メタバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メタバース (Metaverse) は、インターネット上に存在する仮想世界のこと。SF作家ニール・スティーヴンスンが自著『スノウ・クラッシュ』の中で使用したメタ (meta) とユニバース (universe) の合成語

似た概念としてアバターチャットバーチャルリアリティサイバースペースがある。

メタバースに近い実在のサービス[編集]

利用者はアバターと呼ばれる自分の分身を介して仮想空間に入り、その世界の探索・他の利用者とのコミュニケーションを図る事などができる。仮想世界内の仮想通貨を用いた買い物や、サービス内で商品を制作して販売する経済活動が出来たり、ユーザー自らが作ったゲームなどの、さまざまなコンテンツを楽しむことができるサービスも存在する。

メタバースに近いサービスとしては以下のものがある。MMORPGと違い、背景の物語、決められた目的、倒すべき敵等は存在せず、利用者同士の交流や商業活動、学術的な研究を主目的に活用されているものが多い。

日本国外[編集]

日本国内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「はてなワールド」限定公開、仮想3D空間でキャラが会話”. @IT. (2007年12月13日). http://www.atmarkit.co.jp/news/200712/13/hatena.html 2015年1月9日閲覧。 
  2. ^ はてな (2010年5月18日). “はてなワールド終了のお知らせ”. 2015年1月9日閲覧。
  3. ^ “セガ,3Dインターネットサービス「インターネットアドベンチャー〔iA〕」のサービス休止を発表”. 4Gamer.net. (2009年5月29日). http://www.4gamer.net/games/047/G004756/20090529068/ 2015年1月9日閲覧。