1979年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1979年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 1979)は、フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて、1979年5月28日から6月11日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「128名」の選手による7回戦制で、女子シングルスは「64名」の選手による6回戦制で行われた。男女とも「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)はない。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ (優勝、2年連続4度目)
  2. アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ (ベスト4)
  3. アルゼンチンの旗 ギレルモ・ビラス (ベスト8)
  4. アメリカ合衆国の旗 ビタス・ゲルレイティス (ベスト4)
  5. スペインの旗 エミリオ・モンターニョ (1回戦)
  6. アメリカ合衆国の旗 ハロルド・ソロモン (4回戦)
  7. アメリカ合衆国の旗 エディ・ディッブス (ベスト8)
  8. スペインの旗 ホセ・ヒゲラス (ベスト8)
  9. アメリカ合衆国の旗 アーサー・アッシュ (3回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ゴットフリート (3回戦)
  11. アルゼンチンの旗 ホセ・ルイス・クラーク (2回戦)
  12. ポーランドの旗 ヴォイチェフ・フィバク (4回戦)
  13. スペインの旗 マニュエル・オランテス (4回戦)
  14. アメリカ合衆国の旗 ティム・ガリクソン (4回戦)
  15. イタリアの旗 コラド・バラツッティ (3回戦)
  16. イタリアの旗 アドリアーノ・パナッタ (3回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート・ロイド (優勝、4年ぶり3度目)
  2. イギリスの旗 バージニア・ウェード (2回戦)
  3. オーストラリアの旗 ダイアン・フロムホルツ (ベスト4)
  4. オーストラリアの旗 ウェンディ・ターンブル (準優勝)
  5. ルーマニアの旗 バージニア・ルジッチ (ベスト8)
  6. イギリスの旗 スー・バーカー (2回戦)
  7. チェコスロバキアの旗 レジナ・マルシコワ (ベスト4)
  8. オランダの旗 ベティ・ストーブ (3回戦)
  9. ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ミマ・ヤウソベッツ (2回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 キャシー・ティーチャー (2回戦)
  11. アメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス (1回戦)
  12. 南アフリカの旗 マリセ・クルーガー (2回戦)
  13. アメリカ合衆国の旗 アン・スミス (3回戦)
  14. 南アフリカの旗 イラナ・クロス (2回戦、途中棄権)
  15.  (試合開始前に棄権)
  16. アメリカ合衆国の旗 マリタ・レドンド (1回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

みどころ[編集]

外部リンク[編集]

先代:
1978年全豪オープン
テニス4大大会
1978年 - 1979年
次代:
1979年ウィンブルドン選手権
先代:
1978年全仏オープン
全仏オープン
1979年
次代:
1980年全仏オープン