ワープマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワープマン』(WARPMAN)は、1985年7月12日ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)よりファミリーコンピュータ用として発売されたアクションシューティングゲーム。ナムコリリースのファミコン用ゲームソフト8本目にあたる。

業務用の『ワープ&ワープ』(1981年7月)をグレードアップ移植した内容。

ゲーム内容[編集]

特徴は迫力ある炸裂弾、戦略的なメイズワールド、不敵なツラ構えの異次元ベム。

スペースワールドメイズワールドのふたつの世界をワープしながら異次元ベムを退治していく。ワープは強制ではないため、同じワールドにとどまって戦い続けることも可能。スペースワールドではリニアガンによる直接攻撃。メイズワールドでは時限爆弾による間接攻撃で戦う。時限爆弾はボタンの押す長さで爆発する時間を調整可能。爆風に巻きこまれるとミスになってしまう。

時おり出現するパワーアップターゲットを取ることで一定時間、爆裂弾や吸着爆弾が使えるようになるが、メイズワールドで使える吸着爆弾はスペースワールドで出現し、スペースワールドで使える爆裂弾はメイズワールドに出現する。

ゲーム画面だけでなくキャラクターのグラフィックも一新されたうえに2人同時プレイが可能で、Iコントローラーでホワイトワープマン、IIコントローラーでオレンジワープマンを操作。相手のワープマンをリニアガンで攻撃すると、攻撃されたほうは一定時間操作不能になる。

異次元ベム[編集]

ソルジャーベム[編集]

ベロ
大きな舌が特徴。“一般大衆”ベム。
ドッペ
分裂する。“スキゾ”ベム。
ガラモ
じっとしている間は攻撃を受けつけない。“心頭滅却”ベム。

ミステリーベム[編集]

同色同タイプのソルジャーベムを3匹やっつけると出現する。

クワガッタン
倒すと500点。頭の上にクワガタのあごのようなものがついている。
オニガラマン
倒すと1000点。大きな口に歯が2本。
シシトガリン
倒すと2000点。細長い足が特徴。

その他のベム[編集]

エクストラベム
E・X・T・R・Aの文字をいずれかひとつ持って登場するミステリーベム。
すべてそろえるとワープマンが1人増える(1up)。

その他[編集]

ソルジャーベムは倒すエリアにより得点が変化し、エリアにより体色が変化する(3段階)。画面中央に近いほど高得点。また爆風で一度に多くの異次元ペムをまきこむとボーナス得点。

面数を表す旗は、10を表す旗が4本、1を表す小旗8本、計48でカンストするので48面以降は現在が何面なのか知ることが出来なくなる。残機は4までの表示とかなり少ないが、内部的な数値は保持されているので5以上の残機を貯めることは可能になっている。

リセットボタンを押してもハイスコアは消えない(ただし電源を切ると消える)。

シリーズ作品[編集]

  1. ワープ&ワープ - アーケード版は1981年7月に発表。後に1984年2月19日ナムコットゲームセンターシリーズ第4弾としてMSXパソコン用ゲームとして4500円で発売。後に1990年3月9日フロッピーディスクで発売されたMSX用オムニバスソフト『ディスクNG 1』にも、このMSX版が収録されている。このほか、M5PV-1000にも移植が行われている。
  2. ワープマン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]