1982年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1982年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 1982)は、フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて、1982年5月24日から6月6日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「128名」の選手による通常の7回戦制で行われた。
  • 女子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、シード選手16名を含む32名の上位選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。したがって、女子のシード選手は2回戦からの登場になるため、初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ (ベスト8)
  2. チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル (4回戦)
  3. アルゼンチンの旗 ギレルモ・ビラス (準優勝)
  4. アルゼンチンの旗 ホセ・ルイス・クラーク (ベスト4)
  5. アメリカ合衆国の旗 ビタス・ゲルレイティス (ベスト8)
  6. アメリカ合衆国の旗 エリオット・テルチャー (4回戦)
  7. オーストラリアの旗 ピーター・マクナマラ (ベスト8)
  8. フランスの旗 ヤニック・ノア (ベスト8)
  9. エクアドルの旗 アンドレス・ゴメス (4回戦)
  10. ハンガリーの旗 バラージュ・タロツィ (2回戦)
  11. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ゴットフリート (2回戦)
  12.  (試合開始前に棄権)
  13.  (試合開始前に棄権)
  14. スペインの旗 ホセ・ヒゲラス (ベスト4)
  15. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・デントン (1回戦)
  16. アメリカ合衆国の旗 チップ・フーパー (4回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート・ロイド (ベスト4)
  2. アメリカ合衆国の旗 マルチナ・ナブラチロワ (初優勝)
  3. アメリカ合衆国の旗 トレーシー・オースチン (ベスト8)
  4. アメリカ合衆国の旗 アンドレア・イエガー (準優勝)
  5. チェコスロバキアの旗 ハナ・マンドリコワ (ベスト4)
  6. 西ドイツの旗 シルビア・ハニカ (2回戦=初戦)
  7. ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ミマ・ヤウソベッツ (4回戦)
  8. アメリカ合衆国の旗 アン・スミス (4回戦)
  9. 西ドイツの旗 ベッティーナ・バンジ (2回戦=初戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (3回戦)
  11. ルーマニアの旗 バージニア・ルジッチ (ベスト8)
  12. アメリカ合衆国の旗 アンドレア・リーンド (4回戦)
  13.  (試合開始前に棄権)
  14. アメリカ合衆国の旗 マリー・ピアテク (2回戦=初戦)
  15. アメリカ合衆国の旗 キャシー・リナルディ (4回戦)
  16. アメリカ合衆国の旗 パム・カサレ (4回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

みどころ[編集]

  • 男子シングルス優勝者のマッツ・ビランデルが、「17歳7ヶ月」で大会初出場から初優勝を達成した。17歳7ヶ月での優勝は、7年後の1989年マイケル・チャンによって破られるまで、全仏オープンの男子最年少優勝記録であった。ギレルモ・ビラスとの決勝戦は、試合時間「4時間47分」を要するマラソン・マッチになった。

外部リンク[編集]

先代:
1981年全豪オープン
テニス4大大会
1981年 - 1982年
次代:
1982年ウィンブルドン選手権
先代:
1981年全仏オープン
全仏オープン
1982年
次代:
1983年全仏オープン