オリビエ・ロクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリビエ・ロクス
Olivier Rochus
Tennis pictogram.svg
Rochus Hamburg.JPG
オリビエ・ロクス
基本情報
フルネーム Olivier Laurent Pierre
Rochus
愛称 オリ (Olli)
国籍  ベルギー
出身地 同・ナミュール
生年月日 (1981-01-18) 1981年1月18日(36歳)
身長 168cm
体重 65kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2014年
ツアー通算 4勝
シングルス 2勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 338勝398敗
シングルス 238勝276敗
ダブルス 100勝122敗
生涯獲得賞金 $4,905,754
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2005)
全仏 3回戦(2001・06)
全英 4回戦(2003)
全米 4回戦(2004)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2004-07・12)
全仏 優勝(2004)
全英 3回戦(2005・12)
全米 3回戦(2006・09)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 24位(2005年10月17日)
ダブルス 29位(2004年7月5日)

オリビエ・ロクスOlivier Rochus, 1981年1月18日 - )は、ベルギーナミュール出身の男子プロテニス選手。同僚のグザビエ・マリスとペアを組み、2004年全仏オープン男子ダブルス部門で優勝した。自己最高ランキングはシングルス24位、ダブルス29位。ATPツアーでシングルス2勝、ダブルスで2勝を挙げた。身長168cm、体重65kgで、男子プロテニス選手としては小柄な体格である。3歳年上の兄、クリストフ・ロクス英語版もプロテニス選手で、ダブルスで組んで2度準優勝がある。

来歴[編集]

オリビエ・ロクスは6歳の時から、兄のクリストフと一緒にテニスを始めた。ジュニア時代、1998年ウィンブルドン選手権ジュニア男子ダブルス部門で、同じ年のロジャー・フェデラーとペアを組んで優勝したことがある。1999年にプロ入り。2000年から男子テニス国別対抗戦デビスカップベルギー代表選手となる。同年の2000年ウィンブルドン選手権男子シングルス2回戦で、当時19歳のロクスは先の全仏オープン準優勝者マグヌス・ノーマンを6-4, 2-6, 6-4, 6-7, 6-1で破り、ダークホースとして一躍有名になった。この年にシチリア国際ATPツアーのシングルスに初優勝を飾り、10月のジャパン・オープン・テニス選手権で初来日したが、2回戦でニコラス・ラペンティに6-7, 6-7で敗退した。この年の活躍を評価され、ロクスは男子プロテニス協会最優秀新人賞を受賞した。

それから2年後、2002年ウィンブルドン選手権でもロクスは大会を盛り上げ、1回戦で兄クリストフとの“兄弟対決”に勝った後、2回戦で第2シードのマラト・サフィンを6-2, 6-4, 3-6, 7-6で破ったが、続く3回戦でアルノー・クレマンに敗れた。

2004年全仏オープン男子ダブルスで、オリビエ・ロクスはグザビエ・マリスとペアを組み、4大大会男子ダブルスで初優勝を飾った。その勝ち上がりの過程で、2人は3回戦でトッド・ウッドブリッジ/ヨナス・ビョルクマン組、準決勝でマヘシュ・ブパシ/マックス・ミルヌイ組などの強豪ペアを連破し、決勝では地元フランスファブリス・サントロ/ミカエル・ロドラ組を7-5, 7-5で破った。同年のアテネ五輪にも、ロクスはベルギー代表選手として初出場したが、男子シングルスでは2回戦でカルロス・モヤに敗れ、マリスとのダブルスでは1回戦でロドラ/サントロ組に敗れている。ロクスは長い間「大物食い」の印象がありながら、世界ランキング上位になかなか定着できなかったが、2006年5月初頭にBMWオープン決勝で同じベルギークリストフ・フリーヘンを破り、6年ぶりのツアー2勝目を挙げた。

ロクスは2014年10月地元のモンスで開催されたチャレンジャー大会を最後に33歳で現役を引退した[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 10回 (2勝8敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (2-8)
サーフェス別タイトル
ハード (0-6)
クレー (2-0)
芝 (0-2)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2000年9月25日 イタリアの旗 パレルモ クレー イタリアの旗 ディエゴ・ナルジーソ 7–6, 6–1
準優勝 1. 2002年2月11日 デンマークの旗 コペンハーゲン ハード (室内) ドイツの旗 ラルス・ブルクスミュラー 3–6, 3–6
準優勝 2. 2003年3月3日 デンマークの旗 コペンハーゲン ハード (室内) スロバキアの旗 カロル・クチェラ 6–7, 4–6
準優勝 3. 2005年1月15日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 4–6, 2–6
優勝 2. 2006年5月1日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ベルギーの旗 クリストフ・フリーヘン 6–4, 6–2
準優勝 4. 2007年9月30日 インドの旗 ムンバイ ハード フランスの旗 リシャール・ガスケ 3–6, 4–6
準優勝 5. 2009年10月25日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード (室内) キプロスの旗 マルコス・バグダティス 1–6, 5–7
準優勝 6. 2010年7月11日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ 7–5, 3–6, 4–6
準優勝 7. 2011年7月10日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 ジョン・イスナー 3–6, 6–7(6)
準優勝 8. 2012年1月14日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード スペインの旗 ダビド・フェレール 3–6, 4–6

ダブルス: 7回 (2勝5敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年5月24日 フランスの旗 全仏オープン クレー ベルギーの旗 グザビエ・マリス フランスの旗 ミカエル・ロドラ
フランスの旗 ファブリス・サントロ
7–5, 7–5
優勝 2. 2005年1月3日 オーストラリアの旗 アデレード ハード ベルギーの旗 グザビエ・マリス スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストラリアの旗 トッド・ペリー
7–6, 6–4
準優勝 1. 2005年7月30日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー ベルギーの旗 クリストフ・ロクス ルーマニアの旗 アンドレイ・パベル
チェコの旗 レオシュ・フリエドル
2–6, 7–6, 0–6
準優勝 2. 2006年1月7日 カタールの旗 ドーハ ハード ベルギーの旗 クリストフ・ロクス スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
6–2, 3–6, [8–10]
準優勝 3. 2006年10月15日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
ベルギーの旗 クリストフゲフリーヘン オーストラリアの旗 ポール・ハンリー
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
6–7, 4–6
準優勝 4. 2008年7月20日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー アルゼンチンの旗 ルーカス・アーノルド・カー ルーマニアの旗 ビクトル・ハネスク
アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・セレターニ
3–6, 5–7
準優勝 5. 2010年2月7日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
フランスの旗 アルノー・クレマン オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー
ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー
6–3, 3–6, [8–10]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 2R 1R 4R 2R 2R 1R A 1R A 2R 1R 7–11
全仏オープン LQ 3R 2R 1R 1R 2R 3R 1R 1R LQ 2R 1R 1R A 7–11
ウィンブルドン 3R 2R 3R 4R 1R 2R 3R 1R 2R LQ 1R 2R 1R 1R 13–13
全米オープン 1R 1R 1R 1R 4R 3R 3R 1R 1R 2R 1R 1R 1R LQ 8–13

脚注[編集]

  1. ^ Rochus Reflects: "I Couldn’t Ask For A Better Career With My Size"”. atpworldtour.com. ATP Tour, Inc. (2014年10月8日). 2014年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]

受賞
先代:
スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ
ATP年間最優秀新人賞
2000
次代:
アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック