超絶倫人ベラボーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
超絶倫人ベラボーマン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PCエンジン[PCE]
Wii(バーチャルコンソール)
発売元 ナムコ
人数 1人(交代制2人プレイ)
メディア [AC]SYSTEM I基板
[PCE]HuCARD
Wiiダウンロード販売
発売日 AC:1988年5月20日
PCE:1990年7月30日
VC:2007年5月22日(PCエンジン版)
VC:2009年10月6日(アーケード版)
テンプレートを表示

超絶倫人ベラボーマン』(ちょうぜつりんじんベラボーマン)は、1988年5月20日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)からアーケードゲームとして発売されたアクションゲーム

概要[編集]

昭和40年代の高度成長期の頃の日本を背景にしたノスタルジックな世界観を舞台に、腕や足はおろか首まで伸びる異色のヒーロー「ベラボーマン」を操り、悪の科学者・爆田博士率いるロボット軍団と戦うヒーローアクションゲーム。製作には『源平討魔伝』を作成した通称「源平プロジェクト」が携わっている。

操作方法に「ベラボースイッチ」と呼ばれるボタンを搭載しており、これによりボタンを押した強弱によって手・足・首の伸びる長さや、ジャンプの高さを調整できるという独特な仕様である。なお、ベラボースイッチは正式名称をタッチレスポンススイッチといい、感圧式ではなくボタン内に縦に2つのスイッチがあり、2点間の通過時間、つまりボタンを押しこむ速さによって強弱を判定していた。

ストーリー[編集]

平凡なサラリーマン・中村等(なかむら ひとし)は、ある日の残業を終えての帰り道、突如として現れたアルファー遊星人から銀の力[1]と超変身物質(ヘラとボー)を授かり、スーパーヒーロー、ベラボーマンに変身できるようになる。そして、ベラボーマンは世界征服の手始めとして新田(にった)4丁目への侵略を開始した悪の科学者爆田博士率いるロボット軍団と戦うことを決意する。爆田博士の物質転送装置により送り込まれた3つの世界を股に駆けた、ベラボーマンの冒険が、今、始まる!

キャラクター[編集]

ベラボーマン
声 - 梅津秀行稲田徹(『NAMCO x CAPCOM』)
本作の主人公。サラリーマン中村等が超変身物質と銀の力によって変身した姿。昭和33年3月26日生まれ(29歳)。福島県飯坂出身、東京都多摩市豊ヶ丘の公団住宅在住。保険会社「目蒲火災海上保険」のセールスマンが本業。まり子という名前の妻と息子、娘がいる。「絶倫」は「群を抜いて優れていること」で、「超絶倫」は「べらぼうな」を意味する。
α遊星人(アルファーゆうせいじん)
中村等に「超変身物質」を授けた宇宙人。そのステージのボスに関する情報をくれるが、大した内容ではない。殴ると「アホタレ!なにすんねん!」などと色々叫ぶ。
福引男(ふくびきおとこ)
ベラボーマンにアイテムをくれる、下半身がガラポン型のロボット。敵を倒し、福引補助券を10枚(=福引券1枚になる)集めると鈴の音と共にどこからともなく登場し、体力回復・攻撃力上昇といったアイテムを置いて去っていく。ただしスカもあり。なお、アイテム自体は特定の場所にも配置されている。
また、アクションステージの最後に登場、福引券の枚数と同数のおにぎりをくれる。α遊星人同様、殴ると色々なことを言う。8発殴ると怒り出し、そのプレイ中は一切のアイテムをもらえなくなる。
ブラックベラボーマン
声 - 飛田展男関智一(『NAMCO x CAPCOM』)
市街地ステージのボス。ベラボーマンと同じ形状で色違いの黒のパワースーツに身を包み、ベラボーマンと同様の攻撃を繰り出してくる。通常攻撃6発分のダメージを与えると「おぼえてろよ」と捨て台詞を残して去っていく。
正体は中村等の商売敵であるミロ保険のベテラン・セールスマン、妙島。29歳、独身。
ブラックシーベラボー
PCエンジン版のみに登場するブラックベラボーマンの水中形態。
爆田博士(ばくだはかせ)
声 - 飛田展男
本作の最終ボス。体中の半分以上にサイバネティック化を施したマッドサイエンティスト。131歳、ナイスミドルのロマンスグレー。本名、爆田狂男(くるお)。きのこ雲のように逆立った紫色の巨大なパーマヘアが特徴的。ミサイル攻撃と頭髪からのレーザー攻撃が武器。ダメージを与えるには弱点を突く必要があり、一定回数ダメージを与えるとボディが爆発。残った頭部だけで分身の術を繰り出しながらレーザー攻撃を繰り返す。子供の頃は平賀源内、学生時代は西村真琴と研究し、その後アインシュタインヒトラーに学び、現在はバイオテクノロジーを研究している。結婚経験はないが、妾が100人以上いる。
ゾルタン
市街地ステージのボスで、戦闘ロボ軍団のリーダー的存在。中世の騎士のような上半身と、馬の後半身に翼が生えたかのような下半身を持つ。V字軌道を描きながら体当たりをかけて来る。1発でもこちらの攻撃が入ると盾を装備して画面右隅へと移動し、上下に往復移動しつつ弾をばら撒く。盾を後ろへ引いた時しか攻撃を受け付けない。
わや姫(わやひめ)
声 - 花咲きよみ鈴木麻里子(『NAMCO x CAPCOM』)
忍者屋敷ステージの中ボスで、忍者軍団の紅一点。「アナタの負けよ」と空中から舞い降り、けたたましい笑い声と共に振り下ろした刀から火柱を走らせる“おほほの術”を繰り出す。
スリーサイズは上から88・54・87であることがPCエンジン版にて判明。アルファー遊星人いわく「タイプ」らしい。
ピストル大名(ピストルだいみょう)
忍者屋敷ステージのボス。得意技は土下座からの騙し討ち。土下座して改心した振りをしつつちょんまげ型の頭部の大砲からミサイルを発射する。
本作では敵役だが、後に『ピストル大名の冒険』にて主役を務めることとなる。本作での卑怯な性格も、正義に燃える正々堂々とした物に改められている。
雷丸(いかずちまる)
声 - 飛田展男
忍者屋敷ステージのボス。雷手による張り手を連発しながら画面を往復する。前面からでは貫通拳でもダメージを与えられない。
ベンジャミン大久保彦左衛門(ベンジャミンおおくぼひこざえもん)
忍者屋敷ステージのボスで、通称ヘビメタ忍者。奇妙な踊りを披露しながら手裏剣を投げてくる。
ツイン・スキュレーン
海底ステージのボスで、アトランティスの守護神獣。うねりながら弾をばら撒く二本の首を破壊すれば本体は逃げる。後半のステージでは赤いバージョンが出る。
初号401(うごうよんまるいち)
爆田博士の頭部を模した巨大メカ。「ウゴー」という唸り声と共にベラボーマンを追跡しつつレーザーを連発してくる。永久パターン防止キャラクターだが、旧バージョンでは倒すことができたため、後のバージョンで修正された。
響笑翔衝斉(きょうしょうしょうしょうさい)
忍者屋敷ステージのボス。十字手裏剣型に変形して体当たりしてくる。
トリガーG7
市街地ステージのボス。鶏肉として加工されそうになっていた鶏が、爆田博士に救われ、改造されたもの。最初は長く伸びた首の先の頭から弾を撃つ。これを壊すと、今度は本体が走り回りながら弾を撃つ。
アタックボンバーV9
市街地ステージのボス。ロケットパンチを繰り出しながら移動。足元には当たり判定がなく、ベラボーハイハイで通り抜けることができる。体力がゼロになると背中に搭載された自爆装置が起動、特攻を仕掛けてくる。
アトランチス大王「シルヴィアンⅠ世」
海底ステージのボス。中央に座って弾を撃ち、その周りをアトランチス人4体が回る。本体は一切動かず、アトランチス人4体を全て倒せば本体は逃げる。
海底ウ号(かいていウごう)
ウ号の水中バージョン。見た目はアトランチス大王同様、アトランチス人4体が回っているが、こちらは本体も猛スピードで体当たりしてくる上、アトランチス人だけでなく、本体も倒さなければならない。しかも本体の撃つ弾のスピードが速い。海底ステージのボスの中では最強の相手。
ボスウンババ
トーテムポールだるま落としをモチーフとした最初のステージ(市街地ステージ)のボス。本体は上下に動き、中央の緑の顔は斧のような弾を飛ばしてくる。柱を形作る赤と緑の顔を攻撃すると画面右へ吹っ飛び、更に跳ね返ってくる。跳ね返って来た顔は避けないとダメージを受ける。本体だけにしてしまえば何もできなくなる。

ゲームシステム[編集]

入力デバイスは8方向レバー1本と前述のベラボースイッチ搭載のトリガーが二つである。

全32面。任意スクロールのアクションステージと強制スクロールのシューティングステージが存在し、それぞれで操作が異なる。

いずれのステージにもベラボーマンには体力ゲージがあり、敵の攻撃・体当たりを受けることにより減少し残量が無くなることでゲームオーバーとなる。クレジット(通称:銀の力)投入によりその場で体力が回復し、継続プレイが可能。

アクションステージ[編集]

町および忍者屋敷が舞台。各ステージにはボスが存在し、倒すことでステージクリアとなる。

最初のステージのみα遊星人が現れ、操作方法を教えてくれる。α遊星人にも当たり判定が存在し、攻撃が可能。

アイテム[編集]

おにぎりラーメン寿司
それぞれ体力小回復、中回復、大回復
貫通拳
攻撃に貫通効果が付与され、体力の高いボス敵などには多段ヒットとなる。横幅が広いほど与えるダメージも大きい。PCエンジン版では時間制限あり。
波動弾
アイテム一つにつき10発撃てる、ボス敵のガードをもぶち抜く飛び道具。福引男により支給された特殊エネルギーを手の甲の「ベラボーイニシャルビームガン」から発射する。
オロ○ミンC
一定時間、無敵状態となる。
新幹線
そのステージのゴール地点まで一気にワープする。ステージによってはオロ○ミンCと同効果を得られる。
スカ
はずれアイテム。得点が入るのみ。
1UP
PCエンジン版のみ登場。特定の場所でのみ出現し、コンティニュー許容回数が1回増える。(裏技でその場コンテニューを使えるようにしていた場合、1UP取得と同時に裏技の効果がなくなる)

アクションステージでの操作[編集]

レバーを左右に入力することにより横方向へ移動。同じ方向へ入れっぱなしにすることにより走り出す。下方向に入れるとしゃがむ。左トリガーで攻撃、右トリガーでジャンプを行う。それぞれボタンを叩く強さにより射程・飛距離が変化する。

ベラボーパンチ
直立状態および小ジャンプ中の攻撃。
ベラボーキック
直立状態でレバーを上に入れての攻撃。斜め頭上へキックを繰り出す。大ジャンプ中に攻撃ボタンを押すと真横にキックする。
ベラボーヘッドバット
しゃがみ状態での攻撃。四足でしゃがんだ状態から首を伸ばして頭突きする。
ベラボーハイハイ
しゃがみ状態のまま左右へ移動。このアクションを使わないと通れない箇所もある。
ジャドーハイジャンプ
ベラボージャンプ(大ジャンプ)の上昇中に攻撃を連打すると通常の大ジャンプよりも遙かに高い場所までジャンプすることができる。低い位置から連打を始めれば到達点はより高くなる。これを使わないと到達することの出来ない地形も存在するが、この操作をしなくてもゲームクリアへの支障は無い。ジャンプの下降中には攻撃を連打したりレバーを下方向に入れたりすることで着地のタイミングを調節できる。

シューティングステージ[編集]

ベラボーマンが海に落下してからスタートする。海底が舞台。海底や岩にぶつかってもペナルティはないが、画面端と岩に挟まれるとダメージを受ける。ステージの最後にはやはりボスがいて、それを倒とステージクリア。敵は福引き券をもっておらず、パワーアップの要素がない。体力回復アイテムは出現する。旧バージョンではウ号を撃ち続けていると永久パターンになったため、新バージョンでは修正された。

シューティングステージでの操作
レバーにより任意の方向へ移動。左トリガーで正面への射撃、右トリガーで下方向へ弧を描く弾を発射する。

ステージ[編集]

  • 忍者屋敷
  • 爆田博士の秘密基地

バグなど[編集]

  • ブラックベラボーマンは、すぐ横にベラボーマンがいると攻撃してこない。
  • ステージクリア時の福引男に話し掛けた後、スクロールが止まるまで左に動いて福引男を画面外に出してしまうと、クリアできなくなる。ただし、ウ号は出現する。
  • 一般的なスイッチ(トリガー)を使用した場合、スイッチを弱く押しても、ベラボースイッチを強く叩いた状態と同じ状態の攻撃やジャンプになる。
  • ベラボースイッチは故障すると換えが利かないため、予備のスイッチが無い基板所有者やロケーションでは上記の一般的なスイッチにするしか手段がなかった。これを解消するために月刊アルカディアにて代用ベラボースイッチの作り方の記事が掲載されたことがある。

移植版[編集]

PCエンジン版
1990年7月13日発売。
面構成やゲームバランスが大幅に再調整されたリニューアル版とも言える内容で、アーケード版よりも難易度が低くなり、家庭用向けにより遊びやすい仕上がりとなっている。アーケード版の売りの1つであったベラボースイッチは搭載されず、ボタンを押す長さで強弱を調節する仕様に変更された。
日本国外出荷のTurboGrafx-16では、『Bravoman(ブラボーマン)』という名称で発売された。
主な変更箇所
  • ステージ数が全24面に再構成されアーケード版から大幅に変更されている。また、1面での操作説明なども削除された。
  • 音声合成のボイスの数がアーケード版より減少した。
  • ゲーム中の吹き出しによるセリフはオリジナルのものに差し替え。
  • 各ステージのボス戦前に吹き出しによるセリフが追加された。
  • ブラックベラボーマンの水中形態ブラックシーベラボーが登場する。
  • 一部背景の書き換えられている。
  • ボス戦用のBGMが追加された。
  • コンティニュー時はステージの最初に戻される仕様になった。裏技でその場での復活も可。
  • コンティニュー回数増加アイテムの1UPが追加された。
  • 裏技のおまけモードとして、爆田博士を除く各ステージのボスと連続で戦える「禁じられた遊び」モードの追加。
バーチャルコンソール
2007年5月22日よりWiiバーチャルコンソールにて上記のPCエンジン版が配信されている(要600Wiiポイント)。
バーチャルコンソールアーケード
2009年10月6日よりWiiのバーチャルコンソールアーケードにてアーケード版を配信開始(要800Wiiポイント)。グラフィックや面構成などアーケード版に準拠した家庭用への移植はこれが初となる。
主な変更箇所
  • 操作方法の時、移動の説明のレバーが十字キーに差し替え。
  • 一部背景の書き換え(タバコ屋の看板など実在の商標の看板)。
  • コントローラーの種類により操作系統を選択できる。
  • wiiリモコン=PCエンジン版と同様にボタンを押す長さでアクションの強弱を調整。
  • クラシックコントローラー=アクションの強弱を、攻撃・ジャンプごとに、大中小3段階を計6ボタンに割り振って操作する。ボタンの配置換えは不可。
Let's!TVプレイCLASSIC
バンダイが2006年発売していたTV用玩具『Let's!TVプレイCLASSIC』シリーズの『ナムコノスタルジア3』編に本作のアーケード版とアレンジ版の収録が予定されていたが、メーカーの都合により発売中止となった。
BRAVOMAN®: BINJA BASH!
スマートフォン&タブレット用アプリ版。英語版先行配信で日本語版は2013年10月4日より配信。

テーマソング[編集]

ベラボーマン
歌 - 梅津秀行 / 作曲 - 中潟憲雄 / 作詞 - 源平プロ / 編曲 - 米光亮

サウンドトラック[編集]

ナムコベストヒットパレード
ナムコゲームのBGMのボーカルアレンジ曲を抜粋したベストアルバム。テーマソングが収録。
ナムコ ビデオゲームグラフィティVOL.4
ナムコゲーム楽曲のアレンジアルバム。テーマソングと声の出演者によるドラマパート、ゲーム中のボスの音声入りの原曲メドレーの3部構成。
ナムコ グラフィティコレクション ベスト10
「ナムコ グラフィティ」シリーズからのベストアルバム。各ゲームのオリジナル音源とアレンジトラックを収録。テーマソングとオリジナルBGMが収録されている。

ShiftyLook企画[編集]

米国のバンダイナムコゲームファンサイト『ShiftyLook』の1コーナーで、本作のwebコミック版が連載されている。キャラクター名は日本国外版『BravoMan』に準拠しており、キャラクターデザインも本家と微妙に変わっているが、同ホームページの日本語訳版では、日本語名に修正されている。

Webアニメ[編集]

『BRAVOMAN』

全編英語で公式サイトでは日本語字幕はつく。アニメ版マッピーにもクロスオーバー出演している。

登場キャラ
  • ベラボーマン
  • アルファーマン
  • 爆田博士
  • わや姫
  • ブラックベラボーマン
  • アタックボンバーV9
  • 福引き男
  • ベラボーウーマン
  • マッピー(アニメ版からのゲスト出演)
  • アルファーパパ&アルファーママ
  • パックマン&モンスター(ゲスト出演)
  • クロノア(ゲスト出演)
  • 塊魂の王子(ゲスト出演)
  • ヘビメタ忍者
  • ワンダーモモ(アニメ版からのゲスト出演)
  • グルーダー(アニメ版からのゲスト出演)
  • ワルデモン(アニメ版からのゲスト出演)
各話リスト
話数 サブタイトル 英題 脚本 コンテ 配信日
第1話 ベラボーマン誕生! The Beginning and End of Bravoman Jim Zub Micro Chen
Kyle Wilson
2013年5月20日
第2話 とっても危険なおてんば姫 Perky Princess of Pointy Peril Matt Moylan 2013年5月27日
第3話 呪われたソファー Couch of Doom 2013年6月3日
第4話 暗黒のストーカー Watching From the Shadows Jim Zub 2013年6月10日
第5話 ボス戦 Boss Bash 2013年6月17日
第6話 月の裏からやってきたレーザーミイラ Laser Mummies From Beyond the Moon Matt Moylan 2013年6月24日
第7話 ベラボーウーマン誕生の秘密 The Secret Origin of Bravo Woman 2013年12月18日
第8話 クリスマス・スペシャル Generic Winter Holiday Special 2013年12月25日
第9話 悪の秘密結社 The Secret Society of Antagonists 2014年1月15日
第10話 ヘビメタ大乱闘 Heavy Meta Mayhem 2014年1月22日
第11話 ベラボー×モモ(第2話/全3話) Bravo x Momo (Part 2 of 3) 2014年1月29日

脚注[編集]

  1. ^ の成分元素“Ag”によってもたらされる変身パワー。100円玉に反応し、耐熱、耐水、耐衝撃性に優れた無敵の保護膜を作り出す物質で、中村の外皮となる。

関連作品[編集]

参考資料[編集]

  • 月刊ゲーメスト1988年6月号P42 - 44「ベラボーマンにベラボーな質問84&ベラボーマンスタッフのベラボーな解答84」(新声社

外部リンク[編集]