バトルシティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バトルシティー
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
デザイナー 兵藤岳史
プログラマー 大久保良一
音楽 小沢純子
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 192キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198509091985年9月9日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:NAM-NBC-4500
テンプレートを表示

バトルシティー』 (BATTLE CITY) は、1985年9月ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたファミリーコンピュータゲームソフト

概要[編集]

本作は、同社によるアーケードゲーム『タンクバタリアン』(1980年)のリメイク作品である。

ワープマン』(1985年)同様、ゲーム画面をはじめとするキャラクターのグラフィックが一新され、協力・対戦プレイやパワーアップ要素などゲーム内容が強化された。これらが功を奏し、ファミコンブームを支える中堅タイトルとしてヒットした。

『タンクバタリアン』からの具体的な変更点としては次の6点。

  • 1種類のみだったタンクが4種類に増えた
  • 地形構造物に、防弾壁・森・川・氷原が追加された
  • パワーアップアイテムを取ることでタンクの性能が強化できる
  • 2プレイヤーモードが追加
  • コンストラクションモードが追加
  • スタート時などにBGMが追加(厳密にはMSX版の『タンクバタリアン』が最初である)

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

固定画面攻略型、任意4方向に攻撃が可能なシューティングゲーム十字キーと1ボタンを使用をする(AボタンBボタンともに同じ)。1Pが黄色、2Pが緑のタンクを動かし、一定数の敵タンクを倒すとステージクリア。2P時は、味方の弾を受けると一定時間操作不能になる。司令部に攻撃を受けると即ゲームオーバー。また、マップコンストラクションモードがあり、好きなレベルデザインを作って遊ぶことができる(画面の保存は不可能)。

全35面だが、同じマップを流用した「裏面」もプレイできる。裏面は出現する敵がより強くされている上級者向け。

マップの中には、同社のゲーム作品『ギャラクシアン』(1979年)のエイリアン、『ディグダグ』(1982年)のプーカや目変化、『リブルラブル』(1983年)のホブリン、『マッピー』(1983年)のマッピー、といったキャラクターを模したものがある。

アイテムパネル[編集]

4、11、18機目に現れる、赤く点滅するターゲットタンクを倒す(ヘビータンクの場合は1発目を撃ち込む)と出現。内容は完全にランダム。

  • スター - マイタンクのパワーアップ。
  • 手榴弾 - 取った時に画面上に出現している敵タンクを瞬時に一掃できる。ただし、出現途中の敵タンクには効かず、このアイテムで倒した敵はステージクリア時の集計に入らない。
  • タンク - エクステンド。マイタンク(自機)が一機増える。
  • スコップ - 一定時間、司令部の周囲のレンガが防弾壁に変わる。司令部の周囲のレンガが破壊されていた場合、このアイテムで復活する。
  • 時計 - 一定時間、敵タンクの動きが止まる。新たに出現した敵は、出現と同時にその場で止まる。
  • ヘルメット - 一定時間、マイタンクの周りにバリアが張られ無敵状態になる。バリアは「グロブダー」「リターンオブイシター」と同じバリア。

地形[編集]

  • 平地 - 真っ黒な部分。何もない場所とも言える。タンクも弾も通行可能。
  • - タンクも弾も通行可能だが、見えにくくなる。
  • 氷原 - タンクも弾も通行可能だが、少しすべる。
  • レンガ - タンクを遮る壁。弾も遮るが、弾が当たると削れる。
  • 防弾壁 - レンガより強固な壁。スーパータンクにならないと破壊できない。
  • - タンクは通ることができないが、弾は通すことができる。
  • 司令部 - レンガに囲まれた自軍司令部。ここに一発でも敵味方いずれかの弾が当たるとその瞬間ゲームオーバー。

これらの地形のうち平地以外の地形は重なる事は無いので、森林の中にレンガがあったり、レンガの下が氷河だったりと言った事は無い。レンガや防弾壁を破壊するとその下は平地である。

キャラクター[編集]

マイタンク[編集]

自機のこと。アイテムパネルの「スター」を取ると、1段階ずつパワーアップする。

  • ノーマルタンク - 最初の段階のタンク。画面上に1発の弾を発射できる。弾は敵タンクの弾とぶつけることで相殺できる。
  • 速射砲タンク - 2段階目。弾が速い。
  • 連射砲タンク - 3段階目。さらに2連射になる。
  • スーパータンク - 4段階目。弾の威力が上がり、普通では壊せない防弾壁も破壊できる。レンガも通常の倍のスピードで削れる。

敵タンク[編集]

ヘビータンクを除いて、敵は灰色一色。時々、赤く点滅するターゲットタンクが出現し、これを倒すとアイテムが出る。

  • ライトタンク - 雑魚キャラ。1発で破壊可能。
  • 装甲車 - 移動スピードがかなり速い。装甲車という名のわりに耐久力はライトタンクと変わらず、1発で破壊可能。
  • 速射砲タンク - 弾が速い。1発で破壊可能。
  • ヘビータンク - 移動スピードや弾速はライトタンクと同じだが、4発打ち込まないと破壊できない。緑→黄色→鶯色→灰白と打ち込むたびに色が変わる。ターゲットタンクとして出てくる時は、1発目を撃ちこむとアイテムが出る。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1VS.バトルシティー
日本 1985年
アメリカ合衆国 1985年
アーケードナムコナムコ業務用基板--
任天堂VS.システム
2バトルシティー
日本 1986年春
MZ-1500電波新聞社電波新聞社クイックディスク--
3バトルシティー
日本 1986年春
X1電波新聞社電波新聞社カセットテープ
フロッピーディスク
CT:DP-3203158-
4バトルシティー
日本 1986111986年11月
FM-7電波新聞社電波新聞社カセットテープ
フロッピーディスク
--
5バトルシティー
日本 199108091991年8月9日
ゲームボーイノバノバ256キロビットロムカセットDMG-BCA-
6ナムコギャラリー VOL.1
日本 199607211996年7月21日
ゲームボーイナムコナムコ4メガビットロムカセットDMG-ANGJ-JPN-
7バトルシティー
ナムコ・ゲームス
日本 2003年
iアプリナムコナムコダウンロード--
8バトルシティー
ナムコ・ゲームス
日本 200305142003年5月14日
Vアプリナムコナムコダウンロード--
9スターフォックス アサルト
アメリカ合衆国 200502142005年2月14日
日本 200502242005年2月24日
ヨーロッパ 200504292005年4月29日
ゲームキューブナムコ任天堂GC用8センチ光ディスクアメリカ合衆国 DOL-GF7E-USA
日本 DOL-P-GF7J-JPN
ヨーロッパ DOL-GF7P-EUR
-
10バトルシティー
バーチャルコンソール
日本 200709042007年9月4日
WiiバンナムバンナムダウンロードFCOJ-
11BATTLE CITY BLITZ
日本 201202022012年2月2日
iPhone
iPod touch
iPad
(iOS)
バンナムバンナムダウンロード--
12バトルシティー
バーチャルコンソール
日本 201307312013年7月31日
ニンテンドー3DSバンナムバンナムダウンロードTDFJ-
13バトルシティー
バーチャルコンソール
日本 201407092014年7月9日
Wii Uバンナムバンナムダウンロード--
MZ-1500版
全84面とステージ数が大幅に増加。
グロブダー』(1984年)に登場する「イエローハイパータンク」が敵キャラクターとして出現する。
イシター、グロブダー、プーカなどの隠れキャラクターが出現する。
パックランド』(1984年)のブリンキー、セガの『トランキライザーガン』(1980年)を模したステージなどもある。
ゲームボーイ版
全50面(ステージセレクトは35面まで)、マップコンストラクションモードが無いが、通信ケーブルを使った対戦が可能。ファミコンのマップをそのまま流用しているため、画面サイズが足りないのでスクロールさせなければならない。ただしレーダーで敵タンクの位置を確認できる工夫がされている。
ゲームボーイ『ナムコギャラリー VOL.1』版
ノバ製とは別物の新規作りおろし。ノーマルモードとFIXモードの2モードがあり、ノーマルモードはノバ版と同じく画面スクロール+レーダー式。FIXモードはキャラクターを小さくしたかわりに全体像が2画面で見られる。つまり、ファミコン版と同じ画面構成で遊べる。36ステージ以降はオリジナル面が用意されている。スーパーゲームボーイ対応。
ニンテンドーゲームキューブ版
スターフォックス アサルト』(2005年)にファミコン版をまるごと収録している。

スタッフ[編集]

ファミリーコンピュータ版
  • 企画:兵藤岳史
  • プログラム:大久保良一
  • 音楽:小沢純子
ゲームボーイ版
  • メイン・プログラム:谷口蛙
  • サブ・プログラム:DRUMMNG K.ODA
  • SIOプログラム:TANISAN、谷口蛙
  • マップ・デザイン:谷口蛙、DRUMMING K.ODA
  • グラフィック・デザイン:谷口蛙、DRUMMING K.ODA、竹矢吉孝
  • サウンド:NORIRIN(富樫則彦
  • VSゲーム・デザイン:谷口蛙、DRUMMING K.ODA、竹矢吉孝

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点 (GB)[2]
ファミリーコンピュータMagazine18.1/30点 (GB)[3]
ゲームボーイ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、合計24点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.1点(満30点)となっている[3]。また、1998年に刊行されたゲーム誌『超絶 大技林 '98年春版』(徳間書店)では、「2人対戦プレイは白熱すること間違いなしだ」と紹介されている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.9 2.9 3.1 3.2 3.2 2.9 18.1

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 230頁。
  2. ^ a b バトルシティー まとめ [ゲームボーイ] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 516頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]