キング&バルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キング&バルーン
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 ナムコ開発部
発売元 日本 ナムコ
アメリカ合衆国 GamePlan
デザイナー 澤野和則
横山茂
プログラマー 深谷正一
音楽 大野木宣幸
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(22.03キロバイト
稼働時期 日本 1980101980年10月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
システム基板 ギャラクシアン基板
CPU Z80 (@ 3.072 MHz)
サウンド Z80 (@ 2.5 MHz)
ディスクリート
DAC
RCフィルター
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.61Hz
パレット98色
テンプレートを表示

キング&バルーン』(KING & BALLOON) は、1980年10月に日本のナムコから稼働されたアーケードゲーム固定画面シューティングゲーム。北米ではGamePlanから稼働された。

基本的な内容は同社の『ギャラクシアン』(1979年)を基準としており、自機である砲台を操作して王様を連れ去りにくる気球を打ち落とす事を目的としている。『ギャラクシアン』とは異なり、敵を打ち落とす事だけが目的ではなく王様が連れ去られるとミスとなる事を特徴としている。また、音声合成が初めて使用されたアーケードゲームである[1]

開発はナムコ開発部が行い、企画は『ギャラクシアン』を手掛けた澤野和則と『キューティーQ』(1979年)を手掛けた横山茂が担当、プログラムは『ボムビー』(1979年)を手掛けた深谷正一が担当、音楽は後に『ギャラガ』(1981年)を手掛けた大野木宣幸が担当している。

1984年MSXに移植された他、2006年には携帯電話ゲームとして配信された。アーケード版はPlayStation用ソフト『ナムコミュージアム アンコール』(1997年)に収録された他、PlayStation Portable用ソフト『ナムコミュージアム VOL.2』(2006年)、Xbox 360用ソフト『ナムコミュージアム バーチャルアーケード』(2008年)に収録された。

ゲーム内容[編集]

プレイヤーは城の上に設置された砲台を2方向レバーとショットボタンで操作し、上空で待機しているバルーンを破壊していく。画面内のバルーンを全て撃ち落とせばラウンドクリアとなる。

バルーンは一面につき42機出現し、上空で待機して数機ずつ攻撃をしてくる。バルーンから発射される弾に当たるか、バルーンの体当たりで砲台は破壊されるが、破壊された砲台は数秒後復活する。砲台が破壊されることによるペナルティはこの無防備時間以外に存在しない。

『ギャラクシアン』との最大の違いはタイトルにもなっている「キング」の存在である。キングは自機である砲台の下をランダムで左右に動いている。バルーンを砲台の下に逃した場合、『ギャラクシアン』とは異なりキングの移動している段にしばらく留まる。その時にキングがバルーンに触れると、バルーンはキングを連れて飛んでいく。そのバルーンを打ち落とすことができればキングは傘をパラシュート代わりにして降りてくる(降りてくるキングにバルーンが接触しても連れ去られる)[要出典]。キングが画面外に連れ去られてしまうと1ミス。キングをすべて失うとゲームオーバー。得点が一定値に達するとキングが1UPする。

当時としては珍しく、自機は何度やられても構わないが、その代わりに勝手に移動するキングを守るという風変わりなゲームである。その為であろうが、バルーンの軌道はギャラクシアン等に比べてトリッキーな軌道を取ることが多い。

バルーンの色は4色あり、色によって撃ち落としたときの得点が異なる。また、攻撃時のバルーンを倒すと編隊時の2倍、キングを連れているバルーンを倒すと編隊時の3倍の得点が得られる。さらに、色の違う3つのバルーンが合体し巨大なバルーンとなることがあり、これに弾を3発当てて撃ち落とせば高得点が得られる。

当時では珍しい音声合成を搭載したゲームとしても知られている。しゃべる言葉はすべてキングの台詞で、連れ去られている途中の「HELP! HELP!」、キングを救出したときの「THANK YOU!」、ミス時の「BYE BYE!」の三つ。なお、国内版と海外版では声が異なる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 キング&バルーン 日本 198402281984年2月28日
MSX ナムコ ナムコ ロムカセット 05
2 ナムコミュージアム アンコール 日本 199710301997年10月30日
PlayStation ナムコ ナムコ CD-ROM SLPS-01050 アーケード版の移植
3 ナムコミュージアム アンコール
PlayStation the Best
日本 199910281999年10月28日
PlayStation ナムコ ナムコ CD-ROM SLPS-91163 アーケード版の移植、廉価版
4 ナムコミュージアム VOL.2 日本 200602232006年2月23日
PlayStation Portable ナムコ ナムコ UMD ULJS-00047 アーケード版の移植
5 キング&バルーン 日本 2006年4月1日[2][3]
iアプリ バンナム バンナム ダウンロード
(アプリキャロットナムコ)
- オリジナルモード、アレンジモードを収録
6 キング&バルーン 日本 2006年11月1日[4][5]
Yahoo!ケータイ
S!アプリ
バンナム バンナム ダウンロード
(ナムコ・ゲームス)
- オリジナルモード、アレンジモードを収録
7 キング&バルーン 日本 2008年1月31日[6][7]
BREW対応機種
EZアプリ
バンナム バンナム ダウンロード
(ナムコEZゲームス)
- オリジナルモード、アレンジモードを収録
8 ナムコミュージアム バーチャルアーケード アメリカ合衆国 200811042008年11月4日
ヨーロッパ 200905152009年5月15日
オーストラリア 200906032009年6月3日
日本 200911052009年11月5日
Xbox 360 バンナム バンナム DVD-ROM 日本 2RD-00001
アーケード版の移植
9 日本 ナムコミュージアム Vol.2
アメリカ合衆国 Namco Museum Battle Collection
ヨーロッパ Namco Museum Battle Collection
アメリカ合衆国 200508232005年8月23日
ヨーロッパ 200512092005年12月9日
日本 200602232006年2月23日
PlayStation Portable ゴッチテクノロジー
トーセ
ナムコ UMD 日本 ULJS-00047
アメリカ合衆国 ULUS-10035
ヨーロッパ UCES-00116
アーケード版の移植
10 Namco Museum Megamix アメリカ合衆国 201011262010年11月26日
Wii トーセ ナムコ Wii用光ディスク -
11 ナムコミュージアム アンコール 日本 201312182013年12月18日
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
バンナム バンナム ダウンロード
(ゲームアーカイブス)
- アーケード版の移植
MSX
1984年、ナムコットゲームセンターシリーズの第5弾として発売。『ギャラガ』のボーナスステージをアレンジしたボーナスラウンドが追加されている。ボーナスラウンドは初登場が2ラウンドクリア後に、以降3ラウンドおきに登場する。また、1990年3月9日フロッピーディスクで発売されたMSX用オムニバスソフト『ディスクNG 1』にも、このMSX版が収録されている。『ラリーX』(1980年)と『ボスコニアン』(1981年)の2作品は、ファミリーコンピュータで発売する予定になっていたが、分割スクロールを実現するのに手間取り、実現可能になった頃には販売時機を逸してしまったためお蔵入りとなった。ただし、本作だけはファミリーコンピュータで発売する予定は一切なく、あえてMSX版のみとなった。
携帯電話アプリ版
グラフィック等を強化したアレンジバージョンも用意されている。

スタッフ[編集]

アーケード版
MSX版
  • プログラム:大森田不可止

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ビデオゲーム フルリスト」『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社、1991年7月1日、 175 - 216頁、 ASIN B00BHEECW0
  2. ^ iモードで「イシターの復活」「雷電III」など配信” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2006年3月31日). 2019年12月8日閲覧。
  3. ^ 関口聖 (2006年3月31日). “バンダイナムコ、iモード向けに「イシターの復活」など” (日本語). ケータイ Watch. インプレス. 2019年12月8日閲覧。
  4. ^ 懐かしの業務用ゲーム『キング&バルーン』、『ワープ&ワープ』をYahho!ケータイで” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2006年10月30日). 2019年12月8日閲覧。
  5. ^ S!アプリゲーム「ワープ&ワープ」「キング&バルーン」を配信” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2006年10月30日). 2019年12月8日閲覧。
  6. ^ シューティングゲーム「キング&バルーン」がケータイ向けに移植” (日本語). ITmedia Moblie. アイティメディア (2008年1月29日). 2019年12月8日閲覧。
  7. ^ 階堂綾野 (2008年1月29日). “NBGI、auで『キング&バルーン』の配信を開始” (日本語). iNSIDE. イード. 2019年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]