CEROレーティング18才以上のみ対象ソフトの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「18才以上のみ対象」指定ソフトに表示されるアイコン。

CEROレーティング18才以上のみ対象ソフトの一覧(セロレーティング18さいいじょうのみたいしょうのソフトいちらん)は、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)によるレーティングで「18才以上のみ対象とする表現内容が含まれていること」を表示し、「18才未満の方には販売しておりません」旨が記載されたゲームソフトの一覧である。「CEROZ(18才以上のみ対象)」に指定されたソフトの第1号はXbox 360用「デッドライジング」(発売元:カプコン、2006年9月28日発売)。

概要[編集]

2006年2月以前の旧区分で「18才以上対象」とされたゲームソフトは再審査で「CEROZ(18才以上のみ対象)」(帯色=赤)と「CEROD(17才以上対象)」(帯色=橙)(購入の規制がなされないレーティングの限度)の2段階に変更し直されることになった。

主に、過度に残虐な悪印象を与える殺傷・暴力犯罪出血などの表現を含むソフトが規制の対象となり(そのため、「Z」区分ソフトのコンテンツアイコンは「暴力、犯罪」またはいずれか一方のみしか割り当てられていない)、当時の神奈川県知事松沢成文が『グランド・セフト・オートIII』および全シリーズ有害図書へ指定したことを機に、全国の青少年保護育成条例においても「CEROZ(18才以上のみ対象)」に区分されるソフトを全て有害図書へ指定し、規制を強化する動きが広まるようになった。

なお、「CERO倫理規定・第7条 禁止表現」および「別表3」により、性行為排泄性器の表現を用いることは禁止されているため、性的な描写(半裸・下着や肌の露出など)を含むことで「Z」区分に指定されているソフトは発売されていない(きわどい性的描写を含むため、「(旧)18才以上対象」に指定されたソフトは全て「CEROD(17才以上対象)」へと引き下げられている)。また、Z指定の作品の多くが、いわゆる洋ゲーといわれる海外で開発された作品である(「日本で製作された作品は全体の1割にも満たない」[1]と2010年当時はされていたが、2010年代後半より日本製作のZ指定作品が増加している)。

(旧)18才以上対象から「Z」区分に変更されたソフトには、「暴力」または「犯罪」以外のコンテンツアイコンが表記されたソフトも含まれているため、(旧)18才以上対象から「Z」区分に変更されたソフトは全てコンテンツアイコンが「不明」に変更されている。

以下においては旧基準からの移行についてはその旨を表記する。

独自規制の影響について[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

「Z」区分になるとメーカーのイメージダウンを招く恐れがあることや、一部の量販店で「Z」区分ソフトの販売を拒否される場合もあるため、販売面で不利になる。そのため、ゲーム機メーカーにより「Z」に区分されるソフトの発売に対して厳に規制を課す場合もあれば、あまり規制されない場合もある。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE、旧称・SCE)はCEROの審査の上にいわゆる「ソニーチェック」も被せているため、「Z」区分であっても他機種で可能だった表現が修正されていたり、ダークセクターNO MORE HEROS 英雄たちの楽園のように、SCE製ハード版ではわざとレーティングを「D」区分に落として発売するケースがある。2018年より規制が一層厳しくなり、他機種版や自社ゲーム機の旧版と比べて表現を大幅に変更せざるを得なかったソフトも存在する(『ノラと皇女と野良猫ハート HD[2]、『ネコぱらVol.1 ソレイユ開店しました![3]など)。

対して、任天堂製のハードではCERO以上の独自規制がないため、SIE以上の表現の許容度を持っている(上記の両作及び『Killer7』など)。但し、Wii(2010年2月発売の『マッドワールド』以降)・Wii Uニンテンドー3DS用ゲームソフトのパッケージ版に於いて、レーティングが「CEROC(15才以上対象)」以上のものは黒基調のパッケージを採用する。

なお、5pb.(現:MAGES.)社長の志倉千代丸はトークイベントの中で「表現の幅はPCの次にXbox 360」と述べており、一部の作品はSCE製ハードでは展開しない方針を採っていることを明らかにしている[4]。但し、マイクロソフトの思惑により性的な表現を抑えられたゲームソフトも存在する(『ぎゃる☆がん』など)。

また、ニンテンドーeショップなどのダウンロード版のゲームストアでは18歳以上のみ対象のゲームはダウンロード版は販売せずパッケージ版のみの販売となっている事が多い。

任天堂 ハード[編集]

ニンテンドー3DSゲームボーイアドバンスには該当ソフトが存在しない。

Nintendo Switch[編集]

ニンテンドーeショップ配信タイトル

Wii U[編集]

Wii[編集]

ニンテンドーDS[編集]

DSiウェア配信ソフトには該当ソフトが存在しない。

新規に「CEROZ(18才以上のみ対象)」へ指定されたソフト

ニンテンドーゲームキューブ[編集]

「18才以上対象」から変更されたソフト
  • killer7(コンテンツアイコン:「不明(「セクシャル」から変更)」)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント ハード[編集]

PlayStation 5[編集]

CEROD(17才以上対象)版と併売。
  • マンイーター(コンテンツアイコン:「暴力」)
  • ワーウルフ:ジ・アポカリプス

PlayStation 4[編集]

CEROD(17才以上対象)版を購入後、DLCにてCEROZ(18才以上のみ対象)がプレイ可能になる。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
PsSTORE配信ソフト
  • リディーマー僧侶の怒り(コンテンツアイコン:「暴力」)
  • デストロイオールヒューマンズ!(コンテンツアイコン:「暴力」)
  • デスペラードスIII(コンテンツアイコン:「暴力、犯罪」)
  • Mortal shell(コンテンツアイコン:「暴力」)
  • キングダムズ・オブ・アマラー:リレコニング

PlayStation Vita[編集]

PlayStation 3[編集]

CEROD(17才以上対象)版を購入後、DLCにてCEROZ(18才以上のみ対象)がプレイ可能になる。

PlayStation Portable[編集]

新規に「CEROZ(18才以上のみ対象)」へ指定されたソフト

PlayStation 2[編集]

「18才以上対象」から変更されたソフト
新規に「CEROZ(18才以上のみ対象)」へ指定されたソフト

PlayStation[編集]

マイクロソフト ハード[編集]

Xbox One[編集]

CEROD(17才以上対象)版を購入後、DLCにてCEROZ(18才以上のみ対象)がプレイ可能になる。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。
CEROD(17才以上対象)版と併売。

Xbox 360[編集]

新規に「CEROZ(18才以上のみ対象)」へ指定されたソフト
CEROD(17才以上対象)版を購入後、DLCにてCEROZ(18才以上のみ対象)がプレイ可能になる。

Xbox Live Arcade 配信ソフト[編集]

  • デッドライジング2 CASE:0(コンテンツアイコン:「暴力、犯罪」)
  • デッドライジング2 CASE:WEST(コンテンツアイコン:「暴力、犯罪」)
  • パーフェクトダーク(コンテンツアイコン:「暴力」)
  • デューク ニューケム3D (コンテンツアイコン:「暴力」)
  • Retro City Rampage (コンテンツアイコン:「暴力、犯罪」)

Xbox[編集]

「18才以上対象」から変更されたソフト

セガ ハード[編集]

セガサターンドリームキャスト共に該当ソフトが存在しない。ドリームキャストでは、過去に「18才以上対象」として発売されたソフトもあったが、全て「CEROD(17才以上対象)」へ変更されている。

セガサターン用ソフトにおいて、性的な描写や暴力表現を含めたゲームで「X指定」および「年齢制限(推奨年齢18才以上)」とされたソフトも発売されたことがあったが、CEROが設立される前に設けられた独自のレーティングであり、本体およびソフトの製造が中止されたため審査されていない。

「X指定」の例
「推奨年齢18才以上推奨」の例

パソコンゲーム[編集]

新規に「CEROZ(18才以上のみ対象)」へ指定されたソフト

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]