ときた洸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ときた 洸一(ときた こういち、1961年昭和36年)4月11日 - )は日本漫画家イラストレーター千葉県千葉市出身。

代表作の『機動武闘伝Gガンダム』など『ガンダムシリーズ』のコミカライズを多数手がける。

経歴[編集]

漫画家として活動する前は、ガンプラをはじめとしたバンダイのプラモデルのパッケージのレイアウトや、ナムコファミコンソフトなどのパッケージイラストを手がけていた。また、安井尚志の下で、安井がクラフト団名義で原作を担当していたやまと虹一の漫画『プラモ狂四郎』、『超戦士ガンダム野郎』、『SD武者ガンダム風雲録』などの登場メカのデザインも行っていた。

漫画家としては2002年頃まで『コミックボンボン』など講談社の雑誌を中心に活動していたが、近年では角川書店の『ガンダムエース』にて執筆活動を行っている。

一部のファンからはオーディオマニアとしても知られており、自身のブログ「ときた洸一のムダ話blog」で時々オーディオ関係にまつわるネタが取り上げられることがある。

作品リスト[編集]

コミックボンボン連載作品[編集]

ガンダムエース連載作品[編集]

その他[編集]

漫画
絵本
  • 講談社のテレビ絵本 SD戦国伝 SD武者ガンダム てんかとういつへん(安井尚志が原案、やまと虹一が構成と下書き、ときた洸一はペン入れと着色を担当)
ゲーム
図鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]