ゲームウォーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゲームウォーズ
ジャンル SF
小説:ゲームウォーズ
著者 アーネスト・クライン
イラスト toi8
出版社 SB文庫
発売日 2014年5月17日
巻数 2巻
テンプレート - ノート

ゲームウォーズ』(原題:READY PLAYER ONE / レディ プレイヤー ワン)は、アーネスト・クライン著のSF小説。

概要[編集]

2011年にランダムハウスから刊行され、日本では池田真紀子の訳により2014年SB文庫から刊行された。

近未来のVR型オンラインゲームの世界をベースに、1980年代のハリウッドのSF映画や日本の漫画・アニメ・特撮などのポップカルチャーを題材にした壮大なクロスオーバー作品の小説である。

邦題はゲームウォーズとなっているが、原題の(Ready Player One/レディ・プレイヤー1)とはゲームにログインした際にモニターに映る『準備開始、プレイヤーの一人』という意味となる。

2018年にスティーヴン・スピルバーグによって映画化され、その際、題名は原題の『レディ・プレイヤー1』に戻された[1]

ストーリー[編集]

2041年、世界は深刻な社会不安に陥っていた。そんな現実から逃げるように、多くの人がジェームズ・ハリデーが開発した仮想現実世界<オアシス>に浸っていた。ある日ハリデーが死亡し、遺されたビデオメッセージを通して、<オアシス>内に隠されているイースターエッグを最初に見つけた者に、すべての遺産を譲るとの遺言が公表された。その日から世界中でエッグの争奪戦が始まった。

登場人物[編集]

ウェイド・オーウェン・ワッツ(パーシバル(Parzival))
本作の主人公。両親を幼いころに亡くし、叔母と共にコロンバスの積み上げトレーラー(集合住宅〈スタッグ〉)の7階に住んでいる白人のティーンエイジャー。肥満気味で眼鏡を着用している。ジャンクヤードで拾ったノートパソコンで、ハリデーが入れ込んでいた80年代のカルチャーを学習していった(映画ではオアシス内にある「ハリデー年鑑」で調べている)。
ハリデーの死後に始まったアノラックゲームの開始後、イースターエッグを探すガンター(エッグハンター)となり、第一の試練をクリアし1つ目の鍵を手に入れ、オアシス内で有名になる。オアシス創設者のハリデーに共感し、イースターエッグを根気強く探し手がかりを見つける。
本名のウェイド・ワッツは、父親がスーパーヒーローの本名みたいだという理由で名付けた(ピーター・パーカーブルース・バナー等を参考にした)。
ヘレン・ハリス(エイチ(Aech))
ウェイドのオアシス内での親友。アバター上では白人の青年。映画では身体が大きい強面のアバター。ウェイドと共にガンターとなる。ウェイドに度々ちょっかいをかけるが、彼が唯一心を許している人物。現実ではウェイドと同世代の黒人の女性ティーンエイジャーで、キャンピングカー(映画では古い郵便トラック)で移動しながら生活し、いくつもの偽名を使いながら個人情報を隠していた。
アバター名のエイチは、彼女の父親が付けたあだ名。
サマンサ・イヴリン・クック(アルテミス(Art3mis))
イースターエッグを探すウェイドと同年代の女性ガンター。ウェイドが次第に恋焦がれてゆく相手。オアシス内での身体能力は高く戦闘能力が高い。現実にはカナダ在住の女子でゲームと同じ見た目ではあるものの顔の左半分に赤紫色の痣がある。
映画では父親をIOIの「強制徴収センター」へと連れていかれ、そのまま戻らず死別してしまった過去があったため、同じ境遇を持つ人達とレジスタンスを結成し、オアシスと現実世界でIOI打倒を画策している。オアシス内では、シクサーズを蹴落としていることから「シクサーズ殺しのアルテミス」として有名となっている。
ヨシアキ・トシロウ(ダイトウ(Daito))
日本人のガンター。オアシス内での弟分ショウトウと組んで行動しており、それ以外の相手は仲間としてなかなか受け入れなかった。アバター上では忍者の姿(映画では赤い鎧兜を着ている姿のアバター)。実際は東京在住で、ジェイドキ―獲得のためのクエストの最中シクサーズとの戦闘になり、現実の世界で居場所を特定されてホテルの窓から突き落とされて死亡する。
映画では、親友のエイチからの助言で4番目に第一の試練をクリアした。パーシヴァル達と第二の試練を突破した後、ヘレンとゾウと共にサマンサの伝言を頼りに彼女の隠れ家へと向かい、現実世界でIOIに襲撃されていたウェイドを救出した。その後、拐われたサマンサを救出するべくウェイド達と共に立ち上がる。
アキヒデ・カラツ(ショウトウ(Shoto))
日本人のガンター。オアシス内ではダイトウの弟。ウェイドに対しては礼儀正しく、アイテムを分け与えるなど少し心を開いている。実際は大阪在住で引きこもりであったが、ヨシアキとはグループセラピーで知り合いとなり兄弟として行動するようになった。
映画では、中国人で本名はゾウ。実年齢は11歳。トシロウ(ダイトウ)とは親友同士。アバターはマスクを付けた忍者の姿をしている。
ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー(アノラック)
オアシスの創設者。1972年生 - 2041年没。茶ぶちの眼鏡を着用していた。無神論者で80年代のカルチャーの中を生まれ育ち、ゲーム会社のプログラマーから世界的大企業を立ち上げ、オアシスというVRソーシャルゲームを開発した。内向的な性格で、人付き合いが苦手で仕事や趣味に没頭する一方で恋愛や人付き合いも不器用であった。
彼の死後、イースターエッグを見つけたものに遺産を譲るという遺言動画が世界中に配信され、壮絶な争奪戦が始まる。彼の人生を辿ったアノラック年鑑が出版され、ウェイドはそれを元に彼の人生から手がかりを得ていく。
オグデン・モロー
ハリデーの親友でありビジネスパートナー。銀縁の眼鏡を着用。ハリデーに自分の死後のエッグ探しを見守るように任せられている。ハリデーとは対照的に社交的で、ハリデーの技術をマーケティングで巨大産業へと変えていった。
映画では、コンテスト開始後にオアシス内に出現した「ハリデー年鑑」の案内人として、コンテストの行末を見守っている。
ノーラン・ソレント
世界有数の大企業IOIの責任者の一人(映画では社長)。IOIのガンターチーム:シクサーズを率いてイースターエッグを手にしてオアシスを買収することを画策する一人。目的のためなら現実の世界でも殺人を指示する異常さがあり、ウェイドらガンター達を殺そうと企む。
映画では、若い頃にインターンとしてハリデーの元で働いていたことがあり、その経験を活かしてIOIを説得してシクサーズを結成させ、アノラックゲーム内で陣頭指揮をとっている。
だが、モローは「ソレントがハリデーに詳しいのは大嘘で、せいぜい知っているのはコーヒーの好みぐらいだ」と語っていた。
ミセス・ギデンズ
コロンバスの住人でウェイドが心を許している老女。信心深くオアシス内の教会で懺悔をしながら祈ることが日課。
ウェイドの叔母(アリス)
ウェイドの育ての親。映画での名前はアリス。親権を得れば配給の食事がひとつ増えることを理由にウェイドを引き取っている。やせ細っており、家に金目のものがあればすぐに売り払って食い扶持の足しにする。
アイロック
ウェイドとゲームで競い合うガンター。
映画ではソレントに雇われたオアシス内のガンター専門の殺し屋で、マジックアイテムの調達や情報収集も任されている。ソレントの依頼で、パーシヴァルをスコアボードから消すべく暗躍するが、シクサーズの介入で失敗続きになっている。
オアシスに長時間ログインしっぱなしで、首筋を痛めている。
フナーレ・ザンドー
IOIの「債務取締局」の職員で、ソレント直属の部下。映画オリジナルのキャラクター。
オアシスと現実世界での情報収集や、IOIから借金をしている者達やガンター達を「強制徴収センター」へと強制連行する任務を担当している。
ウォーレン・ロビネット
アタリ2600のゲーム『ADVENTURE』を開発した実在の人物。ゲーム内で決められたアクションをすると入れる隠し部屋にメッセージを残したとされる人物。ハリデーはそれをヒントにイースターエッグを隠した。
カレン・アンダーウッド・モロー(キーラ)
オグデン・モローの妻で、ハリデーが人生の中で唯一好きになった相手。

用語解説[編集]

コロンバス
ウェイドが育ったオハイオ州の地域で、都市の郊外はトレーラーハウスを縦に積み重ねた集合住宅の密集地帯「スタックパーク」となっている。トレーラーの中には稼動する車もまぎれており、貧困地帯で治安が非常に悪い。
オアシス(OASIS)
ハリデーが開発した世界最大規模のSNS型オンラインゲーム。VRHMDを装着してゲームに参加でき、自分のアバターは好きな姿に変えることが可能。2045年の時点ではもはやゲームの域を超えて第二の社会と化しており、学校や公共施設、ショッピングモールと現実となんら変わりのない世界を構築している。宇宙からファンタジーまでさまざまな世界があり、移動が可能。ただし移動は有料でありウェイドは当初は移動ができなかった。
イースターエッグ
ハリデーがオアシス内に隠した宝の卵。見つけたものにはハリデーの全財産が相続される。卵を見つけるためには3つのクエストにクリアして隠し場所のヒントと共に鍵を手に入れる必要がある。鍵ははそれぞれ「コッパーキー」「ジェイドキー」「クリスタルキー」と3つあり、その3つの鍵を手に入れるためのクエストもクリアさせる方法も一切謎となったいる。エイチはハリデーの「アノラック年鑑」を元に彼の人生にヒントがあるのではないかと調べ上げていく。
IOI
オアシスを買収して独占化を企むネットワークビジネスにおける世界的企業(正式名称:Innovative Online Industries)。オアシスとの提携で仮想通貨の流通を担っており、IOIから負債を抱えた者は会社内で強制労働が課せられる。映画では社長のノーラン・ソレントの指揮下によって、会社から借金や負債を抱えた者を「強制徴収センター」へ連行したり、障害となるガンター達をオアシスからリセットしたり現実世界で抹殺したりなど、コンテストに勝つ為には手段を選ばない冷徹なやり方をしている。
シクサーズ
IOIが組織したガンター(エッグハンター)チーム。名前の由来はメンバーが6から始まる数字で呼称されてることから。全員が同じ格好をしており。暗号解読班、攻撃実行班と組織が編成されている。

作中登場するキャラクター・物体[編集]

映画[編集]

アイアン・ジャイアント
『アイアン・ジャイアント』に登場するロボット。ウェイドがアイテムとしてチョイスする中で一瞬登場する。
Xウィング
スターウォーズ』に登場する宇宙船。ウェイドが宇宙での戦闘に使用した。
ガンダルフ
指輪物語』の魔法使い。オグデンのアバター。
裂け谷
指輪物語』に登場した土地。オグデンがそっくりに作らせた現実の施設。
タイレル社
ブレードランナー』に登場する巨大企業。
本社ビルにはレプリカントのNPC警備員が多数常駐しており、創業者エルドン・タイレルのオフィスも再現されている。
デロリアン
ウェイドがスペースゲームで獲得したアイテム。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンそのもので、パート2のように飛行が可能。ナンバープレートはウェイド独自のものに改良されている。作中でもジェームズ・ハリデーがオアシスによって億万長者となった時に最初に購入したスポーツカーがデロリアンであったとされる。
現実においても原作者クラインが映画化権の売却によって得た収入でデロリアンDMC-12を購入している[2]
レディホーク
ウェイドのお気に入りの映画でエイチにからかわれて喧嘩となる。
レジェンド/光と闇の伝説
同じく作品が引き合いに出されて喧嘩となる。

テレビ番組[編集]

K.I.T.T(キット)
ナイトライダー』のナイト2000に搭載されている人工知能。ウェイドのカスタムによってデロリアンに搭載されている。
スクールハウス・ロック英語版
ABCの子供番組。ハリデーの遺言の内容に重要な手がかりが引用されている。
セレニティ号
ウェイドが操縦する『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』に登場した宇宙船。改良が加えられ『ヴォネガット号』と命名されている。
マックス
マックス・ヘッドルーム』に登場したCGもどきのキャラクター。ウェイドの執務を行う。
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル
武器アイテムや衣装が本作とそっくりな格好で登場する。

特撮[編集]

ウルトラマン
ウルトラマン』のヒーロー。惑星トクサツに隠されたクエストのクリア報酬としてベーターカプセルをダイトウが獲得するが、後にショウトウの手で、ウェイドに託される。原作通り変身できる時間は3分間のみ。
機龍
ゴジラ×メカゴジラ』のサイボーグ怪獣。ソレントが操縦する。
レオパルドン
東映版『スパイダーマン』に登場する巨大ロボ。原作通りマーベラー形態に変形することも可能。ウェイドのかねてよりお気に入りだったロボットで、タイレル社のクエストのクリア報酬として100体以上の巨大ロボが選べる中で「たとえ弱くても構わない」と躊躇することなく手に入れる。

アニメ[編集]

ビバップ号
ダイトウ、ショウトウが操縦する『カウボーイビバップ』の惑星間漁船。改良が加えられ『クロサワ号』と命名されている。
ミネルバX
マジンガーZ』に登場する女形ロボ。アルテミスが獲得して操縦する。
ライディーン
勇者ライディーン』に登場するロボ。ショウトウが獲得して操縦する。
RX-78
機動戦士ガンダム』のモビルスーツ。エイチが獲得して操縦する。
ボルトロン(ゴライオン)
百獣王ゴライオン』に登場するロボ。シクサーズのメンバーが操縦する。
ロボテックVF-1 バルキリー
超時空要塞マクロス』に登場する可変戦闘機。シクサーズのメンバーが操縦する。
初号機(EVA-01 TEST TYPE)
新世紀エヴァンゲリオン』に登場する汎用人形兵器。シクサーズの一人が操縦する。

出典[編集]

外部リンク[編集]