パックインタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パックインタイムは、1995年1月3日ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)より発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトである。ゲームボーイ版も発売された。

概要[編集]

それまでのパックマンの要素を取り入れつつも、パックマンシリーズ初のアクションゲームとなっている。アビラスネッターの呪文によって見知らぬ世界へと飛ばされたパックマンを元の世界に返すことが目的となっており、各ステージは「ドット」を規定数を集めて出口ドアに入ればクリアとなる。ステージは10ステージごとに「山」「森」「寺院」「村」「城」とエリアが区切られており、5ステージごとにパスワードが発行される。最終51面のボスを倒すとエンディングとなる。ライフ制を採用し、ゲームオーバーになってもコンティニューが一定回数可能である。

SFC版は即死トラップが多いのが特徴[1]

GB版はドットの代わりに時間制限があり、ライフ制もないなどSFC版とは内容が異なっている。

キャラクター[編集]

パックマン
主人公。アビラスネッターの呪文によって見知らぬ世界へと飛ばされ、その際に手足や鼻を短くされてしまった。
アビラスネッター
悪の親玉の魔女で、今までの作戦が全て失敗に終わっていたことで、パックマンの抹殺をたくらみ見知らぬ世界へと飛ばしてしまった。
ゴースト
シリーズではおなじみのキャラクターで、今回もパワーエサをとった状態で触れると倒すことができる。

アイテム[編集]

ドット
クリアするためにはすべて回収する必要があり、各ステージに一定数散らばっている。
フルーツ
ライフを回復する。
1UP
パックマンの形をしたアイテムで、残機が1つ増える。
カギ
一部の宝箱やドアを開けるのに必要となる。

魔法のリング[編集]

パックマンは魔法のリングをくぐることで、4つの能力を得られる(初期状態で持っているものもある一方、ステージによっては一部のリングが存在しない場合がある)。リングはくぐると黒くなり、そのリングを再びくぐると能力は失われる。

ロープ
使うことで上に上がったり、オブジェクトを引っ張ったりできる。緑色のリングをくぐると入手できる。
ファイヤー
敵を倒したり、物を壊したりできる。黄色のリングをくぐると入手できる。
スイム
水中を泳ぐことができるようになる。水中にいる間は能力の切り替えができない。青色のリングをくぐると入手できる。
ハンマー
床下を壊す、敵を潰す、オブジェクトを壊すなどができる。赤色のリングをくぐると入手できる。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社QBQ編 『スーパーファミコンクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。ISBN 9784865117097 p113

関連項目[編集]