国際年齢評価連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際年齢評価連合
International Age Rating Coalition
International Age Rating Coalition logo.svg
略称 IARC
種類 非政府組織(NGO)
法的地位 非営利団体
ウェブサイト www.globalratings.com
テンプレートを表示

国際年齢評価連合(こくさいねんれいひょうかれんごう、: International Age Rating Coalition、略称:IARC)とは、デジタル配信されるアプリケーション、およびゲームコンテンツのレーティングを目的として各国のレーティング機関によって設立された国際組織である[1][2]

概要[編集]

2013年のLondon Games Conferenceにおいて北アメリカのESRB、EUのPEGI、ドイツのUSK、オーストラリアのACB、ブラジルのClassInd英語版の5機関が連携した世界規模の取り組みとして発表された[3]。2014年8月にはACBにおいてIARCによる機械的な評価プロセスを受け入れる改正がなされている[4]。2017年12月には韓国のGRACがIARCに加盟した。

IARCは開発者のレーティング取得プロセスを簡素化するための独自のIARC評価プロセスを導入しており、これはコンテンツに含まれる要素をアンケート形式で回答し、それを機械的に各国の評価基準と照らし合わせることでレーティングを算出するものである[1]。同団体はこのプロセスにより、しばしば越境行為のなされるデジタル配信におけるレーティングの負担が軽減されるとしている[5]

2022年5月現在、Google PlayMicrosoft StoreニンテンドーeショップPlayStation StoreなどがIARCを採用している[6]

日本についてはMicrosoftがIARCを取得すれば「18+」でも販売可能なのに対し、任天堂[7]やSIEは「18+」に区分されたゲームはCEROのレーティングを取得するよう求めているため、事実上販売が不可能となっている[8]

レイティング表示[編集]

アイコン レイティング区分 解説
IARC 3+.svg 3+ 3歳以上のみを対象としたテレビゲームやソフトウェアのコンテンツ。
CEROのCEROA(全年齢対象)CERO教育・データベースに相当する。
IARC 7+.svg 7+ 7歳以上のみを対象としたテレビゲームやソフトウェアのコンテンツ。
CEROのCEROA(全年齢対象)CEROB(12才以上対象)(またはその中間)に相当する。
IARC 12+.svg 12+ 12歳以上のみを対象としたテレビゲームやソフトウェアのコンテンツ。
CEROのCEROB(12才以上対象)に相当する。
IARC 16+.svg 16+ 16歳以上のみを対象としたテレビゲームやソフトウェアのコンテンツ。
CEROのCEROC(15才以上対象)CEROD(17才以上対象)に相当する。
IARC 18+.svg 18+ 18歳以上のみを対象としたテレビゲームやソフトウェアのコンテンツ。
CEROのCEROD(17才以上対象)CEROZ(18才以上のみ対象)に相当する。
日本ではニンテンドーeShop、PlayStation Storeでの販売は認められていない。

ニンテンドーeshop(Nintendo Switchのダウンロードソフト)で、レイティングが「7+」以上に区分される場合、レイティングの根拠となった表現(コンテンツディスクリプター)が併記される[9]。以下にその一例を挙げる。

  • 性的表現
    • 性的ほのめかし
  • 暴力表現
    • 暴力の暗示
    • 軽い暴力
    • 激しい暴力
  • 恐怖
    • 恐怖を引き起こすコンテンツ
  • 言葉
    • 激しい言葉づかい
  • その他

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b About the International Age Rating Coalition” (英語). IARC. 2020年10月30日閲覧。
  2. ^ Mark Serrels (2014年3月20日). “The Government Is In The Process Of Changing How We Classify Games” (英語). Kotaku. 2020年10月30日閲覧。
  3. ^ Brendan Griffiths (2013年11月24日). “New International Age Ratings System Launching Worldwide Next Year”. Dealspawn.com. 2018年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月30日閲覧。
  4. ^ Luke Reilly (2014年9月1日). “Getting Digitally-Distributed Games Classified in Australia to Be Cost-Free” (英語). IGN. 2020年10月30日閲覧。
  5. ^ James Pinnell (2014年3月27日). “The IARC explained, and why you should care: How streamlining classification will change the culture of games censorship”. games.on.net. 2014年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月30日閲覧。
  6. ^ About the International Age Rating Coalition | IARC”. www.globalratings.com. 2022年7月21日閲覧。
  7. ^ SFホラー『The Callisto Protocol』日本発売中止へ。CEROのレーティングを通過できなかったため”. Automaton (2022年10月27日). 2022年10月27日閲覧。
  8. ^ 国内PlayStation Storeがついに「IARCレーティング」に対応。一部を除き、 CEROの審査なしでリリース可能に”. Automaton (2022年3月10日). 2022年10月27日閲覧。
  9. ^ ゲームソフトのレーティングマークを確認する任天堂

外部リンク[編集]