イワン・ドディグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イワン・ドディグ
Ivan Dodig
Tennis pictogram.svg
Flickr - Carine06 - Ivan Dodig.jpg
イワン・ドディグ
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ (2004–2007)
クロアチアの旗 クロアチア (2007-現在)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナ
メジュゴリエ
居住地 クロアチア・ザグレブ
生年月日 (1985-01-02) 1985年1月2日(32歳)
身長 183cm
体重 83kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2004年
ツアー通算 9勝
シングルス 1勝
ダブルス 8勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2013)
全仏 2回戦(2016)
全英 4回戦(2013)
全米 3回戦(2013)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2015)
全仏 優勝(2015)
全英 準優勝(2013)
全米 ベスト4(2013・14)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2017)
全仏 準優勝(2016)
全英 2回戦(2013・15・16)
全米 2回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 29位(2013年10月7日)
ダブルス 4位(2015年7月27日)
2017年9月18日現在

イワン・ドディグIvan Dodig, 1985年1月2日 - )は、ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)・メジュゴリエ出身のクロアチアの男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス29位、ダブルス4位。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス8勝を挙げる。身長183cm、体重83kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。なお、名の正確な発音は、イヴァンまたはイバンである。

2015年全仏オープン男子ダブルス優勝者。2013年ウィンブルドン選手権男子ダブルス準優勝。2014年ATPワールドツアー・ファイナル準優勝。

来歴[編集]

8歳からテニスを始め、2004年にプロに転向。4大大会では2010年全豪オープンで予選を勝ち上がり初出場し、1回戦で第23シードのフアン・カルロス・フェレーロを 2-6, 1-6, 6-4, 6-1, 6-1 で破り初戦を突破した。

2011年2月の地元ザグレブ大会でツアー初の決勝に進出しミヒャエル・ベラーを 6–3, 6–4 で破り初優勝を果たした[1]。6月のスヘルトーヘンボス大会でも決勝に進出しドミトリー・トゥルスノフに 3-6, 2-6 で敗れ準優勝となった。8月のロジャーズ・カップでは2回戦で当時世界ランキング2位のラファエル・ナダルを 1-6, 7-6(5), 7-6(5) で破る殊勲を挙げた[2]

2012年2月のデビスカップ1回戦ではビーンズドームで日本と対戦した。ドディグは添田豪に 7-6(3), 6-3, 4-6, 3-6, 5-7、錦織圭に 5-7, 6-7(4), 3-6 で敗れたが、イボ・カロビッチと組んだダブルスを制してクロアチアは日本に3勝2敗で勝利した[3]。ダブルスではマルセロ・メロと組み全仏オープンウィンブルドンでベスト8に進出している。

7月のロンドン五輪で初めてのオリンピックに出場した。シングルスでは1回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに 4-6, 1-6 で敗れた。マリン・チリッチと組んだダブルスではベスト8に進出している。

2013年全豪オープン2回戦でヤルコ・ニエミネンを 6-3, 6-7(4), 6-3, 6-7(4), 6-1 で破り初めて4大大会シングルスの3回戦に進出した。3回戦ではリシャール・ガスケに 6-4, 3-6, 6-7(2), 0-6 で敗れた。ウィンブルドンでは初めて4回戦に進出しダビド・フェレールに 7-6(3), 6-7(6), 1-6, 1-6 で敗れた。マルセロ・メロと組んだダブルスでは決勝に進出した。決勝でボブ・ブライアン&マイク・ブライアン組に 6–3, 3–6, 4–6, 4–6 で敗れ準優勝となった。メロとのダブルスでは全米オープンATPワールドツアー・ファイナルでもベスト4に進出し、ダブルスランキングを6位まで上げている。

2015年全仏オープン男子ダブルスにてマルセロ・メロとペアを組み第3シードで出場。決勝でブライアン兄弟に6-7,7-6,7-5で勝利しグランドスラム初優勝。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (1–1)
サーフェス別タイトル
ハード (1–0)
クレー (0-0)
芝 (0-1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2011年2月6日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード (室内) ドイツの旗 ミヒャエル・ベラー 6–3, 6–4
準優勝 1. 2011年6月18日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス ロシアの旗 ドミトリー・トゥルスノフ 3-6, 2-6

ダブルス: 20回 (8勝12敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年2月5日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
クロアチアの旗 マテ・パビッチ キプロスの旗 マルコス・バグダティス
ロシアの旗 ミハイル・ユージニー
2–6, 2–6
準優勝 2. 2012年2月26日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
ブラジルの旗 マルセロ・メロ ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
6–4, 5–7, [7–10]
準優勝 3. 2013年2月10日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
クロアチアの旗 マテ・パビッチ オーストリアの旗 ユリアン・ノール
スロバキアの旗 フィリップ・ポラーシェク
3–6, 3–6
準優勝 4. 2013年7月6日 イギリスの旗 ウィンブルドン ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–3, 3–6, 4–6, 4–6
優勝 1. 2013年10月13日 中華人民共和国の旗 上海 ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ スペインの旗 ダビド・マレーロ
スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ
7–6(2), 6–7(6), [10–2]
準優勝 5. 2014年4月20日 モナコの旗 モンテカルロ クレー ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 6–3, [8–10]
準優勝 6. 2014年8月10日 カナダの旗 トロント ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
4–6, 3–6
準優勝 7. 2014年10月5日 日本の旗 東京 ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
ポーランドの旗 ミハル・プシシェズニ
3–6, 7–6(3), [5–10]
準優勝 8. 2014年11月16日 イギリスの旗 ロンドン ハード
(室内)
ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
7–6(5), 2–6, [7–10]
優勝 2. 2015年3月1日 メキシコの旗 アカプルコ ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ ポーランドの旗 マリウシュ・フィルステンベルク
メキシコの旗 サンティアゴ・ゴンサレス
7–6(2), 5–7, [10–3]
優勝 3. 2015年6月6日 フランスの旗 全仏オープン クレー ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(5–7), 7–6(7–5), 7–5
準優勝 9. 2015年8月9日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
4-6, 2-6
優勝 4. 2015年11月8日 フランスの旗 パリ ハード (室内) ブラジルの旗 マルセロ・メロ アメリカ合衆国の旗 ジャック・ソック
カナダの旗 バセク・ポスピシル
2-6, 6-3, [10–5]
準優勝 10. 2016年6月25日 イギリスの旗 ノッティンガム ブラジルの旗 マルセロ・メロ イギリスの旗 ドミニク・イングロット
カナダの旗 ダニエル・ネスター
5–7, 6–7(4)
優勝 5. 2016年7月31日 カナダの旗 モントリオール ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ イギリスの旗 ジェイミー・マリー
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
6–4, 6–4
優勝 6. 2016年8月21日 カナダの旗 シンシナティ ハード ブラジルの旗 マルセロ・メロ ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
オランダの旗 ジャン=ジュリアン・ロジェ
7–6(5), 6–7(5), [10–6]
優勝 7. 2017年2月19日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スペインの旗 マルセル・グラノリェルス オランダの旗 ヴェスレイ・コールホフ
オランダの旗 マトウェー・ミッデルコープ
7–6(5), 6–3
準優勝 11. 2017年5月21日 イタリアの旗 ローマ クレー スペインの旗 マルセル・グラノリェルス フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
フランスの旗 ニコラ・マユ
6–4, 4–6, [3–10]
優勝 8. 2017年7月24日 ドイツの旗 ハンブルク クレー クロアチアの旗 マテ・パビッチ ウルグアイの旗 パブロ・クエバス
スペインの旗 マルク・ロペス
6–3, 6–4
準優勝 12. 2017年8月7日 カナダの旗 トロント ハード インドの旗 ロハン・ボパンナ フランスの旗 ピエール=ユーグ・エルベール
フランスの旗 ニコラ・マユ
4–6, 6–3, [6–10]

4大大会成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス[編集]

大会 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン A 2R 2R 1R 3R 2R 2R 1R 1R 6–8
全仏オープン LQ LQ 1R 1R 1R 1R 1R 2R A 1–6
ウィンブルドン LQ 2R 1R 1R 4R A LQ 1R A 4–5
全米オープン LQ 2R 1R 2R 3R 1R LQ 1R A 4–6

ダブルス[編集]

大会 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン 2R 1R 1R 3R SF 3R QF 12–7
全仏オープン 2R QF 3R A W SF QF 19–5
ウィンブルドン 1R QF F A QF 3R 3R 15–6
全米オープン 1R 3R SF SF 1R 1R 3R 12–7
Win-Loss 2–4 8–4 11–4 6–2 13–3 8-4 10-4 58–25

脚注[編集]

外部リンク[編集]