シーモン・アスペリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シーモン・アスペリン
Simon Aspelin
Tennis pictogram.svg
Simon Aspelin at the 2010 US Open 02.jpg
シーモン・アスペリン
基本情報
フルネーム Simon Olof Karl Aspelin
国籍  スウェーデン
出身地 スウェーデンの旗 サルトショーバデン
居住地 イングランドの旗 イングランド・ロンドン
生年月日 (1974-05-11) 1974年5月11日(44歳)
身長 185cm
体重 80kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2011年
ツアー通算 12勝
シングルス 0勝
ダブルス 12勝
生涯通算成績 348勝305敗
シングルス 0勝2敗
ダブルス 348勝303敗
生涯獲得賞金 $2,120,860
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2006)
全仏 3回戦(2005・07-09・11)
全英 ベスト8(2004・06・09)
全米 優勝(2007)
優勝回数 1(米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 436位(1998年8月17日)
ダブルス 7位(2008年3月7日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2008 北京 ダブルス

シーモン・ウーロフ・カール・アスペリンSimon Olof Karl Aspelin, 1974年5月11日 - )は、スウェーデンサルトショーバデンスウェーデン語版出身の男子プロテニス選手。ダブルスのスペシャリストとして活動し、2007年全米オープン男子ダブルスでユリアン・ノールとペアを組んで優勝。2008年北京五輪男子ダブルスでトーマス・ヨハンソンと組んで銀メダル獲得。彼は普段からダブルスのみに活動を絞り、4大大会の男子シングルスには1度も出場がない。ATPツアー2007年全米オープンを含むダブルス12勝を挙げた。ダブルスの自己最高ランキングは7位。身長185cm、体重80kg、右利き。日本語では「サイモン・アスペリン」の表記も多く見られる。

来歴[編集]

アスペリンはジュニア時代から現在に至るまで、ずっと父親のコーチを受けてきた。1993年から1997年までアメリカ合衆国カリフォルニア州マリブ市ペパーダイン大学に在学し、全米大学チャンピオンを経てから、1998年に24歳でプロ入りした。最初の2年間は男子ツアー下部のフューチャーズチャレンジャーでシングルスもこなしたが、2000年以後はダブルスに専念するようになる。彼の最初期のパートナーは、同じスウェーデンのヨハン・ランスベリであった。2000年2月、ランスベリと組んでオープン13大会でツアー初優勝を果たす。アスペリンとランスベリは年末の男子ツアー最終戦ATPツアー世界選手権にも初出場し、予選総当たり戦を突破して準決勝に進んだ。2001年に男子テニス国別対抗戦デビスカップスウェーデン代表選手に初起用された。

それからしばらく好成績がなかったが、2003年に男子ツアーで2つのタイトルを獲得する。2004年ウィンブルドン選手権男子ダブルスのベスト8進出をきっかけに、アスペリンは大半のトーナメントでトッド・ペリーとペアを組むようになり、2005年にペリーとのペアで年間2勝を挙げた。2005年10月のジャパン・オープン・テニス選手権決勝で鈴木貴男/岩渕聡組と対戦した出来事をきっかけに、アスペリンは日本でも知名度を獲得する。この大会のダブルスは、1セットを4ゲーム先取する変則的な方式で行われ、アスペリンとペリーは4-5(3), 4-5(13)のスコアで日本ペアに敗れた。アスペリンとペリーは、2006年10月のパリ・マスターズを最後にペアを解消した。

2007年全米オープンで、アスペリンはユリアン・ノールとペアを組み、33歳にして4大大会男子ダブルス初優勝を飾った。2人は決勝でのルーカス・ドロウヒー/パベル・ビズネル組を7-5, 6-4のストレートで倒した。全米オープン優勝直後、デビスカップ2007ワールドグループ準決勝対アメリカ戦で、アスペリンは初めてシングルス戦に出場した。すでにスウェーデン代表の敗戦が決まった後の消化試合だったが、彼は8年ぶりのシングルスでジェームズ・ブレークに1-6, 3-6で敗れた。2008年北京五輪男子ダブルスで、アスペリンはトーマス・ヨハンソンと組んで銀メダルを獲得する。2人は決勝でスイスロジャー・フェデラー/スタニスラス・ワウリンカ組に3-6, 4-6, 7-6, 3-6のスコアで敗れた。

アスペリンは2011年7月、地元のスウェーデン・オープンダブルス準優勝を最後に37歳で現役を引退した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 33回 (12勝21敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2000年2月7日 フランスの旗 マルセイユ ハード
(室内)
スウェーデンの旗 ヨハン・ランスベリ スペインの旗 フアン・イグナシオ・カラスコ
スペインの旗 ハイロ・ベラスコ・ジュニア
7–6(7–2), 6–4
準優勝 1. 2001年7月15日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン ドイツの旗 カールステン・ブラーシュ
ドイツの旗 イェンス・クニプシルト
6–7(3–7), 6–4, 6–7(5–7)
準優勝 2. 2001年7月29日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン スペインの旗 アレックス・コレチャ
アルゼンチンの旗 ルイス・ロボ
3–6, 6–4, 3–6
準優勝 3. 2002年2月24日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン アルゼンチンの旗 ガストン・エトリス
アルゼンチンの旗 マルティン・ロドリゲス
6–3, 3–6, [4–10]
準優勝 4. 2002年4月14日 ポルトガルの旗 エストリル クレー オーストラリアの旗 アンドリュー・クラッツマン ドイツの旗 カールステン・ブラーシュ
ロシアの旗 アンドレイ・オルホフスキー
3–6, 3–6
優勝 2. 2003年5月19日 オーストリアの旗 ザンクト・ペルテン クレー イタリアの旗 マッシモ・ベルトリーニ アルメニアの旗 サルギス・サルグシアン
ユーゴスラビアの旗 ネナド・ジモニッチ
6–4, 6–7(8–10), 6–3
優勝 3. 2003年7月7日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー イタリアの旗 マッシモ・ベルトリーニ アルゼンチンの旗 ルーカス・アーノルド・カー
アルゼンチンの旗 マリアノ・フッド
6–7(3–7), 6–0, 6–4
準優勝 5. 2003年9月14日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー 南アフリカ共和国の旗 ジェフ・クッツェー ドイツの旗 カールステン・ブラーシュ
アルメニアの旗 サルギス・サルグシアン
6–7(7–9), 2–6
準優勝 6. 2004年7月11日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー オーストラリアの旗 トッド・ペリー インドの旗 マヘシュ・ブパシ
スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
6–4, 6–7(2–7), 6–7(6–8)
準優勝 7. 2004年7月17日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー オーストラリアの旗 トッド・ペリー チェコの旗 イジー・ノバク
チェコの旗 ラデク・ステパネク
2–6, 4–6
準優勝 8. 2005年1月9日 オーストラリアの旗 アデレード ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー ベルギーの旗 グザビエ・マリス
ベルギーの旗 オリビエ・ロクス
6–7(5–7), 4–6
準優勝 9. 2005年1月17日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー スイスの旗 イブ・アレグロ
ドイツの旗 ミヒャエル・コールマン
4–6, 6–7(4–7)
優勝 4. 2005年2月6日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー オーストラリアの旗 ジョーダン・カー
アメリカ合衆国の旗 ジム・トーマス
6–3, 6–3
優勝 5. 2005年2月14日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
オーストラリアの旗 トッド・ペリー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–4, 6–4
準優勝 10. 2005年6月20日 イギリスの旗 ノッティンガム オーストラリアの旗 トッド・ペリー イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
6–4, 3–6, 5–7
準優勝 11. 2005年7月25日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー オーストラリアの旗 ポール・ハンリー
アメリカ合衆国の旗 グレイドン・オリバー
2–6, 1–3 途中棄権
準優勝 12. 2005年10月10日 日本の旗 東京 ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー 日本の旗 岩渕聡
日本の旗 鈴木貴男
4–5(3–7), 4–5(13–15)
準優勝 13. 2006年1月14日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード オーストラリアの旗 トッド・ペリー ルーマニアの旗 アンドレイ・パベル
オランダの旗 ロヒール・ワッセン
2–6, 7–5, [4–10]
優勝 6. 2006年10月23日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) オーストラリアの旗 トッド・ペリー オーストリアの旗 ユリアン・ノール
オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー
6–1, 7–6(7–3)
準優勝 14. 2007年1月14日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード 南アフリカ共和国の旗 クリス・ハガート 南アフリカ共和国の旗 ジェフ・クッツェー
オランダの旗 ロヒール・ワッセン
7–6(11–9), 3–6, [2–10]
優勝 7. 2007年5月26日 オーストリアの旗 ペルチャッハ クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール チェコの旗 レオシュ・フリードル
チェコの旗 ダビド・シュコッホ
7–6(8–6), 5–7, [10–5]
優勝 8. 2007年6月17日 ドイツの旗 ハーレ オーストリアの旗 ユリアン・ノール フランスの旗 ファブリス・サントロ
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
6–4, 7–6(7–5)
優勝 9. 2007年7月15日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール アルゼンチンの旗 マルティン・ガルシア
アルゼンチンの旗 セバスティアン・プリエト
6–2, 6–4
優勝 10. 2007年9月8日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード オーストリアの旗 ユリアン・ノール チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー
チェコの旗 パベル・ビズネル
7–5, 6–4
準優勝 15. 2007年11月17日 中華人民共和国の旗 上海 ハード
(室内)
オーストリアの旗 ユリアン・ノール バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
2–6, 3–6
準優勝 16. 2008年8月17日 中華人民共和国の旗 北京五輪 ハード スウェーデンの旗 トーマス・ヨハンソン スイスの旗 ロジャー・フェデラー
スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ
3–6, 4–6, 7–6(7–4), 3–6
準優勝 17. 2009年4月11日 モロッコの旗 カサブランカ クレー オーストラリアの旗 ポール・ハンリー ポーランドの旗 ルカシュ・クボット
オーストリアの旗 オリバー・マラチ
6–7(4–7), 6–3, [6–10]
準優勝 18. 2009年5月17日 スペインの旗 マドリード クレー 南アフリカ共和国の旗 ウェスリー・ムーディ カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
4–6, 4–6
優勝 11. 2009年7月26日 ドイツの旗 ハンブルク クレー オーストラリアの旗 ポール・ハンリー ブラジルの旗 マルセロ・メロ
スロバキアの旗 フィリップ・ポラーシェク
6–3, 6–3
準優勝 19. 2009年10月25日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ポール・ハンリー ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
4–6, 6–7(4–7)
準優勝 20. 2010年2月14日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ポール・ハンリー カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
4–6, 6–4, [7–10]
優勝 12. 2010年2月27日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード オーストラリアの旗 ポール・ハンリー チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー
インドの旗 リーンダー・パエス
6–2, 6–3
準優勝 21. 2011年7月17日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー スウェーデンの旗 アンドレアス・シーエストロム スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
3–6, 3–6

外部リンク[編集]