クラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラックス


クラックス
KLAX
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 アーケード
開発元 アタリ
発売元 アタリ
デザイナー マーク・スティーブン・ピアス
プログラマー デヴィッド・エーカース
音楽 ブラッド・フラー
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板(768キロバイト
稼働時期 アメリカ合衆国 1990021990年2月
デバイス 8方向レバー
1ボタン
CPU MC68000 (@ 7.159 MHz)
サウンド OKI6295 (@ 894.886 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
336×240ピクセル
59.92Hz
パレット512色
テンプレートを表示

クラックス』(KLAX) は、アタリ1990年アーケードゲームとして稼働した落ち物パズルである。

ゲーム内容[編集]

ルール[編集]

画面奥からタイルがレーンの上をこちらに向かって転がってくるので、これをパドルで受け止めて、画面下のフィールド(5×5)へ落として積み上げる。フィールド内で同じ色のタイルが縦・横・斜めのいずれかに3つ以上揃える(これをクラックスと呼ぶ)とタイルは消える。これを繰り返して、ステージごとに設定されたクリア条件(パネルを特定の回数消す、斜め消しを行う、など)を満たすと次のステージに進める。タイルをパドルで3回受け損ねるとゲームオーバーとなる(ただし、後述する難易度選択によって、受け損ねる数が変化する)。

  • パドルで受け止めたタイルはフィールドへ落とさずに、しばらくパドルに乗せたままにしておくことができる。ただし、パドルに5枚タイルが乗った状態では、それ以上タイルを受け止めることができない。
  • 方向ボタンを上に押すと、パドルに乗っているタイルを上へ投げて、レーンの上に返すことができる。
  • 方向ボタンを下に押すと、押している間、タイルの転がってくる速度が速くなる。

ウェーブ構成[編集]

プレーヤーは、最初に3つの難易度より一つを選択する。難易度によって、パドルを受け損ねられる数が異なり、難易度高は5つ、難易度中は4つ、難易度低が3つとなる。

一つの難易度には、5つのステージがある。なおクラックスでは、ひとつの面をステージではなく、「ウェーブ」と呼び、ウェーブの始めにクリア条件を提示する。

  • クラックスウェーブ 3個並びのクラックスを規定数作る。
  • ダイアゴナルウェーブ 斜めのクラックスを規定数作る。
  • ホリゾンタルウェーブ 横のクラックスを規定数作る。
  • ポイントウェーブ 規定の得点をクリアする。
  • タイルウェーブ パドルに規定数のタイルを受ける。

5つのウェーブをクリアすると、さらに次の難易度を選択することができる。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 KLAX
アメリカ合衆国 1990年
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
BBC Micro
コモドール64
PC/AT互換機
ZX Spectrum
テンゲン Domark Software フロッピーディスク
カセットテープ
- -
2 KLAX
アメリカ合衆国 1990年
Atari 2600 アタリ アタリ ロムカセット - -
3 クラックス
日本 199008101990年8月10日
PCエンジン テンゲン テンゲン 2メガビットHuCARD[1] 日本 TG90001
アメリカ合衆国 TTGX20001
-
4 クラックス
日本 199009071990年9月7日
メガドライブ ナムコ ナムコ 2メガビットロムカセット[2] T-14063 -
5 KLAX
アメリカ合衆国 1990年
Atari Lynx アタリ アタリ ロムカセット PA2031 -
6 KLAX
ヨーロッパ 1990年
MSX Erbe Software Erbe Software ロムカセット - -
7 クラックス
日本 199012141990年12月14日
ファミリーコンピュータ
ゲームボーイ
PC-8801
PC-9801
X68000
ハドソン ハドソン FC:2メガビットロムカセット[3]
GB:ロムカセット
PC:フロッピーディスク
FC:HFC-V6
GB:DMG-KLA
-
8 KLAX
アメリカ合衆国 1991年
ヨーロッパ 1991111991年11月
アメリカ合衆国 セガ・ジェネシス
ヨーロッパ メガドライブ
アタリ テンゲン 2メガビットロムカセット アメリカ合衆国 301040-0150
ヨーロッパ 301040-0170
-
9 KLAX
ヨーロッパ 1991111991年11月
セガ・マスターシステム アタリ テンゲン 1メガビットロムカセット 301040-0160 -
10 KLAX
アメリカ合衆国 1992年
ヨーロッパ 1992101992年10月
ゲームギア アタリ テンゲン 1メガビットロムカセット アメリカ合衆国 301040-0161
ヨーロッパ T-48048-50
-
11 KLAX
アメリカ合衆国 1992年
Atari 7800 アタリ アタリ ロムカセット CX7888 -
12 KLAX
アメリカ合衆国 1999041999年4月
ヨーロッパ 1999041999年4月
ゲームボーイカラー テンゲン ミッドウェイゲームズ ロムカセット アメリカ合衆国 CGB-ALXE-USA
ヨーロッパ CGB-ALXP-EUR
-
13 アメリカ合衆国 Midway Arcade Treasures
日本 ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ

アメリカ合衆国 200311182003年11月18日
日本 200609212006年9月21日
PlayStation 2 Digital Eclipse アメリカ合衆国 ミッドウェイゲームズ
日本 サクセス
DVD-ROM - -
アーケード版の移植
14 Midway Arcade Treasures
アメリカ合衆国 200311242003年11月24日
Xbox Digital Eclipse ミッドウェイゲームズ DVD-ROM - -
アーケード版の移植
15 Midway Arcade Treasures
アメリカ合衆国 200312182003年12月18日
ゲームキューブ Digital Eclipse ミッドウェイゲームズ DVD-ROM - -
アーケード版の移植
16 Midway Arcade Treasures
アメリカ合衆国 200408272004年8月27日
Windows Backbone Entertainment ZOO Digital Publishing DVD-ROM - -
アーケード版の移植

スタッフ[編集]

  • デザイナー、アニメーター、プロジェクトリーダー:マーク・スティーブン・ピアス
  • ソフトウェア・デザイン、プログラミング:デヴィッド・エーカース
  • ハードウェア・デザイン、インプリメンテーション:パトリック・マッカーシー、ティム・ハバースティー
  • システム・ソフトウェア:ジョン・サーウィッツ
  • オーディオ:ブラッド・フラー
  • テクニシャン:ファロック・コダダディ
  • マーケティング・マネージャー:ジェリー・モモダ
  • チーム・スーパーバイザー:ジョン・レイ

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 30/40点 (PCE)[4]
(シルバー殿堂)
25/40点 (MD)[5]
27/40点 (FC)[6]
20/40点 (GB)[7]
月刊PCエンジン 83/100点 (PCE)
PC Engine FAN 21.75/30点 (PCE)[1]
(総合184位)
メガドライブFAN 16.97/30点 (MD)[2]
ファミリーコンピュータMagazine 18.1/30点 (FC)[8]
17.9/30点 (GB)[9]
PCエンジン版

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは合計30点(満40点)でシルバー殿堂を獲得[4]、「月刊PCエンジン」では80・85・80・85・85の平均83点、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.75点(満30点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で184位(485本中、1993年時点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.17 3.51 3.81 3.88 3.60 3.77 21.75
メガドライブ版

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは合計25点(満40点)[5]、「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.97点(満30点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.57 2.45 2.93 3.24 2.71 3.07 16.97
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計27点(満40点)[6]、「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.1点(満30点)となっている[8]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.0 3.2 2.9 3.0 3.1 3.0 18.1
ゲームボーイ版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計20点(満40点)[7]、「ファミリーコンピュータMagazine」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.9点(30点満点)となっている[9]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.8 2.8 3.1 3.2 3.3 2.8 17.9

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 132頁。
  2. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 95頁。
  3. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 321頁。
  4. ^ a b KLAX まとめ [PCエンジン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月19日閲覧。
  5. ^ a b クラックス まとめ [メガドライブ] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月19日閲覧。
  6. ^ a b クラックス まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月19日閲覧。
  7. ^ a b KLAX(クラックス) まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年7月19日閲覧。
  8. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店 / インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 45頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  9. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店 / インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 472頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]