1997年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1997年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 1997)は、フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて、1997年5月26日から6月8日にかけて開催された。

概要[編集]

  •  混合ダブルス部門で、日本の平木理化マヘシュ・ブパシ(インド)と組んで初優勝を達成。日本人選手が4大大会で優勝したのは、1975年ウィンブルドンの女子ダブルス部門を制した沢松和子&アン清村組以来22年ぶりの快挙であった。現在も日本人最後の全仏混合優勝である。次に日本人が優勝したのは2年後の1999年全米オープンである。
  •  男子シングルス優勝者のグスタボ・クエルテンは、ブラジルの男子テニス選手として最初の4大大会優勝者になった。当時20歳のクエルテンは、この大会では世界ランキング66位のノーシード選手だった。
  •  女子シングルス優勝者のイバ・マヨリは、クロアチアのテニス選手として最初の4大大会優勝者になった。当時16歳で最年少世界ランキング1位になったマルチナ・ヒンギスが、1997年度の4大大会ではこの全仏オープンだけ優勝を逃したこともあり、マヨリは「1997年度の4大大会でヒンギスを破った唯一の選手」と呼ばれた。1995年・1996年の全仏オープン女子シングルスを連覇していたシュテフィ・グラフがベスト8で敗退。全豪オープン4回戦に続いてグラフを破ったアマンダ・クッツァーには「小さな暗殺者」というニックネームがついた。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス (3回戦)
  2. アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン (4回戦)
  3. ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ (ベスト8)
  4. クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ (1回戦)
  5. オーストリアの旗 トーマス・ムスター (3回戦)
  6. オランダの旗 リカルド・クライチェク (3回戦)
  7. チリの旗 マルセロ・リオス (4回戦)
  8. スペインの旗 カルロス・モヤ (2回戦)
  9. スペインの旗 アレックス・コレチャ (4回戦)
  10. スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ (2回戦)
  11. スペインの旗 アルベルト・コスタ (3回戦)
  12. スペインの旗 アルベルト・ベラサテギ (1回戦)
  13. 南アフリカ共和国の旗 ウェイン・フェレイラ (3回戦)
  14. イギリスの旗 ティム・ヘンマン (1回戦)
  15. スイスの旗 マルク・ロセ (4回戦)
  16. スペインの旗 セルジ・ブルゲラ (準優勝)

女子シングルス[編集]

  1. スイスの旗 マルチナ・ヒンギス (準優勝)
  2. ドイツの旗 シュテフィ・グラフ (ベスト8)
  3. アメリカ合衆国の旗 モニカ・セレシュ (ベスト4)
  4. チェコの旗 ヤナ・ノボトナ (3回戦)
  5. アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート (4回戦)
  6. スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ (ベスト8)
  7. スペインの旗 コンチタ・マルチネス (4回戦)
  8. ドイツの旗 アンケ・フーバー (1回戦)
  9. クロアチアの旗 イバ・マヨリ (初優勝)
  10. フランスの旗 マリー・ピエルス (4回戦)
  11. 南アフリカ共和国の旗 アマンダ・クッツァー (ベスト4)
  12. アメリカ合衆国の旗 メアリー・ジョー・フェルナンデス (ベスト8)
  13. ルーマニアの旗 イリナ・スピールリア (4回戦)
  14. オランダの旗 ブレンダ・シュルツ=マッカーシー (3回戦)
  15. スロバキアの旗 カリーナ・ハブストワ (3回戦)
  16. オーストリアの旗 バルバラ・パウルス (4回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

先代:
1997年全豪オープン
テニス4大大会
1997年
次代:
1997年ウィンブルドン選手権
先代:
1996年全仏オープン
全仏オープン
1997年
次代:
1998年全仏オープン