PC Engine FAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PC Engine FAN』(ピーシーエンジンファン)は、徳間書店インターメディア1988年から1996年まで発行していたゲーム雑誌日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)の家庭用ゲーム機であるPCエンジンPC-FXの専門情報誌としては最後まで残った雑誌である。

沿革[編集]

創刊は『月刊PCエンジン』(小学館)や『マル勝PCエンジン』(角川書店)より1ヶ月早く、1988年10月30日。『ファミリーコンピュータMagazine』のコーナーから独立する形での創刊だった。なお、雑誌名の「~FAN」は『MSX・FAN』と共通であり、後に創刊する『メガドライブFAN』にも受け継がれている。なお、読者の間では「Pファン」という略称で呼ばれていたが、編集部公認ではなかったらしく誌面では用いられていない。

表紙は創刊号から全て高田明美が手がけた。当初の表紙イラストはゲームを題材にしていたが、1993年以降はオリジナルキャラクターの愛(まな)が「看板娘」になった。

1994年1月に『月刊PCエンジン』と『マル勝PCエンジン』が同時に廃刊し、『電撃PCエンジン』との2誌体制が続いたが、1996年に『電撃PCエンジン』がギャルゲー総合誌『電撃G'sエンジン』(現・電撃G's magazine)へ転換。いわゆる「次世代機戦争」で敗北が確定していたNEC-HE系ハードのみの情報での誌面制作は著しく困難な状況になっていたが、既に徳間書店インターメディアからは同じ路線の増刊『Virtual IDOL』が出ているためにそれに続くわけには行かず、本誌では『MSX・FAN』と同様にPCエンジン用のデベロッパー公開による自作ゲームのサポートに活路を見出そうとする。しかし、それもうまく行かず、1996年10月号で休刊した。

それ以後は、1997年『Super PC Engine FAN DELUXE』と言うタイトルで、ムック2冊が刊行された。

表紙のキャラクター「愛(まな)」について[編集]

上述のとおり1993年より表紙に登場。当初は名前が無く、この名前も読者公募により決まったものである。本誌の末期にはこのキャラクターの「声」を決めようという企画が展開され、1996年5月号での読者からの募集の結果、根谷美智子山崎和佳奈矢島晶子・野上ゆかな(現・ゆかな)・今井由香の5人の候補が決定。同年8月号の付録CD-ROMには5人の声も収録され、これを利用した読者投票により配役は山崎に決定した。1996年5月号では同時に本誌の表紙イラストを全て収めたデジタル画集の発売も発表された。タイトルはのちに『愛のMemorial file』に決定し、山崎は同作において愛の声を演じた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Angels - 高田明美公式サイト