ビタス・ゲルレイティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビタス・ゲルレイティス Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Vitas Gerulaitis
フルネーム Vitas Kevin Gerulaitis
愛称 リトアニアのライオン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨークブルックリン
生年月日 (1954-07-26) 1954年7月26日
没年月日 (1994-09-17) 1994年9月17日(満40歳没)
身長 182cm
体重 70kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1971年
引退年 1986年
ツアー通算 32勝
シングルス 24勝
ダブルス 8勝
生涯通算成績 667勝339敗
シングルス 503勝216敗
ダブルス 164勝123敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1977/12)
全仏 準優勝(1980)
全英 ベスト4(1977・78)
全米 準優勝(1979)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(1983)
全仏 ベスト4(1980)
全英 優勝(1975)
全米 3回戦(1972)
優勝回数 1(英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位
ダブルス 43位

ビタス・ゲルレイティス(Vitas Gerulaitis、1954年7月26日 - 1994年9月17日[注 1])は、アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン出身の元男子プロテニス選手。フルネームはビタス・ケビン・ゲルレイティス (Vitas Kevin Gerulaitis) という。1970年代後半に活躍し、1977年12月の全豪オープン男子シングルスで優勝した。シングルス自己最高ランキングは3位。ATPツアーでシングルス24勝、ダブルス8勝を挙げた。父親はリトアニアのテニス・チャンピオンであり、ゲルレイティスは“Lithuanian Lion”(リトアニアのライオン)というニックネームで呼ばれた。1歳年下の妹、ルタ・ゲルレイティスもプロテニス選手である。

ゲルレイティスの活躍した時代は、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金期であり、同年代の選手としてビョルン・ボルグジミー・コナーズなどの強豪選手がいたため、彼の現在の印象はやや薄くなった。しかしボルグと数々の熱戦を繰り広げ、良き友人でもあった。

ゲルレイティスはコロンビア大学を1年で中退し、1971年にプロテニス選手となった。4大大会にデビューした1971年全米オープンでは、1回戦で敗れた相手が日本坂井利郎選手であった。1975年ウィンブルドンで、ゲルレイティスは同じアメリカサンディ・マイヤーとペアを組み、4大大会の男子ダブルスで初優勝を果たす。ゲルレイティスのテニス成績が大きく伸び始めたのは、1976年ウィンブルドンベスト8進出からである。ゲルレイティスは4回戦で大会前年優勝者のアーサー・アッシュを破ったが、続く準々決勝でラウル・ラミレスメキシコ)に敗れた。それからウィンブルドンでは、1977年1978年の2年連続でベスト4に進んだが、1977年の準決勝でビョルン・ボルグと最終第5セット 6-8 まで競り合った試合は、今なお選手権史上に残る名勝負の1つとして語り継がれている。

1977年全豪オープンは、年頭の1月開催と年末の12月開催の2度行われた。ゲルレイティスが優勝したのは12月の年末開催の大会で、決勝の相手はイギリスジョン・ロイド(後にクリス・エバートと結婚した選手)であった。先にゲルレイティスが2セットを先取したが、ロイドが第3・第4セットを連取して2セット・オールに追いつく。最終第5セットでゲルレイティスはロイドを突き放し、6-3, 7-6, 5-7, 3-6, 6-2 のスコアで初優勝を飾った。

その後のゲルレイティスは4大大会で2度の準優勝に終わり、1979年全米オープンの決勝では当時20歳のジョン・マッケンローに 5-7, 3-6, 3-6 で敗れ、1980年全仏オープンの決勝ではボルグに 4-6, 1-6, 2-6 で敗れた。ゲルレイティスとボルグの対戦成績は、ボルグの「16戦全勝」である。ゲルレイティスは1986年3月、ベルギーブリュッセルの大会を最後に31歳で現役を引退した。

ビタス・ゲルレイティスは1994年9月17日ニューヨーク州ロングアイランドの友人宅に滞在していた時、睡眠中にエアコン装備が故障し、一酸化炭素中毒のため40歳で死去した。

注釈[編集]

  1. ^ ニューヨーク市内にある彼の墓石には「9月17日」と刻まれており、デビスカップのプロフィールページにもこの日付で掲載されているが、文献によっては「9月18日」と掲載しているものもあり、若干の混乱が見られる。

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • ATPツアー発行「プレーヤーズ・ガイド」1995年版 (英語、ツアーの公式ガイドブック。ゲルレイティスの追悼記事がある)

外部リンク[編集]