フアン・マルティン・デル・ポトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フアン・マルティン・デル・ポトロ Tennis pictogram.svg
Juan Martin Del Potro - Queen's Club 2011.jpg
フアン・マルティン・デル・ポトロ
基本情報
ラテン文字名 Juan Martín del Potro
フルネーム Juan Martín del Potro
愛称 エナノ/パリト/デルポ
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 同・タンディル
生年月日 1988年9月23日(27歳)
身長 198cm
体重 97kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 19勝
シングルス 18勝
ダブルス 1勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2009・12)
全仏 ベスト4(2009)
全英 ベスト4(2013)
全米 優勝(2009)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 1回戦(2006・07)
全英 1回戦(2007・08)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(2010年1月11日)
ダブルス 105位(2009年5月25日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2012 ロンドン シングルス
2014年1月18日現在

フアン・マルティン・デル・ポトロJuan Martín del Potro, 1988年9月23日 - )は、アルゼンチンタンディル出身の男子プロテニス選手。イタリア系アルゼンチン人。これまでにATPツアーでシングルス18勝、ダブルス1勝を挙げる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シングルス自己最高位は4位。

2009年全米オープン男子シングルス優勝者。 2005年以降ロジャー・フェデラー/ラファエル・ナダル2強時代となってから、グランドスラム1大会で両者に勝利した初の選手(2015年12月現在、同実績をあげたのは、2011年全米オープンでのジョコビッチのみ)。

アルゼンチン人2番目・オープン化以降5番目に若い全米オープン優勝者(20歳11か月)。ロンドンオリンピック銅メダリスト。2009年ATPワールドツアー・ファイナル準優勝。

選手経歴[編集]

デル・ポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年全仏オープン4大大会にデビューする。同年10月の「ジャパン・オープン」で、ティム・ヘンマンイギリス)との3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のアメリカインディアナポリス大会で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチセルビア)に挑戦した。

2008年 ツアー初優勝、最終戦出場 [編集]

ドイツシュトゥットガルト大会でツアー初優勝を飾る。これを皮切りに4大会連続優勝を達成。ランキングは急上昇し、第17シードとして出場した全米オープン4回戦では錦織圭日本)を 6-3, 6-4, 6-3 で下した。準々決勝で第6シードのアンディ・マレーイギリス)に 6-7, 6-7, 6-4, 5-7 で敗れるまで、デル・ポトロのシュトゥットガルト大会からの連勝記録は23を記録した。

9月、デビスカップ準決勝の対ロシア戦で、デル・ポトロはシングルスの試合で2勝をあげ、アルゼンチンの決勝進出に大きく貢献した。10月のジャパン・オープン・テニス選手権では決勝に進出。決勝戦ではトマーシュ・ベルディハチェコ)に 1-6, 4-6 で敗れて準優勝になった。

この年の快進撃を受けて、デル・ポトロは年間ランキング上位8名しか出場資格を得られない男子ツアー年最終戦の出場権を初めて手にした。

11月、デビスカップ決勝の対スペイン戦では第2試合のシングルスに出場するが、フェリシアーノ・ロペスに敗れる。最終結果はアルゼンチンの2勝3敗となり、アルゼンチンのホームグラウンドでの優勝は叶わなかった。

2009年 全米オープン初優勝、最終戦準優勝 [編集]

年頭のニュージーランドオークランド大会で優勝。全豪オープンでは第8シードに選ばれ準々決勝まで進出するが、第2シードのロジャー・フェデラースイス)に 3-6, 0-6, 0-6 と完敗した。全仏オープンでは、グランドスラム大会で初めての準決勝に進出し再びフェデラーと対戦。完敗した全豪オープンとは異なり、 6-3, 6-7, 6-2, 1-6, 4-6 のフルセットの激戦にて惜敗。王者フェデラーとの実力差は接近しており、次回を期待される一戦となった。

8月のレッグ・メーソン・テニス・クラシック大会で優勝し、この大会2連覇を達成。続くカナダ・マスターズ大会ではマスターズの大会で初めて決勝に進出するが、アンディ・マレーに 7-6, 6-7, 1-6でフルセットで敗退した。

8月下旬からの全米オープンでは、準決勝でラファエル・ナダルスペイン)を 6-2, 6-2, 6-2 とストレートで快勝。決勝の相手は全米オープン6連覇を狙うフェデラーであったが、3-6, 7-6(5), 4-6, 7-6(4), 6-2 のフルセットにて競り勝ち、4大大会初優勝を成し遂げた。この優勝は、デル・ポトロにとって4大大会初優勝のみならず、以下の通り数多く特筆事項を記録したものになった。


また前年に続き出場した 年最終戦では、予選を突破し、準決勝でロビン・セーデリングスウェーデン)を6–7(1), 6–3, 7–6(3)で下し決勝に進出。決勝戦ではニコライ・ダビデンコロシア)に3–6, 4–6で敗れ準優勝となった。

2009年は、2005年以降4年に渡って時代を代表してきたフェデラー/ナダル2強に対して、次世代No.1を目指す若手選手達(2008年全豪オープン優勝 ジョコビッチ、2009年全仏オープン準優勝 セーデリング、2009年全米オープン優勝デル・ポトロ、2009年最終戦優勝 ダビデンコ、2008年全米オープン準優勝マレー)が台頭、競り始めた年であるが、当時デル・ポトロは、この若手の中で最も実績をあげ、 ジョコビッチ/マレー以上に期待された年となった。  

2010年 怪我による不調・低迷 [編集]

前年2009年は大いに飛躍を期待される年であったが、2010年になると一転怪我による低迷期が始まってしまう。

全豪オープンは4回戦でマリン・チリッチクロアチア)に敗退。以降は手首の怪我により戦線離脱し、5月に右手首の手術を受けている。9月のタイ・オープン、10月のジャパン・オープン・テニス選手権で復帰したが初戦敗退に終わり、以降試合出場を2010年は見合わせている。  

2011年 怪我より復帰、ツアー優勝 [編集]

全豪オープンでは2回戦でマルコス・バグダティスキプロス)に 1-6, 3-6, 6-4, 3-6 で敗退した。

2月のデルレイビーチ大会でヤンコ・ティプサレビッチを 6–4, 6–4 で破り全米オープン以来のツアー8勝目を挙げた。

全仏オープンは、3回戦でノバク・ジョコビッチに 3-6, 6-3, 3-6, 2-6 で敗れた。ウィンブルドンは4回戦でラファエル・ナダルに6-7(6), 6-3, 6-7(4), 4-6 で敗れた。全米オープンでも3回戦でジル・シモンに 6-4, 6-7(5), 2-6, 6-7(3) で敗れたが、最終ランキングは11位まで戻し、ATPアワードのカムバック賞を受賞した。

12月のスペインとのデビスカップ決勝では、ダビド・フェレールに 2-6, 7-6(2), 6-3, 4-6, 3-6 のフルセットで敗れた。1勝2敗で後がなくなった第4試合のラファエル・ナダル戦でも 6-1, 4-6, 1-6, 6-7(0) で敗れアルゼンチンは悲願の初優勝を逃した。

2012年 オリンピック銅メダル、ツアー4勝 [編集]

全豪オープンでは3年ぶりにベスト8に進出。準々決勝でロジャー・フェデラーに 4-6, 3-6, 2-6 で敗れた。

2月にマルセイユで開催された大会ではミカエル・ロドラを下し、キャリア10勝目を飾った。5月のエストリル・オープンではリシャール・ガスケを下しシーズン2勝目を挙げた。

全仏オープンでは準々決勝でフェデラーに6-3, 7-6, 2-6, 0-6, 3-6とフルセットで惜敗。ウィンブルドンでは4回戦でダビド・フェレールにストレートで敗退し、2年連続4回戦敗退となった。

8月のロンドンオリンピックでは準決勝でフェデラーに6-3, 6-7, 17-19の大接戦で敗れるも、3位決定戦でノバク・ジョコビッチを破り銅メダルを獲得した。

全米オープンでは4回戦でアンディ・ロディックに勝利しロディックの現役引退試合を受け持った。準々決勝ではジョコビッチにストレートで敗れベスト8敗退となった。

10月開催のバンク・オーストリア・テニス杯ではグレガ・ゼムラを破りシーズン3勝目を挙げ、翌週のスイス・インドアでは決勝で、7連敗を喫していたフェデラーを6-4, 6-7, 7-6の接戦の末破り、2週連続トーナメント優勝を果たした。

2013年 ウィンブルドン準決勝進出[編集]

ウィンブルドンにて、芝で下したことのなかったダビド・フェレールを4回戦で破り、1セットも落とすことのないまま自身初のSF入りを果たす。しかしながら、第1シードのノバク・ジョコビッチに5-7, 6-4, 6-7(2), 7-6(8), 3-6という4時間43分の大激闘の末敗れ、決勝進出はならなかった。しかし、足首とひざの故障を抱えながらも、第4セットにおいて2度のマッチポイントをしのぎ、フルセットを戦い抜いたデルポトロには惜しみない拍手が送られ、最初から最後までハイレベルな戦いをみせた両者ともたたえられることとなった。

BNPパリバ・オープンでは第7シードで出場。4回戦でトミー・ハース、準々決勝でアンディ・マレー、準決勝でノバク・ジョコビッチを破り決勝進出。決勝ではラファエル・ナダルに敗れ準優勝となる。上海マスターズでは準決勝でラファエル・ナダルを破るも決勝でノバク・ジョコビッチに敗退した。

2014年~15年 再び怪我より低迷・欠場[編集]

2014年2月のドバイ・テニス選手権で怪我を負い、3月に左手首の手術を受ける。その後2014年のツアーは全て欠場した。

2015年1月にはシドニー国際で約11ヶ月ぶりとなるツアー復帰を果たすし、ミハイル・ククシュキンとの準々決勝まで進出するが、全豪オープンを欠場し、痛みを取り除く手術を受けた。3月26日マイアミ・オープンで復帰するも1回戦でバセク・ポシュピシルに敗れた。2015年6月19日、3度目の左手首の手術を終えたことをFacebookで報告した[2]

2016年 ツアーへの復帰[編集]

2月のデルレイビーチ・オープンでの復帰を果たすと[3]、準々決勝でジェレミー・シャルディーに勝利し、2年1ヶ月ぶりのツアー準決勝進出を果たす。準決勝でサム・クエリーに5-7, 5-7で敗れた。インディアンウェルズ・マスターズでは、2回戦に進出し、第6シードのトマーシュ・ベルディハと対戦し、6-7(4), 2-6で敗れた。マイアミ・オープンでも2回戦に進出するもで同国のオラシオ・セバジョスに敗れた。

クレーシーズンに入ると、BMWオープンではベスト8に進出。マドリード・オープンでは1回戦で第14シードのドミニク・ティエムに7-6(5), 6-3で勝利。2回戦でジャック・ソックに敗れた。全仏オープンは芝シーズンに備えるため欠場を表明した[4]

プレースタイル[編集]

パワフルなサーブ、深いフラットとトップスピンのグランドストロークが武器のアグレッシブ・ベースライナー。[5][6]彼のフォアハンドショットは190km/hにも達し、両手バックハンドも安定感がある。[7]守備も非常にミスが少なく片手バックハンドスライスも良い。また198cmの長身から平均200km/h・最高236km/hのサーブを放ち、高いトップスピンボールの返球も苦にしない。[8] [9]

主要大会決勝[編集]

グランドスラム決勝[編集]

シングルス: 1 (1タイトル)[編集]

結果 大会 サーフェス 相手 スコア
優勝 2009 全米オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 7–6(7–5), 4–6, 7–6(7–4), 6–2

ワールドツアー・ファイナル決勝[編集]

シングルス: 1 (1準優勝)[編集]

結果 大会 サーフェス 相手 スコア
準優勝 2009年 ロンドン 室内ハード ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 3–6, 4–6

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 25回 (18勝7敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (1-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-1)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-3)
ATPワールドツアー・500シリーズ (8-2)
ATPワールドツアー・250シリーズ (9–1)
サーフェス別タイトル
ハード (14–7)
クレー (4-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2008年7月13日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー フランスの旗 リシャール・ガスケ 6–4, 7–5
優勝 2. 2008年7月20日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー 6–2, 6–1
優勝 3. 2008年8月10日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 6–1, 7–6(2)
優勝 4. 2008年8月17日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード セルビアの旗 ビクトル・トロイツキ 6–3, 6–3
準優勝 1. 2008年10月5日 日本の旗 東京 ハード チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ 1–6, 4–6
優勝 5. 2009年1月17日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 6–4, 6–4
優勝 6. 2009年8月9日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 3–6, 7–5, 7–6(6)
準優勝 2. 2009年8月16日 カナダの旗 モントリオール ハード イギリスの旗 アンディ・マレー 7–6(4), 6–7(3), 1–6
優勝 7. 2009年9月14日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 7–6(5), 4–6, 7–6(4), 6–2
準優勝 3. 2009年11月29日 イギリスの旗 ロンドン ハード (室内) ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 3–6, 4–6
優勝 8. 2011年2月27日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード セルビアの旗 ヤンコ・ティプサレビッチ 6–4, 6–4
優勝 9. 2011年5月1日 ポルトガルの旗 エストリル クレー スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ 6–2, 6–2
準優勝 4. 2011年10月30日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 7–6(5), 3–6, 4–6
準優勝 5. 2012年2月19日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 1–6, 4–6
優勝 10. 2012年2月26日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) フランスの旗 ミカエル・ロドラ 6–4, 6–4
優勝 11. 2012年5月6日 ポルトガルの旗 エストリル クレー フランスの旗 リシャール・ガスケ 6–4, 6–2
優勝 12. 2012年10月21日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) スロベニアの旗 グレガ・ゼムリャ 7–5, 6–3,
優勝 13. 2012年10月28日 スイスの旗 バーゼル ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–4, 6–7(5), 7–6(3)
優勝 14. 2013年2月17日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) フランスの旗 ジュリアン・ベネトー 7–6(2), 6–3
準優勝 6. 2013年3月17日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 6–4, 3–6, 4–6
優勝 15. 2013年8月4日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー 3-6, 6-1, 6-2
優勝 16. 2013年10月6日 日本の旗 東京 ハード カナダの旗 ミロシュ・ラオニッチ 7–6(5), 7–5
準優勝 7. 2013年10月13日 中華人民共和国の旗 上海 ハード セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 1-6, 6-3, 6-7(3)
優勝 17. 2013年10月27日 スイスの旗 バーゼル ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 7-6(3), 2-6, 6-4
優勝 18. 2014年1月11日 オーストラリアの旗 シドニー ハード オーストラリアの旗 バーナード・トミック 6-3, 6-1

ダブルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年7月30日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード アメリカ合衆国の旗 トラビス・パロット ロシアの旗 ティムラズ・ガバシュビリ
クロアチアの旗 イボ・カロビッチ
3–6, 6–2, [10–6]

4大大会優勝[編集]

大会 対戦相手 試合結果
2009年 全米オープン スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3-6, 7-6, 4-6, 7-6, 6-2

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン A A 2R 2R QF 4R 2R QF 3R 2R A A 17–8
全仏オープン A 1R 1R 2R SF A 3R QF A A A A 12–6
ウィンブルドン A A 2R 2R 2R A 4R 4R SF A A 14–6
全米オープン LQ 1R 3R QF W A 3R QF 2R A A 20–6

ランキング[編集]

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
年間最終ランキング 92 44 9 5 258 11 7 5 138 585

脚注[編集]

外部リンク[編集]