはXbox One Controllerが同梱されている。

一次出荷は当初2014年末から2015年初頭とされていたが、最終的に2016年1月に予約開始、3月出荷開始となった。製品価格は当初HMDのみで200ドル(約2.4万円)未満と説明されていたが、後にHMD本体を500ドル(約6万円)、他に出力側PC本体に1,000ドル(約12万円)相当が必須と予告され[12]、最終的には599ドルでの発売となった。

本システムは既に所有するPCをベースにHMDを追加購入することで、トータルコストは抑えることが出来るとされているが、ハイエンド化が図られた結果PC側の要求能力は2015年末時点における一般的なゲーミングPCの7倍以上が必要とされ、ハードルは高い[13]

仕様一覧[編集]

 販売終了  販売中 

モデルごとの仕様一覧表
モデル Development Kit 1 (DK1) Development Kit 2 (DK2) 製品版
本体画像 Oculus Rift - Developer Version - Front.jpg Oculus Rift development kit 2.jpg
画面解像度 1280×800
(640×800 / eye)
1920×1080
(960×1080 / eye)
2160×1200
(1080×1200 / eye)
パネル方式 液晶 有機EL 有機EL
リフレッシュレート 60 Hz 75 Hz 90 Hz
ターゲット価格 $300 $350 $599
モデル Development Kit 1 (DK1) Development Kit 2 (DK2) 製品版 (CV1)

Oculus Touch[編集]

Oculus Touchは、Rift用の標準コントローラとして開発されている入力装置。左右にそれぞれ片手用のコントローラを持つデザインで、VR空間内での手の動きを表現することができる。トラッキングにはヘッドセットと同じく赤外線LEDが用いられる。開発の遅れから、コンシューマ版Riftの同梱物には含まれていない。[14]

関連するプロジェクト[編集]

パーマー・ラッキーは南カリフォルニア大学のクリエイティブテクノロジー研究所に雇用されていた時[15]に、モバイルフォンをディスプレーデバイスにしてHMDにする安価なキットであるFOV2GOプロジェクトに従事している[16][17][18]。FOV2GO プロジェクトの成果は現在ではテンプレートが公開されている。 南カリフォルニア大学のチームは完全没入型VRであるHolodeckプロジェクトに参加しており、 Razer Hydra モーションコントローラー、PS Moveでのポジショントラッキング、そしてRift HMDによってユーザが完全に仮想世界の中に入るようになっていた。

脚注[編集]

  1. ^ Oculus Rift virtual reality headset gets Kickstarter cash”. BBC (2012年8月1日). 2012年8月1日閲覧。
  2. ^ a b Spec showdown: Oculus Rift vs. HTC Vive”. DIGITAL TRENDS (2016年1月6日). 2016年2月22日閲覧。
  3. ^ a b Oculus Riftの新開発キット「DK2」発表 HMDの商品化に向け大きく前進”. ITmedia (2014年3月20日). 2014年3月20日閲覧。
  4. ^ a b 話題のVRヘッドセット「Oculus Rift」がわずか350ドル - DK2登場”. マイナビ (2014年3月20日). 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ a b Oculus Rift: Step Into the Game”. 2012年8月1日閲覧。
  6. ^ 家族も盛り上がった! VRヘッドセット“Oculus Rift”実機レビュー”. Game*Spark (2013年7月3日). 2014年1月3日閲覧。
  7. ^ ミクさんと一緒の部屋に住める! 2014年はOculus Rift×仮想現実がヤバい”. 週刊アスキーPLUS (2013年12月26日). 2014年3月26日閲覧。
  8. ^ Gilbert, Ben (2013年8月7日). “Oculus Rift hires Doom co-creator John Carmack as Chief Technology Officer”. engadget. http://www.engadget.com/2013/08/07/oculus-rift-john-carmack-cto/ 2013年8月7日閲覧。 
  9. ^ 米フェイスブック、仮想現実端末のオキュラス買収 2千億円”. CNN (2014年3月26日). 2014年3月26日閲覧。
  10. ^ Watch the QuakeCon Virtual Reality Keynotes Here ≪ Road to Virtual RealityRoad to Virtual Reality”. Roadtovr.com (2012年8月5日). 2013年9月9日閲覧。
  11. ^ Oculus VR開発インタビュー。CV1やOculus Touchに開発の話までいろいろ聞いてきた”. 4Gamer.net (2015年9月26日). 2016年2月22日閲覧。
  12. ^ A complete Oculus Rift setup won't cost more than $1,500” (2015年4月27日). 2015年9月27日閲覧。
  13. ^ VRグラフィックスを処理するには一般的なゲーム用PCの7倍以上が必要” (2015年12月30日). 2015年12月30日閲覧。
  14. ^ Oculus Touchハンズオン。あまりに良すぎてVRヘッドセットを買い控えそう”. ギズモード (2015年6月27日). 2016年2月22日閲覧。
  15. ^ http://www.nytimes.com/2014/03/27/technology/creator-of-a-virtual-reality-sensation.html
  16. ^ Nelson, David (2012年6月12日). “MxR Lab Members and Alum Get Play at E3”. University of Southern California. 2014年4月27日閲覧。
  17. ^ MxR”. University of Southern California. 2014年4月27日閲覧。
  18. ^ People”. University of Southern California. 2012年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]