1951年全仏選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1951年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1951)に関する記事。フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて開催。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「92名」の選手による7回戦制で行われ、36名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。例年とは異なり、本年度のみシード選手の番号がついておらず、抽選表における“Bye”の位置もあちこちに散らばっている。
  • 女子シングルスは「45名」の選手による6回戦制で行われ、シード選手は8名であった。ただし、女子の抽選表にも例年にない相違点が1ヶ所あり、1人だけ3回戦から出場した選手がいた(第1シードのドリス・ハートと対戦)。シード選手では、第3・第5・第6シードが1回戦から出場した。他のシード選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

(本年度のみ順位記録がないため、第1・第2シードのみ記載)

  1. アメリカ合衆国の旗 バッジ・パティー (4回戦)
  2. オーストラリアの旗 フランク・セッジマン (ベスト4)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ドリス・ハート (準優勝)
  2. アメリカ合衆国の旗 マーガレット・オズボーン・デュポン (ベスト4)
  3. アメリカ合衆国の旗 シャーリー・フライ (初優勝)
  4. イギリスの旗 ジーン・ウォーカー・スミス (ベスト4)
  5. アメリカ合衆国の旗 ベバリー・ベーカー (ベスト8)
  6. オーストラリアの旗 テルマ・コイン・ロング (ベスト8)
  7. フランスの旗 ネリー・アダムソン・ランドリー (ベスト8)
  8. イギリスの旗 ジョイ・モットラム (3回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1951年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1951年
次代:
1951年ウィンブルドン選手権
先代:
1950年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1951年
次代:
1952年全仏選手権 (テニス)