マッツ・ビランデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マッツ・ビランデル Tennis pictogram.svg
Matswilandercropped2.jpg
マッツ・ビランデル
基本情報
ラテン文字名 Mats Wilander
フルネーム Mats Arne Olof Wilander
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・ヴェクショー
生年月日 (1964-08-22) 1964年8月22日(52歳)
身長 182cm
体重 77kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1981年
引退年 1996年
ツアー通算 40勝
シングルス 33勝
ダブルス 7勝
生涯通算成績 739勝349敗
シングルス 571勝222敗
ダブルス 168勝127敗
生涯獲得賞金 $7,976,256
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1983・84・88)
全仏 優勝(1982・85・88)
全英 ベスト8(1987-89)
全米 優勝(1988)
優勝回数 7(全豪3・全仏3・全米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1984)
全仏 ベスト4(1985)
全英 優勝(1986)
全米 準優勝(1986)
優勝回数 1(英1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1984・85・87)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1988年9月12日)
ダブルス 3位(1985年10月21日)

マッツ・ビランデル(Mats Wilander、1964年8月22日 - )は、スウェーデン・ヴェクショー出身の元男子プロテニス選手。ビョルン・ボルグステファン・エドベリと並んで、スウェーデンの男子テニス界の黄金期を築いた3強豪のひとりである。4大大会でシングルス通算「7勝」を挙げ、ダブルスでも1986年ウィンブルドンで優勝した。彼は4大大会男子シングルスで、クレーコート・芝コート・ハードコート、すべてのサーフェスを制した史上2人目の選手でもある(現在まで、ジミー・コナーズ、ビランデル、アンドレ・アガシロジャー・フェデラーラファエル・ナダルノバク・ジョコビッチの6人のみが達成した)。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルス33勝、ダブルス7勝を挙げた。右利きの選手。

選手経歴[編集]

1981年にプロ入り。1982年全仏オープンにて、17歳9ヶ月の若さで4大大会初優勝。その決勝戦ではアルゼンチンのベテラン選手、ギリェルモ・ビラスとの大熱戦を制し、大会初出場で初優勝を飾った。直後の1983年1月に先輩のビョルン・ボルグが突然の引退表明をしたため、ビランデルに対するスウェーデンのスポーツ界の期待が高まった。1983年1984年全豪オープンで大会2連覇を達成する。1985年までの全豪オープンは、「クーヨン・テニスクラブ」の芝生コートで12月の年末に開催されていた。1985年には全仏オープンで3年ぶり2度目の優勝を果たした。1986年はシングルス部門ではやや不振の年となったが、ウィンブルドンではヨアキム・ニーストロムと組んだダブルスで初優勝を飾っている。翌1987年は調子を取り戻し、全仏オープン全米オープンでは決勝に進出する。しかしどちらもイワン・レンドルに敗れてしまい、準優勝に終わった。

マッツ・ビランデルは1988年にキャリアの最盛期を迎え、ウィンブルドンを除く4大大会年間3冠を獲得した。全豪オープン決勝ではパット・キャッシュ全仏オープン決勝ではアンリ・ルコントを破り、それぞれの大会で地元選手の優勝を阻止している。ところが、最も苦手な芝生のウィンブルドンで、男子テニス界で“スウェーデン・キラー”と呼ばれてきたチェコスロバキアミロスラフ・メチージュに準々決勝で敗れ、年間グランドスラムのチャンスは消えた。4大大会年間最終戦の全米オープンでは、決勝でイワン・レンドルと「4時間55分」に及ぶ激戦を繰り広げて、悲願の大会初優勝を果たす。年間3冠獲得は1974年ジミー・コナーズ以来14年ぶりの快挙達成であった。ビランデルはこの勝利により、レンドルから世界ランキング1位のポジションを奪取した。

しかし1989年に入ると、ビランデルのテニス成績は急降下を始める。全豪オープンでは2回戦でインドラメシュ・クリシュナンに敗れ、全仏オープンでも準々決勝でソ連アンドレイ・チェスノコフに敗れ去る。年頭には1位だった世界ランキングも下降の一途をたどり、夏の終わりには5位に転落していく。そして全米オープンでは2回戦で当時18歳のピート・サンプラスに敗れ、一気に前年までの輝きを失っていった。1990年全豪オープンで準決勝に進出したものの、1988年当時の輝きはもう戻らなかった。

ビランデルは引退後、一時期マラト・サフィンのコーチを務めたこともあった。2002年国際テニス殿堂入りを果たし、現在は男子テニスのシニア・ツアーを転戦している(最初は35歳以上の現役引退選手が対象であったが、最近になってシニア・ツアー参戦の最低年齢が30歳に引き下げられた)。2003年からは、デビスカップのスウェーデン代表監督も務めている。

ビランデルと同年代に当たるステファン・エドベリ1996年に現役を引退した後は、スウェーデンテニス界は往時の輝きを取り戻せない状態になっている。

記録[編集]

グランドスラムのクレー・芝・ハードコートの大会それぞれ2回以上優勝
他にラファエル・ナダルが記録。
全豪オープン3年連続決勝進出
イワン・レンドルノバク・ジョコビッチとタイ記録。
最年少全豪オープン優勝者
17歳9ヶ月
全仏オープン初参加初優勝
他にラファエル・ナダルが記録。

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
1982年 全仏オープン アルゼンチンの旗 ギリェルモ・ビラス 1-6, 7-6, 6-0, 6-4
1983年 全豪オープン チェコの旗 イワン・レンドル 6-1, 6-4, 6-4
1984年 全豪オープン 南アフリカ共和国の旗 ケビン・カレン 6-7, 6-4, 7-6, 6-2
1985年 全仏オープン チェコの旗 イワン・レンドル 3-6, 6-4, 6-2, 6-2
1988年 全豪オープン オーストラリアの旗 パット・キャッシュ 6-3, 6-7, 3-6, 6-1, 8-6
1988年 全仏オープン フランスの旗 アンリ・ルコント 7-5, 6-2, 6-1
1988年 全米オープン チェコの旗 イワン・レンドル 6-4, 4-6, 6-3, 5-7, 6-4

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 SR W–L
全豪オープン A 1R A W W F NH A W 2R SF 4R A A 4R 1R A 3 / 10 36–7
全仏オープン A A W F SF W 3R F W QF A 2R A A 1R 2R 2R 3 / 12 47–9
ウィンブルドン A 3R 4R 3R 2R 1R 4R QF QF QF A A A A A 3R A 0 / 10 25–10
全米オープン A A 4R QF QF SF 4R F W 2R 1R A A 3R 1R 2R A 1 / 12 36–11
Win–Loss 0–0 2–2 13–2 18–3 16–3 17–3 8–3 16–3 25–1 10–4 5–2 4–2 0–0 2–1 3–3 4–4 1–1 7 / 44 144–37

外部リンク[編集]