モーリーン・コノリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーリーン・コノリー
Maureen Connolly
Tennis pictogram.svg
Maureen Connolly 1953.jpg
モーリーン・コノリー
基本情報
フルネーム Maureen Catherine Connolly Brinker
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 (1934-09-17) 1934年9月17日
没年月日 (1969-06-21) 1969年6月21日(34歳没)
死没地 同・テキサス州ダラス
身長 1.65 メートル
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 1968年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1953)
全仏 優勝(1953・54)
全英 優勝(1952-54)
全米 優勝(1951-53)
優勝回数 9(豪1・仏2・英3・米3)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1953)
全仏 優勝(1954)
全英 準優勝(1952・53)
全米 準優勝(1952)
優勝回数 2(豪1・仏1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(1953)
全仏 優勝(1954)
全英 ベスト4(1954)
優勝回数 1(仏1)

モーリーン・キャサリン・コノリー・ブリンカーMaureen Catherine Connolly Brinker, 1934年9月17日 - 1969年6月21日)は、アメリカカリフォルニア州サンディエゴ出身の女子テニス選手。 1953年に女子テニス史上初の年間グランドスラムを達成した選手である。身長160cmほどしかない小柄な体格だったことから、“Little Mo”(リトル・モー)という愛称で呼ばれた。プレー・スタイルは典型的なベースライン・プレーヤーで、試合中にネットに出ることは少なかったという。

来歴[編集]

1953年の全仏選手権でドリス・ハート(左)と

コノリーは当時最も有名なコーチだったエリナー・テナント(Eleanor Tennant)の指導を受け、1949年から選手生活を始めた。1951年全米選手権で4大大会初優勝を飾り、以後1953年まで大会3連覇を達成。1952年から1954年までウィンブルドンにも大会3連覇。1953年全豪選手権ジュリア・サンプソンを破って初優勝を飾り、全仏選手権ウィンブルドン選手権、全米選手権の3大会連続でドリス・ハートを決勝戦で破った。1938年ドン・バッジ1915年 - 2000年)がテニス史上初の年間グランドスラムを達成してから15年後、コノリーは女子選手として初の偉業を達成した。1954年にも全仏選手権2連覇、ウィンブルドン選手権3連覇を達成している。1954年の全仏選手権では、女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3冠を獲得する大会完全制覇もあった。この大会のダブルスではオーストラリアの選手たちとペアを組み、女子ダブルスはネル・ホール・ホップマンハリー・ホップマン夫人)、混合ダブルスはルー・ホードと組んだ。

しかし1954年のウィンブルドン3連覇の後、全米選手権を迎える直前に、コノリーは乗馬の最中にトラックにはねられて足に大怪我を負い、19歳で選手生命を絶たれる。この後、彼女はノーマン・ブリンカーと結婚した。やがて彼女の足は生活に支障をきたさなくなり、テニスのコーチを務めるところまで回復した。1968年国際テニス殿堂入りしたが、翌1969年6月21日に癌のためテキサス州ダラスにて34歳で死去した。4大大会シングルス通算9勝は、モニカ・セレシュと並ぶ女子歴代8位タイ記録である。

死去から9年後の1978年、彼女の生涯をモデルにした映画『リトル・モー』が製作され、日本でも1979年に劇場公開された。

また彼女の生涯を称えてモーリーン・コノリー・ブリンカー財団が設立され、ニック・ボロテリーがフリークリニックを行うなど、さまざまなイベントを開催している。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪選手権 女子シングルス:1勝(1953年)/女子ダブルス:1勝(1953年)
  • 全仏選手権 女子シングルス:2勝(1953年&1954年)/女子ダブルス:1勝(1954年)/混合ダブルス:1勝(1954年) [大会2連覇。1954年は3冠制覇]
  • ウィンブルドン選手権 女子シングルス:3勝(1952年-1954年) [大会3連覇]
  • 全米選手権 女子シングルス:3勝(1951年-1953年) [大会3連覇]
大会 対戦相手 試合結果
1951年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 シャーリー・フライ 6-3, 1-6, 6-4
1952年 ウィンブルドン選手権 アメリカ合衆国の旗 ルイーズ・ブラフ 7-5, 6-3
1952年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ドリス・ハート 6-3, 7-5
1953年 全豪選手権 アメリカ合衆国の旗 ジュリア・サンプソン 6-3, 6-2
1953年 全仏選手権 アメリカ合衆国の旗 ドリス・ハート 6-2, 6-4
1953年 ウィンブルドン選手権 アメリカ合衆国の旗 ドリス・ハート 8-6, 7-5
1953年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ドリス・ハート 6-2, 6-4
1954年 全仏選手権 フランスの旗 ジネット・ブケイユ 6-4, 6-1
1954年 ウィンブルドン選手権 アメリカ合衆国の旗 ルイーズ・ブラフ 6-2, 7-5
テニス4大大会女子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 24勝 オーストラリアの旗 マーガレット・スミス・コート
2位 23勝 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ*
3位 22勝 ドイツの旗 シュテフィ・グラフ
4位 19勝 アメリカ合衆国の旗 ヘレン・ウィルス・ムーディ
5位タイ 18勝 アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート | アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ
7位 12勝 アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング  
8位タイ 9勝 アメリカ合衆国の旗 モーリーン・コノリー | ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗アメリカ合衆国の旗 モニカ・セレシュ
10位タイ 8勝 フランスの旗 スザンヌ・ランラン | ノルウェーの旗アメリカ合衆国の旗 モーラ・マロリー
12位タイ 7勝 イギリスの旗 ドロテア・ダグラス・チェンバース | ブラジルの旗 マリア・ブエノ | オーストラリアの旗 イボンヌ・グーラゴング | ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン | アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ*
*は現役選手

 4大大会シングルス成績 [編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1949 1950 1951 1952 1953 1954 SR Win-Loss
全豪選手権 A A A A W A 1 / 1 5–0
全仏選手権 A A A A W W 2 / 2 10–0
ウィンブルドン選手権 A A A W W W 3 / 3 18–0
全米選手権 2R 2R W W W A 3 / 5 20–2
SR 0 / 1 0 / 1 1 / 1 2 / 2 4 / 4 2 / 2 9 / 11 53–2

外部リンク[編集]