ユリアン・ノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリアン・ノール
Julian Knowle
Tennis pictogram.svg
Knowle RG13 (5) (9380200314).jpg
ユリアン・ノール
基本情報
国籍  オーストリア
出身地  オーストリア フォアアールベルク州ラウテラッハ英語版
生年月日 (1974-04-29) 1974年4月29日(43歳)
身長 187cm
体重 72kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1992年
ツアー通算 13勝
シングルス 0勝
ダブルス 13勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2003)
全仏 1回戦(2002)
全英 3回戦(2002)
全米 1回戦(2002)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2006・07)
全仏 ベスト8(2005)
全英 準優勝(2004)
全米 優勝(2007)
優勝回数 1(米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 86位
ダブルス 6位

ユリアン・ノール(Julian Knowle, 1974年4月29日 - )は、オーストリア出身の男子プロテニス選手。ダブルスの得意な選手として知られ、2007年全米オープン男子ダブルスでシーモン・アスペリンとペアを組んで優勝した。2004年ウィンブルドン選手権男子ダブルスでネナド・ジモニッチと組んだ準優勝もある。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで13勝を挙げている。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークともに両手打ちで、左利きの選手。自己最高ランキングはシングルス86位、ダブルス6位。日本語では「ジュリアン・ノウル」の表記も多く見られる。

経歴[編集]

父親が時計販売員、母親は健康温泉経営者という家庭に生まれ、6歳からテニスを始めた。1992年に18歳でプロ入りしたが、彼は男子ツアー下部組織の大会群で長い下積み生活を送り、プロ入りから9年後の2001年にようやくATPツアーの大会にデビューを果たす。彼の4大大会初出場は、ダブルスが2001年全仏オープンで、シングルスは同年のウィンブルドン選手権であった。ノールの4大大会シングルス自己最高成績は、2002年ウィンブルドン選手権の3回戦進出で、この試合では第1シードのレイトン・ヒューイットに2-6, 1-6, 3-6のストレートで完敗した。2005年8月のグラーツ・チャレンジャーを最後に、彼はすべてのシングルス出場から撤退し、得意のダブルスに専念するようになる。

ノールは4大大会初出場だった2001年全仏オープン男子ダブルス3回戦進出から始まり、ツアー大会でダブルスを得意にしてきた。2002年に男子ツアーのダブルスで年間2勝を挙げ、この分野で躍進を始める。2004年ウィンブルドン選手権男子ダブルスで、ネナド・ジモニッチと組んで初めての決勝に進出したが、ウィンブルドン選手権男子ダブルス3連覇を狙ったトッド・ウッドブリッジ/ヨナス・ビョルクマン組に1-6, 4-6, 6-4, 4-6で敗れ、最初のチャンスを逃した。2005年全仏オープン男子ダブルスで、同じオーストリアのユルゲン・メルツァーと組んでベスト8に入る。ノールとメルツァーは、2007年春まで大部分のトーナメントでコンビを組んだ。

2007年4月のモンテカルロ・マスターズで、ノールは初めてシーモン・アスペリンと組んだ。これを契機にアスペリンと組む機会が増え、2007年全米オープンで4大大会男子ダブルス初優勝を決めた。2人は全米決勝でルーカス・ドロウヒー/パベル・ビズネル組を7-5, 6-4で破り、ノールは2004年ウィンブルドン選手権以来のチャンスをものにした。優勝した時はノールとアスペリンの両選手とも33歳で、遅い年齢での優勝だった。ノールとアスペリンは2008年末までペアを組み続けたが、同年10月末のパリ・マスターズを最後にペアを解消した。

2008年北京五輪で、ノールは34歳にして初のオリンピック代表選手に選ばれた。オーストリア代表選手としてユルゲン・メルツァーと組み、男子ダブルス2回戦でアメリカ代表のブライアン兄弟に6-7, 4-6で敗れた。2009年、メルツァーとのペアで年間2勝を挙げた。

外部リンク[編集]