ポール・ハンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ハンリー Tennis pictogram.svg
Paul Hanley at the 2010 US Open 01 (crop).jpg
ポール・ハンリー
基本情報
ラテン文字名 Paul Hanley
フルネーム Paul Jason Hanley
愛称 Handles (ハンドルズ)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・メルボルン
生年月日 (1977-11-12) 1977年11月12日(39歳)
身長 183cm
体重 76kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1997年
引退年 2014年
ツアー通算 26勝
シングルス 0勝
ダブルス 26勝
生涯通算成績 451勝325敗
シングルス 0勝3敗
ダブルス 451勝322敗
生涯獲得賞金 $2,871,560
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2006・07)
全仏 ベスト4(2003)
全英 ベスト4(2004)
全米 ベスト4(2006・07)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 準優勝(2011)
全仏 ベスト4(2005)
全英 準優勝(2005)
全米 ベスト4(2006)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 395位(2000年2月7日)
ダブルス 5位(2006年11月6日)

ポール・ジェイソン・ハンリーPaul Jason Hanley, 1977年11月12日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の男子プロテニス選手。「ハンドルズ」(Handles)という愛称で呼ばれている。2005年ウィンブルドン選手権2011年全豪オープン混合ダブルスで準優勝した。サービスとフォアハンド・ストロークを武器にした選手。身長183cm、体重76kg、右利き。

来歴[編集]

ハンリーは普段からダブルスのスペシャリストとして活動し、4大大会の男子シングルスには1度も出場記録がない。ATPツアーでダブルス26勝を挙げた。ダブルスの自己最高ランキングは5位。彼が息を合わせてきたダブルス・パートナーには、同じオーストラリアのウェイン・アーサーズケビン・ウリエットなどがいる。

ハンリーは両親がテニス・センターの経営者という家庭に生まれ育ち、早くからテニスに親しんだ。1997年に20歳でプロ転向。2001年からダブルスのスペシャリストとして頭角を現し始め、7月初頭のオレンジ・ワルシャワ・オープンで同じオーストラリアのネイサン・ヒーリーと組んで男子ツアー大会初優勝を果たす。この年はヒーリーとのペアで、ジャパン・オープン・テニス選手権男子ダブルス準優勝もあり、ハンリーとヒーリーは決勝でリック・リーチ/デビッド・マクファーソン組に6-1, 6-7, 6-7の逆転で敗れた。2002年までは男子ツアー最下層のITF男子サーキットでシングルスにも出場していたが、2003年以後は活動をダブルスのみに絞るようになる。

2002年全仏オープン男子ダブルスで、ハンリーは同じオーストラリアのウェイン・アーサーズと組んでベスト8に入った。しばらく様々な選手たちとのペアを試したが、2003年春から大半の試合でアーサーズと組むようになり、彼との組み合わせで2003年に全仏オープン前哨戦の1つのローマ・マスターズに優勝し、初めてのビッグタイトルを獲得する。ハンリーとアーサーズは、2003年全仏オープン2004年ウィンブルドン選手権で男子ダブルスベスト4に入った。2005年ウィンブルドン選手権混合ダブルスで、ハンリーはタチアナ・ペレビニスと組んだ。2人は決勝戦でマヘシュ・ブパシ/マリー・ピエルス組に4-6, 2-6のストレートで敗れ、優勝のチャンスを逃した。2005年の男子ツアー年間最終戦テニス・マスターズ・カップの予選敗退を最後に、ハンリーとアーサーズはペアを解消した。

アーサーズとのペア解消後、ハンリーは2年間ケビン・ウリエットと組んだ。ハンリーとウリエットの組は、2006年・2007年の2年連続で全豪オープン全米オープンの男子ダブルスベスト4に入ったが、4度とも決勝進出のチャンスを生かせなかった。2006年から、ハンリーは男子テニス国別対抗戦デビスカップオーストラリア代表選手を務め、これまでにシングルス0勝2敗、ダブルス8勝2敗の成績を挙げている。

ハンリーは2009年と2010年はシーモン・アスペリンと2011年からはルーカス・ドロウヒージェイミー・マリーエリック・ブトラックらとペアを組んでいる。2011年全豪オープン混合ダブルスでは詹詠然とペアを組んで決勝に進出した。決勝ではダニエル・ネスター/カタリナ・スレボトニク組に3–6, 6–3, [7–10]で敗れ準優勝となった。

ハンリーは2014年7月のクロアチア・オープンが最後の出場になり36歳で現役を引退した[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 51回 (26勝25敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2001年6月25日 イギリスの旗 ノッティンガム オーストラリアの旗 マーク・クラッツマン アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ジョンソン
アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・パーマー
4–6, 2–6
優勝 1. 2001年7月30日 ポーランドの旗 ソポト クレー オーストラリアの旗 ネイサン・ヒーリー グルジアの旗 イラクリ・ラバーゼ
ハンガリーの旗 アッティラ・シャーヴォルト
7–6(10), 6–2
準優勝 2. 2001年10月8日 日本の旗 東京 ハード オーストラリアの旗 ネイサン・ヒーリー アメリカ合衆国の旗 リック・リーチ
オーストラリアの旗 デビッド・マクファーソン
5–7, 6–7(2)
準優勝 3. 2002年7月15日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー オーストラリアの旗 マイケル・ヒル スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ
6–7(6), 4–6
準優勝 4. 2002年10月28日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ ジンバブエの旗 ウェイン・ブラック
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
4–6, 6–2, 6–7(4)
優勝 2. 2003年1月13日 オーストラリアの旗 シドニー ハード オーストラリアの旗 ネイサン・ヒーリー インドの旗 マヘシュ・ブパシ
オーストラリアの旗 ジョシュア・イーグル
7–6(3), 6–4
優勝 3. 2003年2月24日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ スイスの旗 ロジャー・フェデラー
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
7–6(4), 6–2
優勝 4. 2003年5月12日 イタリアの旗 ローマ クレー オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ フランスの旗 ミカエル・ロドラ
フランスの旗 ファブリス・サントロ
7–5, 7–6(5)
準優勝 5. 2003年8月4日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード 南アフリカ共和国の旗 クリス・ハガード ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ
アルメニアの旗 サルギス・サルグシアン
5–7, 6–4, 2–6
準優勝 6. 2003年8月18日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(3), 4–6
優勝 5. 2003年9月29日 中華人民共和国の旗 上海 ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ 中華人民共和国の旗 曾少眩
中華人民共和国の旗 en:Ben-Qiang Zhu
6–2, 6–4
準優勝 7. 2003年10月27日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ
3–6, 4–6
優勝 6. 2003年11月3日 フランスの旗 パリ カーペット (室内) オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ フランスの旗 ミカエル・ロドラ
フランスの旗 ファブリス・サントロ
6–3, 1–6, 6–3
優勝 7. 2004年2月23日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
チェコの旗 ラデク・ステパネク イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
5–7, 7–6(5), 7–5
準優勝 8. 2004年5月10日 イタリアの旗 ローマ クレー オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
6–1, 4–6, 6–7(1)
優勝 8. 2004年6月21日 イギリスの旗 ノッティンガム オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ アメリカ合衆国の旗 リック・リーチ
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・マクフィー
6–4, 6–3
準優勝 9. 2004年7月19日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 6–7(6)
準優勝 10. 2004年11月1日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ スペインの旗 フェリシアーノ・ロペス
スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ
4–6, 4–6
優勝 9. 2005年2月14日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ スイスの旗 イブ・アレグロ
ドイツの旗 ミヒャエル・コールマン
7–6(4), 6–4
準優勝 11. 2005年2月28日 アメリカ合衆国の旗 スコッツデール ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
5–7, 4–6
準優勝 12. 2005年3月21日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
6–7(6), 6–7(2)
優勝 10. 2005年5月23日 オーストリアの旗 ペルチャッハ クレー アルゼンチンの旗 ルーカス・アーノルド・カー チェコの旗 マルティン・ダム
アルゼンチンの旗 マリアン・オード
6–3, 6–4
優勝 11. 2005年7月25日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード アメリカ合衆国の旗 グレイドン・オリバー スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストラリアの旗 トッド・ペリー
6–2, 3–1, 途中棄権
優勝 12. 2005年10月3日 タイ王国の旗 バンコク ハード
(室内)
インドの旗 リーンダー・パエス イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
6–7(5), 6–1, 6–2
優勝 13. 2005年10月17日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ インドの旗 リーンダー・パエス
セルビア・モンテネグロの旗 ネナド・ジモニッチ
5–3, 5–3
準優勝 13. 2006年1月9日 オーストラリアの旗 アデレード ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
6–7(4), 6–7(10)
優勝 14. 2006年2月27日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック
イスラエルの旗 アンディ・ラム
7–6(4), 7–6(2)
優勝 15. 2006年3月6日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
1–6, 6–2, [10–1]
優勝 16. 2006年5月22日 ドイツの旗 ハンブルク クレー ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
4–6, 7–6(5), [10–4]
優勝 17. 2006年5月29日 オーストリアの旗 ペルチャッハ クレー アメリカ合衆国の旗 ジム・トーマス オーストリアの旗 オリバー・マラチ
チェコの旗 シリル・スーク
6–3, 4–6, [10–5]
優勝 18. 2006年6月19日 イギリスの旗 ロンドン ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
6–4, 7–6(5)
準優勝 14. 2006年8月7日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 7–5, [3–10]
準優勝 15. 2006年8月14日 カナダの旗 トロント ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
5–7, 1–6
優勝 19. 2006年10月16日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット ベルギーの旗 オリビエ・ロクス
ベルギーの旗 クリストフ・フリーヘン
7–6(2), 6–4
優勝 20. 2007年1月15日 オーストラリアの旗 シドニー ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット バハマの旗 マーク・ノールズ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
6–4, 6–7(3), [10–6]
準優勝 16. 2007年5月21日 ドイツの旗 ハンブルク クレー ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
3–6, 6–3, [7–10]
準優勝 17. 2007年8月12日 カナダの旗 モントリオール ハード ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット インドの旗 マヘシュ・ブパシ
チェコの旗 パベル・ビズネル
4–6, 4–6
優勝 21. 2008年3月1日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
オーストラリアの旗 ジョーダン・カー ドイツの旗 クリストファー・カス
オランダの旗 ロヒール・ワッセン
6–3, 3–6, [10–8]
準優勝 18. 2009年4月11日 モロッコの旗 カサブランカ クレー スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン ポーランドの旗 ルカシュ・クボット
オーストリアの旗 オリバー・マラチ
6–7(4), 6–3, [6–10]
優勝 22. 2009年7月26日 ドイツの旗 ハンブルク クレー スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン ブラジルの旗 マルセロ・メロ
スロバキアの旗 フィリップ・ポラーシェク
6–3, 6–3
準優勝 19. 2009年10月25日 スウェーデンの旗 ストックホルム ハード
(室内)
スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
4–6, 6–7(4)
準優勝 20. 2010年2月14日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
4–6, 6–4, [7–10]
優勝 23. 2010年2月27日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー
インドの旗 リーンダー・パエス
6–2, 6–3
優勝 24. 2011年1月9日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–4, 途中棄権
優勝 25. 2011年1月15日 オーストラリアの旗 シドニー ハード チェコの旗 ルーカス・ドロウヒー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(6), 6–3, [10–5]
準優勝 21. 2012年2月5日 フランスの旗 モンペリエ ハード
(室内)
イギリスの旗 ジェイミー・マリー フランスの旗 ニコラ・マユ
フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=バセラン
4–6, 6–7(4)
優勝 26. 2012年4月14日 モロッコの旗 カサブランカ クレー ドイツの旗 ダスティン・ブラウン イタリアの旗 ダニエレ・ブラッチャーリ
イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ
7–5, 6–3
準優勝 22. 2012年7月28日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー ドイツの旗 ダスティン・ブラウン チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
オーストリアの旗 ユリアン・ノール
6–7(4), 6–3, [10–12]
準優勝 23. 2012年9月30日 タイ王国の旗 バンコク ハード
(室内)
アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック チャイニーズタイペイの旗 盧彦勲
タイ王国の旗 ダナイ・ウドムチョク
3–6, 4–6
準優勝 24. 2013年1月6日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック ブラジルの旗 マルセロ・メロ
スペインの旗 トミー・ロブレド
6–4, 1–6, [5–10]
準優勝 25. 2014年2月23日 フランスの旗 マルセイユ ハード
(室内)
イギリスの旗 ジョナサン・マレー フランスの旗 ジュリアン・ベネトー
フランスの旗 エドゥアール・ロジェ=バセラン
6–4, 6–7(6), [11–13]

脚注[編集]

  1. ^ Hanley, Hutchins Retire From Professional Tennis”. atpworldtour.com. ATP Tour, Inc. (2014年9月12日). 2014年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]