パトリック・マッケンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パトリック・マッケンロー Tennis pictogram.svg
Patrick McEnroe.jpg
パトリック・マッケンロー
基本情報
ラテン文字名 Patrick McEnroe
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨーク州
マンハセット
生年月日 (1966-07-01) 1966年7月1日(50歳)
身長 182cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1984年
引退年 1998年
ツアー通算 17勝
シングルス 1勝
ダブルス 16勝
生涯通算成績 450勝345敗
シングルス 140勝163敗
ダブルス 310勝182敗
生涯獲得賞金 $3,118,316
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1991)
全仏 3回戦(1991)
全英 2回戦(1991・92・95)
全米 ベスト8(1995)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 準優勝(1991)
全仏 優勝(1989)
全英 ベスト8(1992・93)
全米 ベスト8(1988・94)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 28位(1995年9月11日)
ダブルス 3位(1993年4月12日)

パトリック・マッケンローPatrick McEnroe, 1966年7月1日 - )は、アメリカニューヨーク州マンハセット出身の元男子プロテニス選手。1980年代の男子テニス界をリードした名選手、ジョン・マッケンローの実弟である[1]1989年全仏オープン男子ダブルスでジム・グラブ(同じアメリカの選手)と組んで優勝した。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルスは1勝どまりだったが、ダブルスで1989年全仏オープンを含む16勝を挙げた。

経歴[編集]

マッケンロー家は3人兄弟の家族で、ジョンは長男、パトリックは末っ子の三男である。パトリックは1984年2月、17歳半の時に「WCTリッチモンド」(WCT: World Championship Tennis ワールド・チャンピオンシップ・テニス、当時あったプロテニスツアー)大会のダブルスで、兄のジョンと組んでツアー初優勝を挙げた。この後1984年全仏オープンのジュニア男子ダブルス部門でルーク・ジェンセンと組んで優勝し、続いてウィンブルドン全米オープンで男子ダブルス一般の部に初出場している。パトリックはしばらくアマチュアテニス界にとどまり、兄と同じスタンフォード大学に進学した。スタンフォード大学の学生テニス選手として、1986年から1988年までNCAAテニス選手権の男子シングルスに3連覇を達成し、大学を卒業した1988年からプロテニス選手の生活に入った。プロ入りした1988年は、全米オープンの混合ダブルスでエリザベス・スマイリーオーストラリア)とペアを組んだ準優勝がある。最初のチャンスを阻止した相手は、ジム・ピューヤナ・ノボトナのコンビだった。

1989年に入ると、P・マッケンローはダブルスでジム・グラブとペアを組む機会が増え、このコンビで全仏オープン男子ダブルス優勝を飾った。2人は決勝でマンスール・バーラミイラン)&エリック・ヴィノグラツキ(フランス)組を 6-4, 2-6, 6-4, 7-6 のスコアで退けた。P・マッケンローとグラブは、年末の男子ツアー最終戦「マスターズ・ダブルス」でも決勝に進み、ジョン・フィッツジェラルドオーストラリア)&アンダース・ヤリード組を 7-5, 7-6, 5-7, 6-3 で破って優勝した。しかし、2人は1990年全仏オープン男子ダブルス準決勝でゴラン・イワニセビッチ(当時ユーゴスラビア)&ペトル・コルダ(当時チェコスロバキア)組に 2-6, 6-2, 3-6 で敗れ、全仏ダブルス連覇を逃してしまう。

1991年全豪オープンで、パトリック・マッケンローはシングルスの準決勝に進み、男子ダブルスでデビッド・ウィートンと組んで準優勝した。男子シングルス準決勝では、第2シードのボリス・ベッカーに 7-6, 4-6, 1-6, 4-6 で敗れ、ウィートンとの男子ダブルスではスコット・デービス&デビッド・ペイト(この組もアメリカペア)に 7-6, 6-7, 3-6, 5-7 で敗れた。これが彼の4大大会シングルス自己最高成績である。4年後の1995年、彼は1月初頭の「メディバンク国際」(オーストラリアでシングルス優勝を果たし、全米オープンでシングルスのベスト8に入った。この準々決勝でもベッカーと顔を合わせ、第2-第4セットの3連続でタイブレークを戦った末に 4-6, 6-7, 7-6, 6-7 のスコアで競り負けた。彼はキャリアを通じて、シングルスよりもダブルス分野のほうに好成績が多かった。

P・マッケンローは日本のトーナメントでも、2度の男子ダブルス準優勝があった。1994年4月のジャパン・オープンでは、カナダセバスチャン・ラルーとペアを組み、スウェーデンペアのアンダース・ヤリード&ヘンリク・ホルム組に 6-7, 1-6 で敗れた。1995年10月のセイコー・スーパー・テニスでは、彼のパートナーはスイスヤコブ・ラセクで、決勝戦でオランダペアのヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース組に 6-7, 4-6 で敗れて準優勝になった。セイコー・スーパー・テニスはスポンサーの撤退により1995年度が最後の開催になり、マッケンローとラセクは同大会最後の男子ダブルス準優勝者となった。

パトリック・マッケンローは1998年全米オープンの男子ダブルス2回戦敗退を最後に、32歳で現役を引退した。2001年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカチーム代表監督に就任し、就任7年目の2007年に米国チームを1995年以来12年ぶりのデビスカップ優勝に導いた。彼は2010年でデ杯アメリカチームの監督を退任し、全米テニス協会でも選手育成部の部長として活動している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]