アンリ・ルコント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンリ・ルコント
Henri Leconte
Tennis pictogram.svg
Henri Leconte ATC2010.jpg
2010年
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・リレ
生年月日 (1963-07-04) 1963年7月4日(54歳)
身長 185cm
体重 79kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1980年
引退年 1996年
ツアー通算 19勝
シングルス 9勝
ダブルス 10勝
生涯通算成績 577勝410敗
シングルス 377勝269敗
ダブルス 200勝141敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト16(1985)
全仏 準優勝(1988)
全英 ベスト4(1986)
全米 ベスト8(1986)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(1990)
全仏 優勝(1984)
全英 2回戦(1985・87)
全米 準優勝(1985)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位
ダブルス 6位

アンリ・ルコントHenri Leconte, 1963年7月4日 - )は、フランスパ=ド=カレー県リレ出身の元男子プロテニス選手。1988年全仏オープンテニス男子シングルス準優勝者。左利き。バックハンドは片手打ち。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス6位。ATPツアーでシングルス9勝、ダブルス10勝を挙げた。

1980年に地元全仏オープンの男子ジュニアシングルス部門で優勝し、プロ選手に転向。1984年には同じフランスのヤニック・ノアとペアを組み、全仏オープンのダブルス優勝を果たしている。1988年全仏オープンでシングルス決勝進出を果たしたが、マッツ・ビランデルに 5-7, 2-6, 1-6 のストレートで完敗。1983年のヤニック・ノア以来となる、地元フランス人選手としての全仏オープン優勝を逃した。ルコントがこのチャンスを逃した後、フランス人の男子テニス選手で4大大会のシングルスに優勝した選手は誰もいない。全仏オープンでは2年後の1990年にも好成績があるが、この時はヨナス・スベンソンスウェーデン)に準々決勝で敗退している。男子国別対抗戦・デビスカップのフランス代表としては、生涯通算「41勝25敗」の成績を残した。

ルコントは好不調時の差が大きい選手で、好調な時は世界ランク1位の選手にも勝てるが、不調な時は世界ランク200位以下の選手に負けてしまうと言われた。実際、スーパーショットでエースを奪う反面、簡単に決められそうなボールをミスショットすることも見受けられた。

ルコントは現役生活の間に2度の手術を克服し、1993年6月にドイツ・ハーレの芝生コートの大会でキャリア最後の優勝を飾った。1996年に33歳で現役を引退し、現在はスイスジュネーヴに在住している。

外部リンク[編集]