NECアベニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NECアベニュー(エヌイーシーアベニュー、NEC Avenue Ltd.)は、かつて存在した日本電気グループのレコード会社。ビデオソフトやゲームソフトの開発・販売も行っていた。本社は東京都千代田区に置かれ、後に神奈川県川崎市高津区へ移転した。

沿革[編集]

1987年NECグループのレコード会社として設立(販売・ナガオカ日本コロムビア)。同時に、同年に発売されたPCエンジン用のゲームソフトや周辺機器の開発・販売も手がける。

初期はセガカプコンタイトーなどのアーケードゲーム移植を行い、後に「ドラゴンナイトIII」や「卒業 〜Graduation〜」などパソコン美少女ゲーム移植を手がける。オリジナル作品には「クイズアベニュー」シリーズなどが有る。だがプログラムなどの実開発作業は下請けへの外注が殆どでありメインはプロデュースやパブリッシング業である。

レコード会社としてはゲームミュージックのサウンドトラックを多く発売した。葉山宏治超兄貴 〜兄貴のすべて〜」(NACL-1088)は、後年にコロムビアミュージックエンタテインメントより「アベニューコレクション」と題して復刻された。

1995年、新会社・NECインターチャネル(現インターチャネル)にゲームソフト・周辺機器の開発事業を移管。NECアベニュー本体は「制作宣伝部」セクションのみを残してレコードのリリースを続けた後、1998年を以て全ての活動を休止した。但し、関連会社のNECアベニュー音楽出版はアイシーアベニュー音楽出版→インデックスミュージック→ティー ワイ エンタテインメントと三度の社名変更を経て現在も存続している。

保持していた音源(クラシック)については一部が2002年12月にカメラータ・トウキョウよりカメラータ・クラシック・アヴェニュとして再発された。

ビデオゲーム[編集]

在籍したクリエイター[編集]

所属していたアーティスト[編集]

関連項目[編集]