2003年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2003年全仏オープン
開催期間:   5月26日 – 6月8日
通算:   102回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   フランス, パリ (16区)
優勝者
男子シングルス
スペインの旗 ファン・カルロス・フェレーロ
女子シングルス
ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン=アーデン
男子ダブルス
アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
女子ダブルス
日本の旗 杉山愛
ベルギーの旗 キム・クライシュテルス
混合ダブルス
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
全仏オープン
 < 2002 2004 > 

2003年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 2003)は、フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて、2003年5月26日から6月8日にかけて開催された。

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

スペインの旗 ファン・カルロス・フェレーロ def. オランダの旗 マルティン・フェルカーク, 6–1, 6–3, 6–2

  • フェレーロが過去3年中、2年連続ベスト4、初の決勝進出となりながら、優勝を逃した2002年の雪辱を果たし、悲願の初優勝を挙げた。現時点では唯一の4大大会優勝である。

女子シングルス[編集]

ベルギーの旗 ジュスティーヌ・エナン=アーデン def. ベルギーの旗 キム・クライシュテルス, 6–0, 6–4

  • ・エナン=アーデンとクライシュテルスがテニス史上初の「ベルギー対決の決勝」を実現させた。1歳年上のエナン=アーデンが優勝し、ベルギーのテニス選手として最初の4大大会優勝者に輝いた。

男子ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン / アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン def. ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ / オランダの旗 ポール・ハーフース, 7–6, 6–3

女子ダブルス[編集]

日本の旗 杉山愛 / ベルギーの旗 キム・クライシュテルス def. スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル / アルゼンチンの旗 パオラ・スアレス, 6–7(5), 6–2, 9–7

杉山愛グランドスラム3年ぶり2度目・全仏初優勝。日本人の全仏優勝は1997年以来6年ぶり、女子ダブルスでは初。また現在日本人最後の全仏オープン優勝である。

混合ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン / アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド def. インドの旗 マヘシュ・ブパシ / ロシアの旗 エレーナ・リホフツェワ, 6–3, 6–4

ジュニア[編集]

男子シングルス[編集]

スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ def. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ベイカー, 7–5, 4–6, 6–3

女子シングルス[編集]

ドイツの旗 アンナ=レナ・グローネフェルド def. ロシアの旗 ベラ・ドゥシェビナ, 6–4, 6–4

男子ダブルス[編集]

ハンガリーの旗 ジョルジ・バラージュ / イスラエルの旗 ドゥディ・セラ def. スロバキアの旗 Kamil Čapkovič / グルジアの旗 Lado Chikhladze, 5–7, 6–1, 6–2

女子ダブルス[編集]

スペインの旗 Marta Fraga-Perez / スペインの旗 Adriana Gonzalez-Peñas def. チェコの旗 Katerina Bohmova / オランダの旗 ミハエラ・クライチェク, 6–0, 6–3

外部リンク[編集]

先代:
2003年全豪オープン
テニス4大大会
2003年
次代:
2003年ウィンブルドン選手権
先代:
2002年全仏オープン
全仏オープン
2003年
次代:
2004年全仏オープン