出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガ(蛾)
Ume-edashaku.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
英名
moth

多数(本文参照)

(蛾)とは、節足動物門昆虫綱チョウ目(鱗翅目、ガ目とも)に分類される昆虫のうち、チョウ(具体的にはアゲハチョウ上科セセリチョウ上科シャクガモドキ上科)を除いた分類群の総称。

日本にはチョウ目の昆虫が3,500種類知られているが、「チョウ」と呼ばれるものは250種類にすぎず、他はすべて「ガ」である。世界全体で見ると、ガの種類数はチョウの20 - 30倍ともいわれている。チョウとガに明確な区別はない(チョウ目参照)。

特徴[編集]

分類[編集]

コバネガ科 Micropterigidae
スイコバネガ科 Eriocraniidae
コウモリガ科 Hepialidae
モグリチビガ科 Nepticulidae
Stigmella oxyacanthellaStigmella pyriStigmella minusculellaなど。
ヒラタモグリガ科 Opostegidae
ツヤコガ科 Heliozelidae
ヒゲナガガ科 Adelidae
ホソヒゲマガリガ科 Prodoxidae
マガリガ科 Incurvariidae
ムモンハモグリガ科 Tischeriidae
ヒロズコガ科 Tineidae
ミノガ科 Psychidae
小型のガで、オオミノガやチャミノガの幼虫が「ミノムシ」として知られる。オス成虫は翅があって飛び回るが、多くの種類のメス成虫には翅がなく(脚もないものが多い)、姿はほぼイモムシ同様でミノから出ず一生を送る。
ミノガオオミノガチャミノガなど。
ナガヒゲガ科 Amphitheridae
チビガ科 Bucculatricidae
ホソガ科 Gracillariidae
スガ科 Yponomeutidae
クチブサガ科 Ypsolophidae
コナガ科 Plutellidae
コナガなど。
アトヒゲコガ科 Acrolepiidae
ホソハマキモドキガ科 Glyphipterigidae
マイコガ科 Heliodinidae
ヒルガオハモグリガ科 Bedelliidae
ハモグリガ科 Lyonetiidae
スヒロキバガ科 Ethmiidae
クサモグリガ科 Elachistidae
エダモグリガ科 Parametriotidae
オビマルハキバガ科 Deuterogoniidae
ヒロバキバガ科 Xyloryctidae
キヌバコガ科 Scythrididae
メスコバネマルハキバガ科(メスコバネキバガ科) Chimabachidae
ミツモンホソキバガ科 Schistonoeidae
マルハキバガ科 Oecophoridae
ニセマイコガ科 Stathmopodidae
ヒゲナガキバガ科 Lecithoceridae
ホソキバガ科 Batrachedridae
ツツミノガ科 Coleophoridae
アカバナキバガ科 Momphidae
ネマルハキバガ科 Blastobasidae
カザリバガ科 Cosmopterigidae
Hyposmocoma molluscivoraなど。
キバガ科 Gelechiidae
バクガなど。
ネムスガ科 Galacticidae
セミヤドリガ科 Epipyropidae
セミヤドリガなど。
イラガ科 Limacodidae
小型のガで、成虫は胴が太く翅が小さめ。幼虫は毒棘をもっていて街路樹によくあらわれる。硬い殻でできた繭をつくる。蛹は魚釣りの餌として用いられることもある。
イラガナシイラガクロシタアオイラガヒロヘリアオイラガなど。
マダラガ科 Zygaenidae
ヒロハマキモドキガ科 Brachodidae
スカシバガ科 Sesiidae
前翅、後翅に鱗粉がなく透明な部分を有する種が多い。幼虫は、ブドウ虫として釣り餌として使われている。
スカシバブドウスカシバなど。
ボクトウガ科 Cossidae
ハマキガ科 Tortricidae
ヒメハマキガ亜科(Olethreutinae)など。
ナシヒメシンクイ (Grapholita molesta)など。
ハマキモドキガ科 Choreutidae
ホソマイコガ科 Schreckensteiniidae
ササベリガ科 Epermeniidae
ニジュウシトリバガ科 Alucitidae
トリバガ科 Pterophoridae
ランタナトリバなど。
ニセハマキガ科 Immidae
セセリモドキガ科 Hyblaeidae
シンクイガ科 Carposinidae
マルバシンクイガ科 Copromorphidae
マドガ科 Thyrididae
メイガ科 Pyralidae
小型のガで、成虫の翅は細長い。害虫として扱われる種が多い(シンクイムシ)。幼虫は、ブドウ虫の代わりとして釣り餌として使われている。
ニカメイガサンカメイガマエアカスカシノメイガハチノスツヅリガHoneycomb MothGalleria mellonella)、コハチノスツヅリガLesser Wax Moth)、ノシメマダラメイガPlodia interpunctella)など。
ツトガ科 Crambidae
小型のガで、成虫の翅は細長い。害虫として扱われる種が多い(シンクイムシ)。幼虫は、ブドウ虫の代わりとして釣り餌として使われている。
ハイマダラノメイガ(ダイコンシンクイムシ)(Hellula undalis)、アワノメイガもろこし虫コーンワーム)(Ostrinia furnacalis)、ヨーロッパアワノメイガヨーロッパもろこし虫ヨーロッパコーンワーム) (Ostrinia nubilalis)など。
カレハガ科 Lasiocampidae
中型のガ。名のとおり成虫の翅が褐色で、枯れ葉のような外見をしている。幼虫はケムシで、集団生活をする。幼虫の毛にをもつものもいる。マツの害虫のマツカレハなどが分類される。
マツカレハオビカレハなど。
オビガ科 Eupterotidae
カイコガ科 Bombycidae
ヤママユガ科に近縁の中型のガ。成虫は胴が太い。幼虫はさなぎになる前に糸で繭を作る。カイコは家畜化された種で、人間が世話をしないと生きられない。
カイコガクワコなど。
ヤママユガ科 Saturniidae
大型のガで、成虫はチョウのような羽と羽毛状の触角をもつ。幼虫はさなぎになる前に糸で繭を作るので、かつては人間に利用された。この科の昆虫をまとめて、「マユガ」と呼ぶ場合もある。
ヤママユクスサンオオミズアオウスタビガエゾヨツメヒメヤママユシンジュサンヨナグニサンなど。
イボタガ科 Brahmaeidae
スズメガ科 Sphingidae
中型から大型のガ。成虫は胴が太く翅が細長いが流線型の体型をしているものが多い。ホバリングしながら長い口吻を伸ばして花の蜜を吸うが、口吻の長さや花の好みは種類によってちがう。幼虫は大型のイモムシで、尾に1本の角がある。
エビガラスズメメンガタスズメキイロスズメシモフリスズメセスジスズメタバコスズメガホシホウジャクオオスカシバなど。
イカリモンガ科 Callidulidae
アゲハモドキガ科 Epicopeiidae
アゲハモドキなど。
カギバガ科 Drepanidae
ツバメガ科 Uraniidae
小型から中型のガ。昼行性のものが多く、熱帯産の種にはチョウのように美しい模様の翅を持ったものもいる。
ギンツバメウラニアツバメニシキオオツバメなど。
シャクガ科 Geometridae
小型から中型のガで、幼虫が「シャクトリムシ」として知られる。成虫は胴が細くチョウのような外見をしている。フユシャクの仲間はメス成虫の翅が退化している。
近年まで当科の1グループとされていた中南米産のシャクガモドキ類は、その後の見直しでむしろアゲハチョウ上科に近いことがわかり近年になってチョウに分類しなおされた。
シャチホコガ科 Notodontidae
ヤガ科に近縁の小型から中型のガ。幼虫が頭・胸部と尾部を大きく反らしシャチホコのようなポーズをとることから名付けられた。幼虫は胸脚がイモムシの類としては異様に長く発達した種類が多く、また尾部の疣足が2本の角のように変化し、常に尾を持ち上げている種類もある。だが、ごく普通のイモムシ形の幼虫態を持つものもいる。成虫はふさふさした体毛を持つ。幼虫は、ブナ虫と呼ばれ、釣り餌として使われている。
シャチホコガムラサキシャチホコオオトビモンシャチホコブナアオシャチホコなど。
ドクガ科 Lymantriidae
中型のガ。幼虫はケムシで、細かい毒針毛(どくしんもう)を持つ。これが成虫や卵にもつき、人に害を与える。
ドクガチャドクガマイマイガなど。
ヒトリガ科 Arctiidae
小型から中型のガ。翅が横長で、白、黄色などの割合目立つ色をしている。幼虫はケムシ。外来種街路樹の害虫として知られるアメリカシロヒトリなどが分類される。
ヒトリガアメリカシロヒトリカノコガなど。
コブガ科 Nolidae
ケンモンガ科 Pantheidae
ヤガ科 Noctuidae
中型から大型のガ。種類が非常に多い。成虫は胴が太く、前翅と後翅の模様が異なるものが多い。この科の昆虫を合わせて「ヤガ」と呼ぶ場合もある。
アケビコノハムクゲコノハフクラスズメヨトウガシロシタヨトウなど。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]