ファミリーテニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファミリーテニス
ジャンル テニス
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1 - 2人(対戦)
メディア ROMカセット
発売日 1987年12月11日
テンプレートを表示

ファミリーテニス』は1987年12月11日ナムコが発売したファミコン用テニスゲーム。2002年携帯アプリにも移植された。

概要[編集]

3頭身キャラクターで表された16人の選手が登場し、トップスピンやスライスなどの球の回転、サーブのスピード、フットワークなどに明確な設定を施した。

エキシビション/トーナメント/ワールド・ツアーの3つのモードから選択できる。エキシビションではダブルスはなく、シングルス(1対1の対戦)のみで、2人プレイ時は対戦になる。トーナメントモードでは、交互にプレイすると最大8人のトーナメント戦が行える。ワールド・ツアーは16人の選手の中から1人を選んで、6つの大会を勝ち抜いていく修行モードである。

16人のうち4人は女子選手であり、男子選手より大きなラケットを使用する。少し当たりやすく操作しやすいため、初心者向けである。

テニスコート[編集]

4種類から選択できる。コートの内容と特徴は以下の通り。

Hard(ハードコート)
屋内コートで、クセが無くバウンド等が最も平均的なコート。
LAWN(グラスコート)
芝生のコートで、バウンドすると低く飛ぶコート。
CLAY(クレイコート)
土のコートで、バウンドすると大きく減速するコート。
COSMO
宇宙空間にあるコートで、高くバウンドするコート。

大会[編集]

6つの大会から選択できる。カッコ内は由来となる実在大会名(コスモスは除く)。

Japan Open(ジャパン・オープン・テニス選手権
Australian Open(全豪オープン
French Open(全仏オープン
Winbledon(ウィンブルドン
U.S.Open(全米オープン
CosmosOpen

キャラクター[編集]

カッコ内は由来となる実在選手名。2段目に各能力を併記する。

えんどる(イワン・レンドル
サービス:A ストローク:A ボレー:C フットワーク:A
ぶんぶんに次ぐファーストサービスのスピードを誇り、強力なフォアハンドのトップスピンでエースを連発する最強の選手の一人。ボレーの弱さが唯一にして最大の弱点。
ぶんぶん(ボリス・ベッカー
サービス:A ストローク:A ボレー:A フットワーク:A
超高速のフラットサービスでノータッチのサービスエースを決めまくる。他の部門も軒並みトップクラスで名実共にNo.1プレイヤー。しかし、サービスをコートインさせるラケットスポットはごく僅かである。
えどまえ(ステファン・エドベリ
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
ぶんぶんのステータスを全て80%に抑えた実力。バランスがとれている。
にらんでる(マッツ・ビランデル
サービス:B ストローク:A ボレー:C フットワーク:B
トップスピンが武器のグランドストロークプレイヤー。強力で多彩なショットを打つ。
めしいらず(ミロスラフ・メチージュ
サービス:C ストローク:C ボレー:B フットワーク:A
屈指のフットワークであらゆるボールを拾う粘りのプレイヤー。
すこんちょ(アンリ・ルコント
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
サウスポーを武器にサーブ&ボレーを得意とする。
のあのあ(ヤニック・ノア
サービス:B ストローク:B ボレー:C フットワーク:B
回転の効いたストロークで攻めるプレイヤー。
まけろう(ジョン・マッケンロー
サービス:C ストローク:B ボレー:A フットワーク:A
スピンをきかせたサービスから鋭いボレーを武器とする、サーブ&ボレースタイルの代表的選手。
こねえず(ジミー・コナーズ
サービス:C ストローク:A ボレー:B フットワーク:B
サービスは女子選手並みのスピードだが、カミソリのような両手打ちのバックハンドを持ち、球足が伸びる芝コートで強い。
びょるぐ(ビヨン・ボルグ
サービス:B ストローク:A ボレー:C フットワーク:B
にらんでる同様、トップスピンが武器のグランドストロークプレイヤー。奇襲などが苦手。
きゃっちゅ(パット・キャッシュ
サービス:B ストローク:B ボレー:B フットワーク:B
ショットはそこそこ強力だが、左右の動きが悪くラリーよりも短期決戦に向く。
ふくたろう(福井烈
サービス:D ストローク:C ボレー:C フットワーク:C
全てが平均以下のキャラクターで16人の選手の中では最弱。オリジナルでは、唯一の日本人選手。
なぶらっち(マルチナ・ナブラチロワ[1]
サウスポーであり、ストロークとボレーが強力。女子選手中最強の能力を誇る。
えばると(クリス・エバート[1]
高いフットワークを活かしてあらゆるボールを拾う粘りのプレイヤー。めしいらずの女子版。
すてっぴい(シュテフィ・グラフ[1]
ショットはトップクラス。なぶらっちのライバルとして設定。
さぼちいに(ガブリエラ・サバティーニ[1]
女子選手中最弱の能力を持つ(ふくたろうよりは強いが)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 女子選手

関連項目[編集]