フルー・マクミラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルー・マクミラン
Frew McMillan
Tennis pictogram.svg
Frew McMillan 1965.jpg
フルー・マクミラン
基本情報
フルネーム Frew Donald McMillan
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
出身地 同・スプリングス
生年月日 (1942-05-20) 1942年5月20日(77歳)
身長 183cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
殿堂入り 1992年
生涯獲得賞金 609,072 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(1971)
全仏 3回戦(1967・71・72)
全英 3回戦(1970・78)
全米 ベスト8(1972)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(1971)
全仏 優勝(1972)
全英 優勝(1967・72・78)
全米 優勝(1977)
優勝回数 5(仏1・英3・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1966)
全英 優勝(1978・81)
全米 優勝(1977・78)
優勝回数 5(仏1・英2・米2)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1974)

フルー・マクミランFrew McMillan, 1942年5月20日 - )は、南アフリカ・スプリングス出身の男子テニス選手。フルネームは Frew Donald McMillan (フルー・ドナルド・マクミラン)という。1960年代後半から1970年代にかけて、ダブルスの名手として活躍し、とりわけボブ・ヒューイットとのペアで多数のダブルス・タイトルを獲得した。キャリアの後半には、オランダベティ・ストーブとの混合ダブルスで多くの好成績を出した。彼はフォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちで、いつも白い帽子をかぶってプレーしたので、誰からも見分けのつく選手だったという。

来歴[編集]

マクミランは1965年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップ南アフリカ代表選手になり、1978年までその位置にあったが、14年間の代表経歴を通じてシングルス戦出場は2試合のみで、ごく早い時期からダブルスのスペシャリストとして活動を始めた。最初期のマクミランは、デビスカップのダブルスでキース・ディープラーム(Keith Diepraam)とペアを組んでいた。1966年、マクミランは全仏選手権の混合ダブルスでアネッテ・バン・ジル(同じ南アフリカの選手)とペアを組み、ここで最初の4大大会タイトルを獲得した。この年にボブ・ヒューイットと出会い、彼とのコンビで多数のタイトルを獲得し始める。ヒューイットはオーストラリア出身の選手であるが、南アフリカの女性との結婚により、1964年にオーストラリアを離れて南アフリカ市民権を取得した。1967年ウィンブルドン選手権で、マクミランはヒューイットとのコンビで初めての4大大会男子ダブルス優勝を果たす。パートナーのヒューイットは、まだオーストラリアにいた頃の1962年1964年フレッド・ストールと組んでウィンブルドン男子ダブルスに2勝を挙げていたが、マクミランにとっては初栄冠だった。

それから5年後の1972年、マクミランとヒューイットは全仏オープンウィンブルドンで4大大会男子ダブルス2連勝を達成した。しかし、2人にはまだ全米オープンが残っていた。ようやく1977年、2人は全米オープン男子ダブルス決勝でブライアン・ゴットフリートアメリカ)&ラウル・ラミレスメキシコ)組を 6-4, 6-0 で破り、初優勝を決めた。1978年ウィンブルドンで、マクミランとヒューイットは若きジョン・マッケンローピーター・フレミング組を 6-1, 6-4, 6-2 で破り、最後のタイトルを6年ぶりのウィンブルドンで獲得した。

シングルスでのマクミランは、1972年全米オープンのベスト8が自己最高成績であった。この準々決勝で、マクミランはクリフ・リッチーナンシー・リッチーの弟)に 6-3, 1-6, 4-6, 2-6 で敗れた。全仏オープンは1967年1971年の3回戦、ウィンブルドンは1970年1978年の3回戦が最高成績であり、全豪オープンは1971年が唯一の出場で、1回戦敗退に終わっている。

混合ダブルスでは、キャリアの後半期を迎えた1977年から1981年にかけて好成績が多かった。マクミランはオランダベティ・ストーブと組み、ヒューイットは同じ南アフリカのグリア・スティーブンスと組んで、混合ダブルスで決勝対決をすることが多かった。マクミランとストーブは、全米オープンの混合ダブルスで1977年から1980年まで4年連続決勝進出を果たし、ウィンブルドンの混合ダブルスでも1977年-1979年1981年の4度決勝に進み、総計8度の4大大会混合ダブルス決勝戦を戦った。そのうち、全米オープンは1977年1978年に2連覇を達成し、ウィンブルドンは1978年1981年に2勝を挙げている。1977年全米オープン1978年ウィンブルドンでは、マクミランは男子ダブルス・混合ダブルスの2部門制覇を成し遂げた。彼の最後の4大大会優勝となった1981年ウィンブルドンの混合ダブルス決勝では、マクミランとストーブはジョン・オースチントレーシー・オースチン組(アメリカ、この2人は兄妹)に 4-6, 7-6, 6-3 の逆転勝利を収めた。

フルー・マクミランは1965年から1978年まで14年間デビスカップの南アフリカ代表選手を務め、通算「25勝5敗」(シングルス2勝0敗、ダブルス23勝5敗)の記録を残した。彼のダブルス総計勝利数(23勝5敗)と、マクミラン&ヒューイット組によるダブルス通算「16勝1敗」の記録は、今なおチーム歴代1位記録として残っており、2人は南アフリカの「ベスト・ダブルス・チーム」(Best Doubles Team)として記録されている。しかし、南アフリカは1979年からアパルトヘイトのためデビスカップ出場資格を剥奪され、1992年までデ杯復帰を認められなかった。1992年、マクミランとヒューイットは南アフリカのテニス選手として、2人一緒に史上初の国際テニス殿堂入りを果たした。しかしヒューイットは教え子の女性に対する性的虐待の疑いで2012年に資格停止となった。現在はテニス解説者として活動している。

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • 全仏オープン 男子ダブルス:1勝(1972年)/混合ダブルス:1勝(1966年)
  • ウィンブルドン選手権 男子ダブルス:3勝(1967年・1972年・1978年)/混合ダブルス:2勝(1978年・1981年)
  • 全米オープン 男子ダブルス:1勝(1977年)/混合ダブルス:2勝(1977年&1978年)

参考文献[編集]

  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3

外部リンク[編集]