ヴォイチェフ・フィバク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴォイチェフ・フィバク Tennis pictogram.svg
Wojciech Fibak 1982.jpg
ヴォイチェフ・フィバク
基本情報
ラテン文字名 Wojtek Fibak
フルネーム Wojciech Fibak
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
出身地 同・ポズナニ
生年月日 (1952-08-30) 1952年8月30日(64歳)
身長 182cm
体重 72kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1972年
引退年 1989年
ツアー通算 67勝
シングルス 15勝
ダブルス 52勝
生涯通算成績 1047勝558敗
シングルス 520勝310敗
ダブルス 527勝248敗
生涯獲得賞金 $2,725,403
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1978)
全仏 ベスト8(1977・80)
全英 ベスト8(1980)
全米 ベスト8(1980)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1978)
全仏 準優勝(1977)
全英 ベスト4(1978)
全米 ベスト4(1978)
優勝回数 1(豪1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 10位(1977年7月25日)
ダブルス 2位(1979年2月9日)

ヴォイチェフ・フィバクWojciech Fibak, 1952年8月30日 - )は、ポーランドポズナニ出身の元男子プロテニス選手。1970年代から1980年代前半にかけて活躍した、当地最大の男子テニス選手である。ポーランド語での現地綴りは Wojciech Fibak であるが、英語文献では短縮した Wojtek Fibak という名前で表記される。シングルス自己最高ランキングは10位で、男子テニス世界ランキングでトップ10位以内に入った初めてのポーランド人選手である。ATPツアーでシングルス15勝、ダブルス52勝を挙げた。身長182cm、体重72kg、右利き。フィバクはジミー・コナーズギリェルモ・ビラスと同じ年にあたり、この3人は生まれた時期も近い。

来歴[編集]

ポーランド中西部にあるヴィエルコポルスカ県の県都・ポズナニで大学教授の息子として生まれたヴォイチェフ・フィバクは、1972年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのポーランド代表選手となった。彼は大学の法学部で弁護士になるための勉強をしていたが、ポーランド・テニス連盟の反対を押し切って、1974年にポーランド人として最初の「プロテニス選手」になった。1975年に男子テニスツアーでダブルス年間5勝を挙げる。1976年5月にイギリスボーンマスの大会でシングルス初優勝を果たし、この年にシングルス3勝、ダブルス7勝を記録した。1977年、フィバクは全仏オープンで初めて4大大会の男子シングルス準々決勝に勝ち進み、男子ダブルスでチェコスロバキアヤン・コデシュとペアを組んで決勝に進出した。シングルス準々決勝ではギリェルモ・ビラスに完敗し、ダブルス決勝ではブライアン・ゴットフリートアメリカ)&ラウル・ラミレスメキシコ)組に敗れて準優勝に終わっている。この年はシングルスで2勝、ダブルスで10勝を積み上げた。

そしてついに、1978年全豪オープン男子ダブルスで、フィバクはキム・ウォーウィックオーストラリア)とのペアで初優勝を達成する。これはポーランド人の男子テニス選手による、4大大会初優勝であった。過去には第2次世界大戦直前の時代に、当地最大の女子テニス選手であるヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ1912年 - 1980年)の活躍があった。イェンジェヨフスカは1939年全仏選手権の女子ダブルスでポーランド人選手として初の4大大会優勝を飾ったが、女子シングルスでは3度の準優勝に終わり、1937年ウィンブルドン全米選手権(同年度に2大会連続)、1939年全仏選手権の決勝で敗れた人である。まだ共産主義の支配下にあった1970年代後半のポーランドで、フィバクは当地の国民的英雄として尊敬を集めた。

4大大会シングルスでのフィバクは、1980年全仏オープンで3年ぶり2度目の準々決勝に進んだ後、ウィンブルドン全米オープンでもベスト8に入り、3大会連続で準々決勝進出がある。全仏オープンの準々決勝では、ビタス・ゲルレイティスアメリカ)に 3-6, 7-5, 4-6, 6-3, 3-6 のフルセットで惜敗した。ウィンブルドンでは4回戦でそのゲルレイティスに雪辱を果たしたが、続く準々決勝でブライアン・ゴットフリートにストレートで敗れた。全米オープンでも4回戦でギリェルモ・ビラスを破ったが、準々決勝で全豪オープン優勝者のヨハン・クリーク南アフリカ)に 6-4, 2-6, 6-3, 1-6, 6-7 のフルセットで敗れ(最終第5セットはタイブレークによる)、3大会連続で4強入りのチャンスを逃している。

フィバクの男子テニスツアーでのシングルス優勝は、1982年に獲得した3勝が最後になったが、ダブルスでは1987年まで優勝記録がある。1985年、フィバクはアメリカカリフォルニア州に「南カリフォルニア・ポーランド・テニス協会」(Polish Tennis Association of Southern California)を設立した。選手としての全盛期が過ぎた後も、1990年1992年の2度デビスカップでポーランド・チームのダブルスに出場したこともある。イワン・レンドルチェコスロバキアからアメリカに移住した当時のコーチを務めたこともあった。

フィバクはポーランド国内でも有数の美術品収集家として知られ、2001年に「フィバク・ギャラリー」を設立した。選手引退後は実業家として、多方面の事業を手がけている。

ヴォイチェフ・フィバクの全盛期から四半世紀あまり後、2008年7月にアグニエシュカ・ラドワンスカがポーランド人女性として史上初の世界トップ10入りを成し遂げ、2012年ウィンブルドン選手権女子シングルスで準優勝した。2014年全豪オープンではルカシュ・クボットロベルト・リンドステットと組んだ男子ダブルスで優勝し、ポーランド人としてフィバク以来36年ぶりの4大大会タイトルを獲得した。

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • ATPシニアツアー発行「シニア・プレーヤーズ・ガイド」1992年版 (英語、シニアツアーの公式ガイドブック)

外部リンク[編集]