深谷正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深谷正一(ふかたに しょういち、1954年 - 1985年)はナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)ゲームクリエイター

略歴[編集]

1977年にナムコ入社。以降、1980年代中頃までの同社のアーケードゲームを数多く手がけ、ゲームメーカーとしての黎明期のナムコ開発陣を支えた中心人物の一人。ゲーム作品の他、協調型マルチタスクによる一種のフレームワーク(ナムコ社内では「ジョブコン」と呼称していた)でも知られる[1]

温厚な性格で、難しい問題に直面した際でも「犬のおまわりさん」を口ずさみながらリストもとらずに解決にあたったと言われる。人望厚く、社内でも後輩から「神」「天才」と呼ばれ崇敬される人物であった[2][3]遠藤雅伸をはじめ、当時のナムコに在籍した多数のプログラマーの育成を担った人物であり、現在のゲーム業界でも人材育成における師弟関係を遡ると深谷にたどり着く人物が多い。

1985年、深谷は腹痛を訴え早退し、翌日に入院するが容態は良くならず、10日間程の闘病の末、肝臓破裂によって急死した[3]。31歳没。優秀な技術者でかつ人格者でもある深谷の人柄は周囲の人々に愛され、深谷へのスタッフの思慕の念は強く、突然の深谷の死が当時のナムコ開発陣に与えた衝撃は大きかった。死後しばらくの間にリリースされた幾つかのナムコ作品では、エンドロールなどでスタッフの深谷への思いを込めたキーワードが織り込まれていた。とりわけ翌1986年にリリースされた『源平討魔伝』のエンディングはそれ自体がゲームの結末であると同時に、無念の死を遂げた深谷に捧げられたレクイエムとでも言うべき側面を持つ文面と演出になっている[4]

なお、この時深谷のチームは『源平討魔伝』を作成しており、オカルト色の強いこの作品の開発中にはスタッフも霊現象を経験するなどしていた。そのため、「深谷の死は源氏(または平氏)の怨霊の障りではないか」と、発売数年後にゲーマーの間でまことしやかに囁かれたが、時期的に矛盾する[5]

当時、後輩である遠藤雅伸が制作中だった「イシターの復活」のカイを気に入り、「遠藤君、今度一緒にカイが主人公のゲームを作ろうよ」と話していた矢先の急死であった[3]。その後遠藤は、1988年にカイが主人公のゲーム「カイの冒険」を送り出している。

TVアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」のファンで、会社の一発芸大会ではモノマネを披露していた[6]

作品[編集]

追悼作品[編集]

ゲーム中において深谷を追悼していると思われるメッセージが込められている作品を列挙した。

THIS PROGRAM WAS THE POSTHUMOUS WORK OF SHOICHI FUKATANI. HE WAS ONE OF THE BEST PRO
※この文章はROMに記述されているが、実際のゲームプレイでは見ることはできない(いわゆる隠しメッセージ)。プログラマであった大森田不可止が刻んだ深谷の墓碑銘[7]
SPECIAL THANKS TO CHIEF FUKATANI
THIS GAME DEDICATED TO OUR MASTER THE LATE Mr. SHOUICHI "GOD" FUKATANI
神様は死んだ 悪魔は去った (中略) 神も悪魔も降り立たぬ荒野に我々はいる  故 深谷正一氏にささぐ。
SPECIAL THANKS TO THE LATE Mr. SHOUICHI "CHIEF" FUKATANI

脚注[編集]

  1. ^ デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究報告書 (PDF) - 一般財団法人デジタルコンテンツ協会による報告書。P.306より、黒須一雄によるジョブコンの解説を参照
  2. ^ これには当時、同じくナムコ在籍のプログラマーであった黒須一雄と並び称され、黒須の通称である「悪魔」と対比する意味合いもこめられている
  3. ^ a b c 【バビロニアン・キャッスル・サーガ】 - ウェイバックマシン(2001年10月31日アーカイブ分) - 649番目の遠藤雅伸の書き込みを参照
  4. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス、2016年4月21日、113頁。ISBN 9784906735891 
  5. ^ 深谷が急死したのは『源平討魔伝』の制作中であるというデマは、電波新聞社刊『ALL ABOUT NAMCO II』により広がったもの。また、遠藤雅伸の証言によると、『源平討魔伝』は遠藤がナムコを退職しゲームスタジオを設立した後に立てられた企画とのこと。深谷が亡くなった際に実際開発中だったのは、1985年にリリースされた『モトス』と言われる。また深谷存命の時点で完成に至っていたという意味で『ワープマン』が遺作ともされる
  6. ^ 元ナムコ社員、大森田不可止による発言、『超超ファミコン』(太田出版)
  7. ^ omoritaの2014年7月11日23時02分のツイート- Twitter