ギャラガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャラガ
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 アーケード
開発元 ナムコ開発部
発売元 日本 ナムコ
アメリカ合衆国 ミッドウェイ
デザイナー 横山茂
プログラマー 小川徹
音楽 大野木宣幸
シリーズ UGSFシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(39.03キロバイト
稼働時期 日本 1981091981年9月
アメリカ合衆国 1981121981年12月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI3
デバイス 2方向レバー
1ボタン
システム基板 Namco Galaga
CPU Z80 (@ 3.072 MHz)×3
MB8844 (@ 256 kHz)
サウンド Namco (@ 96 kHz)
ディスクリート
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
288×224ピクセル
60.61Hz
パレット576色
テンプレートを表示

ギャラガ』 (GALAGA) は、ナムコ(現・バンダイナムコアミューズメント)が1981年9月に発売したアーケードゲーム

概要[編集]

宇宙での戦いをイメージした固定画面型のシューティングゲームである。同社のゲーム『ギャラクシアン』(1979年)の後継として登場。ゲームデザイナーは横山茂。現在はUGSFシリーズの一作として扱われる。同社として初のスコアランキング(1位~5位、初期ハイスコア=20000)とネームエントリー(アルファベット3文字)を採用。

タイトルの「ギャラガ」とは、「ギャラクシー」+「」の造語である[1]。その名の通り、前作『ギャラクシアン』に比べ、敵キャラクターのデザインがを連想させるものとなっている。

ファミリーコンピュータ等の家庭用ゲーム機や、電波新聞社により多くのパソコンにも移植された他、続編の『ギャラガ'88』(1987年)が発売されている。また、2007年3月にはTシャツブランドMARS16からオフィシャルのTシャツもリリースされた。

1981年登場以来、その人気は5年間も継続しており「『ギャラガ』ほど長く人々に愛されたシューティングゲームはないのではないか」との声もある[2]。その人気どおり、前述のファミリーコンピュータ移植版も定番ゲームとして広く一般層に受け入れられた[2]

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

自機(ファイター)を操り、各ステージに現れる40機の敵機(ギャラガ)を倒して行く。ステージ数の表示がされてから暫く経つと、画面外(上・左下・右下)から敵の編隊が画面内に飛来する[3]。この時点では敵は積極的な攻撃はして来ないが、ステージ数が進むと数発の攻撃弾を自機にめがけて放って来たり、数機の編隊の余剰敵が自機にめがけて体当たりをして来たりすることがある。

全ての編隊が画面内に入ってから少しすると、自機にやや近い側の敵から順に降下攻撃を仕掛けてくる[3]。単機で攻撃を仕掛けて来る敵も有れば、ボス・ギャラガと共に編隊を組んで向かって来る敵、分裂を起こして3機編隊で向かって来る敵も有り、編隊で向かって来る敵は上手く撃破すると多めのボーナスが貰えるようになっている。このボーナスのシステムは前作『ギャラクシアン』を受け継いでいる。

ボス・ギャラガと共に編隊を組んで向かって来る場合
護衛している敵機の数が多い時(最大2機)にボス・ギャラガを倒す。最後に倒す必要はない。
分裂を起こして3機編隊で向かって来る場合
3機とも取り逃がさず倒す。因みにこの3機編隊は最後の1機のみ、取り逃しても上段から復帰するので、それから倒しても有効。ただし、編隊キャラに変身している敵が画面上に居る時に自機がやられると、変身前の状態に戻ってしまいボーナス獲得は不可能になる。

また、敵機を倒した時の得点は待機時より降下攻撃中の方が点数が高くなっている。

自機パワーアップ[編集]

以下の方法により自機がパワーアップし、デュアル・ファイターとなることができる。デュアル・ファイターとは自機を2機並列に合体させた状態のもので、1回の攻撃で弾を2発同時に発射できるようになる[3]。結果として攻撃範囲が広くなるが、当たり判定も大きくなる。

  1. 単機で向かってきたボス・ギャラガが自機の少し上でトラクタービームを放ってきた時、自機がそれに接触すると、回転しながら吸い上げられ、一旦敵の捕虜となる。捕虜となった自機は赤色に変わる。
  2. この後、捕虜となった自機を引き連れて再び攻撃して来たボス・ギャラガを倒すと、捕虜となった自機を取り返すことができ、デュアル・ファイターとなる[3]

ただし、あくまで「攻撃中」にボス・ギャラガを倒さなければならず、待機中に倒してしまうと、捕虜となった自機は敵として、ギャラガと同じ動きで攻撃してくる。しかし、それを打ち落とさずに画面外に逃がすと、そのステージでは出て来なくなり、次のステージの最後に現れ、左から2番目のボス・ギャラガの真上に整列する。その後、改めてボス・ギャラガが連れて来るので、改めて奪還可能となる。

捕虜となった自機を撃ち落としてしまうと「救出失敗」であり、1000点は獲得できるものの、結果的に自機を1機失うことになる[3]

自機のストックがない状態でボス・ギャラガのトラクタービームに引っかかって捕虜にされてしまうと、ゲームオーバーになる[3]。デュアル・ファイターの時はボス・ギャラガはトラクタービームを放って来ない。

チャレンジングステージ[編集]

最初は2ステージをクリアした後、以降は3ステージをクリアする毎に「チャレンジングステージ」となる。いわゆる「ボーナスステージ」であり、様々な編隊飛行をする敵機を撃ち落として得点を稼ぐと言うもの。このステージでは敵は全く攻撃して来ず、自機と当たる位置まで降下することもないので、チャレンジングステージで死ぬ事はない。飛行の仕方は、ほぼ単純な直線を描くもの、大きな円を描くもの、階段状に動くもの、8の字に動くもの、二手に分かれるもの等がある。編隊飛行は各編隊8機ずつ5組あるが、2組目にはボス・ギャラガが含まれており、勿論2発撃ち込む必要がある。

チャレンジングステージのボーナスはパーフェクトを除き撃墜数×100点で、上手く全てを撃ち落としてパーフェクトを出すと、スペシャルボーナス10000点が得られる。他にも各編隊を全滅させた際にはボーナス点が入る。

チャレンジングステージは全部で8種類。各チャレンジングステージに登場するキャラクターやその動き方は決まっているので、予めどんなキャラクターがどんな動きをするかを覚えておくのがポイント。自機がデュアル・ファイターであれば、パーフェクトを目指すには有利。

その他[編集]

  • ゲームオーバーになると、発射ミサイル数、命中ミサイル数、命中率が表示される。ただし、これがスコア・ランキングに影響が出ることはない。
  • ステージ開始直後に出てくる敵キャラを一発で2匹倒すことができる。その後敵のミサイルのみに当たってゲームオーバーになると、命中率が200%になる。
  • Dランク設定の場合、ステージ1で左端の2機の敵のどちらかを残してそのまま長時間(早い時は5分、遅い時は1時間半、平均で20分程度)待機していると、敵機が全く弾を撃って来なくなり、この状態になってその1機を倒すと、以降のステージでも敵機は全く弾を撃って来なくなるので、これが成功した場合は攻略はかなり楽になるであろう。ただし、このバグを利用して無限にプレイするプレイヤーが登場したことから、北米版(en:Midway Games版)ではこの裏技を使用しようとすると自機が突然爆発するという制限が実装されている。また、希少ではあるがバグ修正版も存在する。その基板では残機表示が最大7機まで表示。
  • 自機がボス・ギャラガのトラクタービームに引っかかっても、完全に捕虜となる前(自機が赤い色になる前)は弾を発射することができる。これを使ってトラクタービームを発射しているボス・ギャラガを倒し、そこから逃れるというテクニックも有る。ファミコン版では、回転中の発射タイミングによって、斜めに弾が飛ぶことがある。
  • 以降のナムコのゲームで隠しキャラである「スペシャルフラッグ」が登場している事から、一部では「『ギャラガ』にもスペシャルフラッグがあるのでは?」と噂されることも有ったようだが、本ゲームにはスペシャルフラッグは登場しない(次作品の『ギャプラス』で登場する)。
  • ギャラガのスコアは、最高999,990点までしか表示することができず、100万点を超えるとスコアがゼロに戻る(ただし画面上部の「HIGH SCORE」欄には100万点を超える直前のスコアが残る)。また、100万点を超えると、エブリエクステンド設定であっても自機が増えなくなる。
  • ステージのカウントは最大255面であり、255面(チャレンジングステージ)をクリアすると(ディップスイッチ設定によって)1面に戻るものもあるが、ほとんどのバージョンはステージ0になる。ステージ0が開始後、大抵はギャラガが1匹だけ表示されてから強制リセットが掛かる。
  • デモプレイ中、自機をある程度操作することができる。これにより敵を全滅させてしまうことも可能で、本プレイ中には起きないバグ画面になることも有る。

敵キャラクター[編集]

ザコ
ハチの形をしている[3]。派手には動かないものの、画面下で1回転する性質がある。戦闘のステージを中心に登場する基本キャラの一種。ステージ3のチャレンジングステージ(一編隊全滅1000点)に登場。
ゴエイ
チョウ若しくはの形をしている[3]。左右に細かく動き、自機を狙って来る。ボス・ギャラガと共に編隊を組んで攻撃して来ることも有る。これも基本キャラの一種。なお、ザコ、ボス・ギャラガ、サソリ、ギャルボス以外は撃墜効果音はすべてゴエイと同じものである。ステージ7のチャレンジングステージ(一編隊全滅1000点)に登場。
ボス・ギャラガ
甲虫のような形態の、基本キャラの一種。耐久力があり、2発撃ち込まなければ倒すことができない唯一のキャラ[3]。自機がデュアル・ファイターでない時、トラクタービームを放って自機を捕らえようとすることがある[3]。チャレンジングステージでは全てのステージに登場。降下攻撃中のボスを破壊すると、敵が数秒間弾を撃って来なくなる。
トンボ
ステージ11のチャレンジングステージ(一編隊全滅1500点)の敵。
サソリ(オガワムシ)
ステージ4〜6でザコかゴエイが変身して三機編隊となって降下してくるキャラ。三機倒すと1000点のボーナス。撃墜時の効果音はボス・ギャラガと同じ。ステージ15のチャレンジングステージ(一編隊全滅1500点)のキャラでもある。
モミジ
ステージ19のチャレンジングステージ(一編隊全滅2000点)の敵。生き物なのかなんなのか不明なキャラ。
ミドリ
ステージ8〜10でザコかゴエイが変身して三機編隊となって降下してくるキャラ。三機倒すと2000点のボーナス。ステージ23のチャレンジングステージ(一編隊全滅2000点)のキャラでもある。エイのような姿をしており、同じナムコ作品である『バラデューク』に登場するスクイドとケルカリアを足して2で割ったようなイメージである。
ギャルボス
ステージ12〜14でザコかゴエイが変身して三機編隊となって降下してくるキャラ。分身が高速で体当たりしてくる強敵。三機倒すと3000点のボーナス。撃墜したときの効果音はボス・ギャラガへのショット1発目ヒットと同じ。ステージ27のチャレンジングステージ(一編隊全滅3000点)のキャラでもある。前作『ギャラクシアン』から登場のゲストキャラ。なお、ステージ16からはサソリに戻ってまた繰り返し順に登場。
エンタープライズ
ステージ31のチャレンジングステージ(一編隊全滅3000点)の敵。『スタートレック』のエンタープライズ号がモデル。以後のチャレンジングステージはザコに戻ってまた同じ順序で登場するが、一編隊全滅のボーナス点が全て3000点になる。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1ギャラックス
日本 1982年
M5ソードソードロムカセット--
2セガ・ギャラガ
日本 1983年
SG-1000セガセガロムカセットG-1022-
3ギャラガ
日本 1983年
PV-2000カシオカシオロムカセット--
4ギャラガ
日本 198405301984年5月30日
MSXナムコナムコ128キロビットロムカセット--
5日本 ギャラガ
アメリカ合衆国 Galaga - Demons of Death
ヨーロッパ Galaga

日本 198502151985年2月15日
アメリカ合衆国 1988091988年9月
ヨーロッパ 1988年
ファミリーコンピュータナムコナムコ192キロビットロムカセット[4]日本 NGG-4500
アメリカ合衆国 NES-AG-USA
ヨーロッパ NES-AG-EEC
-
6ギャラガ
日本 1985041985年4月
PC-9801電波新聞社電波新聞社フロッピーディスク--
7ギャラガ
日本 1985071985年7月
FM-7
MZ-1500
電波新聞社電波新聞社カセットテープ
フロッピーディスク
クイックディスク
--
8ギャラガ
日本 1985101985年10月
X1電波新聞社電波新聞社カセットテープ
フロッピーディスク
--
9Galaga
アメリカ合衆国 1987年
Atari 7800アタリアタリロムカセットCX7805-
10ギャラガ
日本 199006221990年6月22日
ディスクシステムナムコナムコディスクカード片面NDS-GAG-
11日本 ギャラガ&ギャラクシアン
アメリカ合衆国 Arcade Classic No. 3 - Galaga & Galaxian
ヨーロッパ Arcade Classic No. 3 - Galaga & Galaxian

日本 199507141995年7月14日
アメリカ合衆国 1995091995年9月
ヨーロッパ 1995年
ゲームボーイナムコナムコロムカセット日本 DMG-AGCJ
アメリカ合衆国 DMG-AGCE-USA
ヨーロッパ DMG-AGCP-NOE
-
12ナムコミュージアム VOL.1
日本 199511221995年11月22日
アメリカ合衆国 199607311996年7月31日
ヨーロッパ 199608171996年8月17日
PlayStationナウプロダクションナムコCD-ROM日本 SLPS-00107
アメリカ合衆国 SLUS-00215
ヨーロッパ SCES-00243
-
アーケード版の移植
13ナムコヒストリー VOL.4
日本 199812041998年12月4日
WindowsナムコナムコCD-ROM--
アーケード版の移植
14Namco Museum 64
アメリカ合衆国 199910311999年10月31日
NINTENDO64Mass MediaナムコロムカセットNUS-NNME-USA-
アーケード版の移植
15Namco Museum
アメリカ合衆国 200006252000年6月25日
ドリームキャストMass MediaナムコGD-ROMT-1403N-
アーケード版の移植
16ギャラガ
アプリキャロット
日本 200106112001年6月11日
iアプリナムコナムコダウンロード--
17ナムコミュージアム
アメリカ合衆国 200106102001年6月10日
日本 200112072001年12月7日
ヨーロッパ 200112072001年12月7日
ゲームボーイアドバンスMass Mediaナムコロムカセットアメリカ合衆国 AGB-ANME-USA
日本 AGB-ANMJ-JPN
ヨーロッパ AGB-ANMP-EUR
-
アーケード版の移植
18Namco Museum
アメリカ合衆国 200210092002年10月9日
Xbox
ゲームキューブ
Mass MediaナムコCD-ROM
8センチ光ディスク
DOL-GNME-USA-
アーケード版の移植
19日本 ナムコミュージアム
アメリカ合衆国 Namco Museum Battle Collection
ヨーロッパ Namco Museum Battle Collection

日本 200502242005年2月24日
アメリカ合衆国 200508232005年8月23日
ヨーロッパ 200512092005年12月9日
PlayStation Portableナムコ・テイルズスタジオアメリカ合衆国 ナムコ
日本 ナムコ
ヨーロッパ SCE
UMD日本 ULJS-00012
アメリカ合衆国 ULUS-10035
ヨーロッパ UCES-00116
-
アーケード版の移植
20アメリカ合衆国 Namco Museum: 50th Anniversary
日本 ナムコミュージアム アーケードHITS!
ヨーロッパ Namco Museum: 50th Anniversary

アメリカ合衆国 200508302005年8月30日
日本 200601262006年1月26日
ヨーロッパ 200603312006年3月31日
PlayStation 2
ゲームボーイアドバンス
Digital Eclipseアメリカ合衆国 ナムコ
日本 ナムコ
ヨーロッパ EA
DVD-ROM
ロムカセット
PS2;アメリカ合衆国 SLUS-21164
日本 SLPS-25590
ヨーロッパ SLES-53957
GBA:アメリカ合衆国 AGB-B5NE-USA
ヨーロッパ AGB-B5NP-EUR
-
アーケード版の移植、日本ではPS2版のみ発売
21Namco Museum: 50th Anniversary
アメリカ合衆国 200508302005年8月30日
ヨーロッパ 200603242006年3月24日
XboxDigital Eclipseアメリカ合衆国 ナムコ
ヨーロッパ EA
DVD-ROMアメリカ合衆国 NMO-2201A-NM
-
アーケード版の移植
22Namco Museum: 50th Anniversary
アメリカ合衆国 200508302005年8月30日
ヨーロッパ 200605052006年5月5日
ゲームキューブDigital Eclipseアメリカ合衆国 ナムコ
ヨーロッパ EA
8センチ光ディスクアメリカ合衆国 DOL-G5NE-USA
ヨーロッパ DOL-G5NP-EUR
-
アーケード版の移植
23Namco Museum: 50th Anniversary
アメリカ合衆国 200510252005年10月25日
オーストラリア 200603272006年3月27日
ヨーロッパ 200605192006年5月19日
WindowsDigital Eclipseアメリカ合衆国 ナムコ
ヨーロッパ EA
CD-ROM--
アーケード版の移植
24ギャラガ
ナムコEZゲームス
日本 200603072006年3月7日
BREW対応端末
EZアプリ
ナムコナムコダウンロード--
25ギャラガ
バーチャルコンソール
日本 200702092007年2月9日
ヨーロッパ 200703092007年3月9日
アメリカ合衆国 200704092007年4月9日
Wiiナムコバンナムダウンロード日本 FBRJ
ヨーロッパ FBRP
アメリカ合衆国 FBRE
-
ファミリーコンピュータ版の移植
26ナムコミュージアムDS
アメリカ合衆国 200709182007年9月18日
日本 200710112007年10月11日
ヨーロッパ 200802222008年2月22日
ニンテンドーDSM2バンナムDSカードアメリカ合衆国 NTR-YNME-USA
日本 NTR-YNMJ-JPN
ヨーロッパ NTR-YNMP-EUR
-
アーケード版の移植
27ナムコミュージアム バーチャルアーケード
アメリカ合衆国 200811042008年11月4日
ヨーロッパ 200905152009年5月15日
オーストラリア 200906032009年6月3日
日本 200911052009年11月5日
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
バンナムバンナムダウンロードアメリカ合衆国 21022
-
アーケード版の移植
28日本 ナムコミュージアム.comm
アメリカ合衆国 Namco Museum Essentials
ヨーロッパ Namco Museum Essentials

日本 200901292009年1月29日
アメリカ合衆国 200907162009年7月16日
ヨーロッパ 201004012010年4月1日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
バンナムバンナムダウンロード日本 NPJB-00012
アメリカ合衆国 NPUB-30086
ヨーロッパ NPEB-00104
-
アーケード版の移植
29Galaga Remix
アメリカ合衆国 200903312009年3月31日
iPhone
iPod touch
(iOS)
バンナムバンナムダウンロード310662030-
30ギャラガ
バーチャルコンソールアーケード
日本 200911242009年11月24日
アメリカ合衆国 201308152013年8月15日
Wiiナムコバンナムダウンロード--
アーケード版の移植
31パックマンパーティ
アメリカ合衆国 201011162010年11月16日
ヨーロッパ 201011262010年11月26日
オーストラリア 201012022010年12月2日
日本 201012162010年12月16日
WiiバンナムバンナムWii用12センチ光ディスク--
アーケード版の移植
32Namco Museum Remix
アメリカ合衆国 201011262010年11月26日
WiiトーセバンナムWii用12センチ光ディスク--
アーケード版の移植
33Galaga 30th Collection
アメリカ合衆国 201107032011年7月3日
iPhone
iPod touch
(iOS)
バンナムバンナムダウンロード413616338-
34パックマン&ギャラガ ディメンションズ
日本 201106232011年6月23日
アメリカ合衆国 201107262011年7月26日
オーストラリア 201108252011年8月25日
ヨーロッパ 201108262011年8月26日
ニンテンドー3DSバンナムバンナム3DSカード日本 CTR-APGJ-JPN
アメリカ合衆国 CTR-APGE-USA
オーストラリア CTR-APGP-AUS
ヨーロッパ CTR-APGP-EUR
-
アーケード版の移植
35NAMCO ARCADE
INT 201201262012年1月26日
iPhone
iPod touch
(iOS)
バンナムバンナムダウンロード465606050-
アーケード版の移植
36ギャラガ
バーチャルコンソール
日本 201305222013年5月22日
ニンテンドー3DSナムコバンナムダウンロードTCUJ-
ファミリーコンピュータ版の移植
37ギャラガ
バーチャルコンソール
日本 201307242013年7月24日
ヨーロッパ 201308082013年8月8日
アメリカ合衆国 201308152013年8月15日
Wii Uナムコバンナムダウンロード日本 FA6J
ヨーロッパ FA6P
アメリカ合衆国 FA6E
-
ファミリーコンピュータ版の移植
38NAMCO ARCADE
INT 201506092015年6月9日
Androidバンナムバンナムダウンロード--
アーケード版の移植
39ギャラガ
アーケードゲームシリーズ
INT 201604202016年4月20日
PlayStation 4
(PlayStation Network)
Xbox One
(XBOX Store)
ナムコバンナムダウンロードPS4:日本 CUSA-03668
アメリカ合衆国 CUSA-03956
ヨーロッパ CUSA-03865
-
アーケード版の移植
他社版
  • 許諾製品であるもののハード性能のために完全再現出来ず、タイトル変更された『セガ・ギャラガ』(SG-1000用)、『ギャラックス』(M5用)などのバリエーションが存在する。
ゲームボーイ版『ギャラガ&ギャラクシアン』
  • 過去に他機種用に発売された二つの作品を、一本のソフトに収録した[5]
iPhone/iPod touch版
  • 『Galaga REMIX』のタイトルで発売。『ナムコカーニバル』収録ゲームとは関係なく、オリジナル版とアレンジ版(PSP版の移植)を収録。タッチパネル(ボタンまたはスライド)、加速度センサーによる操作に対応。
Xbox Live Arcade版
その他
  • X Window System向けのクローンであるXGalagaが存在する。ソースコードも含め、GPLで提供されている。

スタッフ[編集]

アーケード版
  • 企画:横山茂
  • ハードウェア、プログラム:小川徹
  • サウンド:大野木宣幸
MSX版
  • プログラム:大森田不可止

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame5/5stars (AC)[6]
Eurogamer9/10点 (AC)[7]
7/10点 (Wii)[8]
NintendoLife7/10stars (Wii)[8]
Aktueller Software Markt8/12点 (FC)[9]
アーケード版

1998年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「固定画面で自機が左右にしか移動できないことや、画面上に編隊を組んでいる敵を全滅させると面クリアとなるルールなどは『ギャラクシアン』からの流れであり、そのシンプルなゲーム性に新フューチャーを無理なく組み込んだのがこの『ギャラガ』である」、「一番大きな特徴としては、ボス的キャラクターが放つ『トラクタービーム』がある」、「デュアルファイターこそが自機パワーアップの起源とも言えるのではないだろうか」と紹介されている[10]

ファミリーコンピュータ版

ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「『ギャラクシアン』を発展させたシューティングゲームの秀作」、「(デュアルファイターは)近頃のハデなパワーアップと異なり、合体した分、敵弾にあたりやすいというハンデを背負っているのが非常にシブイ」、「今でも十分に楽しめる内容を持っており、機会があればプレイしてもらいたい」と紹介されている[4]

関連作品[編集]

続編・リメイク[編集]

ギャラクシアン
本作の前編。
ギャプラス
本作の続編。敵ではなく自機がトラクタービームを撃てる逆転の発想。海外でのタイトルは『GALAGA 3』。
ギャラガ'88
ギャプラスの続編。デュアルファイターだけでなくトリプルファイターにもなれる。チャレンジングステージは「THAT'S GALACTIC DANCIN'」と題したものになっており、専用のBGMに合わせてギャラガが踊るような動きをする。
コズモギャング・ザ・ビデオ
シリーズ名を冠してはいないが、固定画面型シューティングゲームとして本作の影響下にある作品。(参考記載)
ギャラガ・アレンジメント
同じタイトルを施した作品が以下二つ存在するが、内容はそれぞれで異なる。どちらもギャラガのリメイク作品となっている。
  • 1995年に登場したアーケード『ナムコクラシックコレクション VOL.1』に収録されているのは、ギャプラスやギャラガ'88などのシリーズのキャラも登場し、デュアルファイターの種類も増えてさらに複数になった。最終ボスや倒すことで見られるエンディングの存在、タイムアタック要素の追加、二人同士での協力プレイも可能など、原作の基本部分を踏襲しつつゲーム性の幅を広げている。
  • PlayStation Portable版『ナムコミュージアム』に収録されているのは、1つのワールドに5つのエリアが組み込まれている構成で、パワーアップや敵の数がかなり多い(デュアル及びトリプルはなし)。iPhone版やXbox 360版『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』にもPSPと同じアレンジ版が収録されている。
ギャラガ REMIX
2007年12月6日発売の『みんなで遊ぼう!ナムコカーニバル』(Wii)に収録。レール上を移動するパックマンをギャラガから守るFPS。4人までの同時プレイが可能。
ギャラガレギオンズ
ギャラガのリメイク作品として、2008年8月20日Xbox Live Arcade(Xbox 360)にて販売開始(要800マイクロソフトポイント)。レギオンの名の通り、大量の敵機による編隊飛行が特徴。敵機の飛行ルートを線で描写したりと、音楽や光表現で陶酔感を生み出す仕様となっている。『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』『パックマン&ギャラガ ディメンションズ』にも収録。
ギャラガ 3Dインパクト
2011年6月23日発売の『パックマン&ギャラガ ディメンションズ』(ニンテンドー3DS)に収録。3DSのモーションセンサーとジャイロセンサーの機能を使い、3DSを持って動かすことで照準をつけるという3D立体視のFPS。
スペース☆ギャラガ
2014年より主にスマートフォン向けのアプリゲームとして配信予定。同年に放送を開始する連続テレビアニメーション作品『スペース☆ダンディ』とギャラガのコラボーレーション作品と位置づけられており、ギャラガをベースとしつつクエスト形式のステージや対戦要素など様々な新機軸を盛り込んでいる。

その他[編集]

  • ギャラガの人気に伴い、多くのコピー版も登場した。名前も様々なものがあり、例えば『GALLAG(ギャラッグ)』『ギャンダ』『NEBULOUS BEE(ネブラスビー:星雲蜂)』等。更に『GATS BEE(ギャッツビー)』はゲーム内容そのものにもアレンジを加えており、自機の8方向移動を可能にした他、チャレンジングステージの編隊飛行パターンも変更している。21世紀になってもコピー基板が作られているという稀有なタイトルである(JAMMAハーネス対応)。ギャラガ全体の設置数が多かったため、今でも設置されている場所が見つかることがある。また、ダイソーのコンピューターゲームの中にかなり酷似したゲームがある。
  • スターラスター』(1985年)の続編『スターイクシオン』(1999年)では、ギャラガが敵キャラとして登場。
  • 同社の格闘ゲーム、PS版『鉄拳』(1995年)には、ゲーム起動時のローディング中限定でギャラガのチャレンジングステージが収録されており、ローディング中に遊ぶことが可能。なお、これを一定条件でクリアすることによって本編のある隠し要素も解禁される。
  • 同社のガンシューティングゲーム『ガンバァール』(1998年)にて、本作のチャレンジングステージを再現したステージが収録されており、敵キャラのギャラガ達も客演として出演。このステージでギャラガを全て撃破すると、画面に赤い文字で“PERFECT!”と表示され、原作と同じ音楽が鳴る。
  • シューティングミニゲーム集『てんこもりシューティング』(1998年)に本作のチャレンジングステージをモチーフにした面が登場する。規定数の敵を撃ち落とすミッションとなっており、1人プレイではデュアルファイターを、2人同時プレイではそれぞれのシングルファイターを操作することになっている。
  • 映画『アベンジャーズ』(2012年)での1シーンには、飛行空母の指令室内で、乗組員の1人が『ギャラガ』で遊んでいるシーンがある。トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrが、「そこ、ギャラガやってるだろ?」と指摘するセリフもある。尚、このシーンに使われた『ギャラガ』は、映像はMSX版で音はファミコン版という構成になっている。
  • 任天堂と共同開発の同社のレースゲーム『マリオカート アーケードグランプリDX』(2013年)にボス・ギャラガがアイテムとして登場。前に発射してトラクタービームで敵を捕獲する特殊系アイテム。
  • 任天堂のゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(2014年)にボス・ギャラガがアイテムとして登場。ファイターを捕獲して上空に連れ去る。
  • ピクセル』(2015年) - アメリカ映画。地球外生命体に向けて送った地球のメッセージを、宣戦布告と誤認した異星人が地球に飛来し攻撃を行う。その際、地球側がメッセージに同梱したコンピューターゲーム(『パックマン』、『ドンキーコング』など)のキャラクターを模した兵器のひとつに、「ギャラガ」が含まれている。
  • 韓国SBSで放送されたアニメ『おはよう ジャドゥちゃん』(2011年 - 2016年、原題:안녕 자두야)の第1シーズンの第23話「ゲーム中毒」で、ゲームイントロのBGMや敵の飛来時、トラクタービームなどのSEが使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームサイド vol.23 Mr.ドットマン氏インタビュー, 2010年5月1日発行, マイクロマガジン社
  2. ^ a b 田尻智他 『The ナムコブック』 成沢大輔編、JICC出版局1991年、134頁。ISBN 978-4-7966-0102-3
  3. ^ a b c d e f g h i j 『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューターmagazine』 アンビット〈TOWN MOOK〉、2016年11月14日、78頁。ISBN 9784197104789
  4. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 211頁。
  5. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、57ページ
  6. ^ Galaga”. Rovi Corporation. 2014年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月8日閲覧。
  7. ^ Galaga for Arcade (1981) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年1月8日閲覧。
  8. ^ a b Galaga for Wii (2007) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年1月8日閲覧。
  9. ^ Galaga for NES (1985) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年1月8日閲覧。
  10. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 73頁、 ISBN 9784881994290

参考文献[編集]

  • マイコンBASICマガジン編集部 『All about NAMCO』電波新聞社 1986年12月 ISBN 978-4885541070

外部リンク[編集]