トーセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社トーセ
TOSE CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4728
大証1部(廃止) 4728
2013年7月12日上場廃止
本社所在地 600-8091
京都府京都市下京区東洞院通四条下ル
北緯35度0分9.41秒 東経135度45分39.13秒 / 北緯35.0026139度 東経135.7608694度 / 35.0026139; 135.7608694座標: 北緯35度0分9.41秒 東経135度45分39.13秒 / 北緯35.0026139度 東経135.7608694度 / 35.0026139; 135.7608694
本店所在地 618-0081
京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字二階下13番地
北緯34度54分31.63秒 東経135度42分3.24秒 / 北緯34.9087861度 東経135.7009000度 / 34.9087861; 135.7009000
設立 1979年11月1日
業種 情報・通信業
事業内容 家庭用ゲームソフトの企画・開発・運営
モバイル・インターネット関連コンテンツの企画・開発・運営
代表者 代表取締役会長 齋藤 茂
代表取締役社長 渡辺 康人
資本金 9億6,700万円[1]
発行済株式総数 7,763,040株[1]
売上高 連結: 4,874,344千円
単体: 4,401,809千円
(2016年8月期)[1]
営業利益 連結: 259,592千円
(2016年8月期)[1]
経常利益 連結: 200,406千円
単体: 125,688千円
(2016年8月期)[1]
純利益 連結: 93,004千円
単体: 減少46,587千円
(2016年8月期)[1]
純資産 連結: 5,745,846千円
単体: 5,589,201千円
(2016年8月31日現在)[1]
総資産 連結: 6,545,721千円
単体: 6,328,870千円
(2016年8月31日現在)[1]
従業員数 連結: 583人
単体: 477人
(2016年8月31日現在)[1]
決算期 8月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 株式会社S-CAN 15.18%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 6.10%
株式会社シン 5.01%
(2016年8月31日現在)
主要子会社 東星軟件(杭州)有限公司 100%
株式会社フォネックス・コミュニケーションズ 100%
TOSE PHILIPPINES,INC. 100%
外部リンク http://www.tose.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社トーセは、日本ゲームソフト開発会社本社京都市下京区

沿革[編集]

概要[編集]

多くのゲームソフト会社と受託開発契約を結び、開発したゲームソフトやモバイルコンテンツ数は1000タイトルを超えている。ゲーム業界最大手の下請け会社と見られる。

しかし、トーセ自身は著作権を保有せず、クレジット、権利表記『©等』はあくまで発売元メーカーのみを表示している為、開発に携わったゲームタイトルの全容は掴めない。その為、「ゲーム業界の影武者」と称される。同一スタッフが複数社のゲーム開発に関わる為、エンディングのスタッフ名の多くは本名でない。古くは、SNK社の『サスケVSコマンダー』(1980年)などのアーケード作品も手掛けたが、その後は主にコンシューマー作品が中心である。

ソフトウェア開発がほぼ外注化されているスクウェア・エニックスの旧エニックス部門やバンダイナムコゲームスバンダイレーベル(旧バンダイ)などはもとより、大手メーカーの看板タイトルクラスの開発を担当している事もある。その為、社内の各開発チーム間の情報は一切遮断されているという。

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売された『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズの開発に携わった事で、その存在が知られるようになった。 また、ゲームボーイアドバンス版の『ファイナルファンタジー』シリーズなど、旧作の移植を受託している事もある。『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のサウンドプログラムも担当した。

トーセ自身が自社開発製品である事を公にしているものは、前述『サスケVSコマンダー』[2]のほか、『ヴァンガード[2](以上SNKの販売)や任天堂より発売された『伝説のスタフィー』シリーズなど、ごくわずかである。

2007年12月 ゲーム制作費、顧客情報等のファイルがインターネット上に流出した[3]

2008年には角川書店講談社集英社小学館の4社と共同でリブリカを設立、Wii向けに電子コミック配信事業などを開始する。

なお、自社ブランドにこだわらずに受託開発に徹する理由としては、自社ブランドでリリースすると取引先が競合相手となる事で、取引上の信頼関係が崩れてしまう事を防ぐ為としている(公式サイトQ&Aより)。

開発に携わったゲームタイトル(一部)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 第37期有価証券報告書 (PDF)”. 株式会社トーセ (2016年11月30日). 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ a b 沿革|会社情報”. トーセ. 2016年8月9日閲覧。
  3. ^ 「2007.12.18 業務情報漏洩に関するお知らせ」より。
  4. ^ 社長が訊く『Wii U』Nintendo×JOYSOUND WiiカラオケU篇”. 任天堂. 2016年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]