ロジャー・フェデラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロジャー・フェデラー
Roger Federer
Tennis pictogram.svg
Federer RG15 (55) (19307817335).jpg
ロジャー・フェデラー
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 バーゼル
生年月日 (1981-08-08) 1981年8月8日(36歳)
身長 185cm[1]
体重 85kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
ツアー通算 103勝
シングルス 95勝
ダブルス 8勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(2004・06・07・10・17)
全仏 優勝(2009)
全英 優勝(2003-07・09・12・17)
全米 優勝(2004-08)
優勝回数 19(豪5・仏1・英8・米5)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2003)
全仏 1回戦(2000)
全英 ベスト8(2000)
全米 3回戦(2002)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2014)
ホップマン杯 優勝(2001)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2004年2月2日)
ダブルス 24位(2003年6月9日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2008 北京 ダブルス
2012 ロンドン シングルス
2015年11月23日現在

ロジャー・フェデラー(Roger Federer ドイツ語発音: [ˈrɔdʒər ˈfeːdərər]1981年8月8日 - )は、スイスバーゼル出身の男子プロテニス選手。身長185cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

テニスの教本のような基本のしっかりした理想的なフォームを持ち、あらゆるショットを流れるように駆使するプレースタイルから、最も完成度の高い選手と評されている。

1世紀を超えるテニス史で築かれた数々の記録を塗り替えてきたことから、史上最高のテニスプレーヤーとの呼び声も高い。[2][3][4]

スイス代表としても功績を残しており、2001年ホップマンカップで優勝、北京五輪・男子ダブルス金メダル、ロンドン五輪・男子シングルス銀メダル、2014年デビスカップ優勝に貢献した。

その年に顕著に活躍したアスリートを称えるローレウス世界スポーツ賞2005年から2008年にかけて受賞し、テニスの枠を超えて高い評価を受けた。

目次

選手経歴[編集]

プロ転向まで[編集]

フェデラーが初めてラケットを握ったのは3歳の時。テニスを嗜む両親の影響からだった。週末になると父の勤める会社のテニスコートに連れてもらい家族で遊んだという。本格的にテニスに取り組む様になったのは8歳の時。母が彼を地元のテニスクラブに入会させてからだった。15歳になるとスイスの18歳以下のジュニアチャンピオンになり、これを機にジュニア選手として本格的に世界を転戦。同年5月にイタリアのジュニア大会で優勝し、初めて国外のタイトルを手にした。

16歳で迎えた1998年はジュニア・サーキットを席巻。全米オープン・ジュニア準優勝をはじめ、オーストラリア・ジュニア・ヴィクトリア選手権、フィレンツェ国際ジュニア、マイアミ・オレンジボウルで優勝。ウィンブルドン選手権・ジュニアに至ってはシングルスとダブルスで優勝し、ジュニア世界ランキングも1位に上り詰めた。また、ATPツアーの2大会に招待枠で出場。ツアーデビュー戦となったスイス・オープン・グシュタードはルーカス・アーノルド・キブロンに 4-6 4-6で敗れたものの、フランスのツールーズではギヨーム・ラウーを6-2 6-2で下してツアー初勝利を飾り、次戦のリチャード・フロンバーグも下して準々決勝進出を果たした。こうしてツアーでも手応えを得たフェデラーは、いよいよプロ選手として活動して行くこととなる。

キャリア初期[編集]

サーキットを卒業してプロとなった1999年は世界ランキング302位から出発。チャレンジャーツアーとATPツアーを股にかけ、後者は主にワイルドカードを貰いながら転戦した。チャレンジャーは優勝1回、ツアーは準々決勝進出が2回、マスターズ・シリーズグランドスラムデビスカップの出場も果たした。また、当時のトップ選手であるカルロス・モヤセドリック・ピオリーンから金星を挙げた。9月に世界ランキング100位の壁を破り、64位でシーズンを終え、13勝17敗を記録した。

2000年2月、マルセイユに出場。ATPツアーで初めて決勝に進み、同胞マルク・ロセに6-2 3-6 6-7(5)で敗れた。3月、マイアミ・マスターズ2回戦で敗れてからは、5月末までに5大会連続初戦負けを喫するなど伸び悩み、大舞台で華々しい活躍を魅せる同世代のレイトン・ヒューイットマラト・サフィンらの影に埋もれていった。この頃のフェデラーは、センス溢れるプレーを魅せる一方で、熱くなり過ぎて自滅するなど、感情の制御に課題があった。しかし、シドニーオリンピック銅メダル決定戦でアルノー・ディ・パスカルに敗れた頃から急成長が始まる。10月はバーゼルで準優勝。11月にランキングを24位まで上げ、36勝30敗、準優勝2回でシーズンを終えた。

2001年1月、ホップマンカップでスイスの優勝に貢献。2月のロッテルダムは準優勝。続くミラン・インドアでは準決勝でエフゲニー・カフェルニコフを下し、勢いそのままに念願のATPツアー・シングルス・タイトルを手にした。更に全仏オープンで準々決勝に勝ち進み、活躍に弾みをつけた。 そして6月、ウィンブルドンの4回戦に勝ち進み、優勝候補のピート・サンプラスと初対戦となった。当時のサンプラスはテニス界で一時代を築いており、特に同選手権では1993年から2000年に掛けて7度も制覇するなど絶対的な強さを誇っていた。サンプラス優位と予想される中、試合は序盤から拮抗した打ち合いが続いた。互いに2セットずつ奪い合って迎えた最終セット第9ゲーム、フェデラーがサービスゲームでミスを誘われブレークピンチを招いてしまう。いつものフェデラーなら感情的になって自滅する展開だったが、気持ちを切り替えてサンプラスに食らい付き、2度のデュースを凌いでサービスキープに成功。課題だった感情の制御を克服しつつある事を示した。そして第12ゲーム、今度はフェデラーがサンプラスのミスを誘ってブレークチャンスを掴み、最後はフォアハンドのリターンエースで決着をつけ、3時間41分に渡る7-6(7) 5-7 6-4 6-7(2) 7-5 の番狂わせを演じ切った。この一戦は大きな注目を集め、一躍フェデラーを時の人とし、サンプラス時代の終焉を予感させる出来事となった。この後、フェデラーはティム・ヘンマン戦で力尽き、準々決勝でウィンブルドンを去る事となる。この年はバーゼルでも準優勝し、ランキングを12位まで上げ、準優勝2回、優勝1回、49勝21敗でシーズンを終えた。

2002年、グランドスラムは不本意な結果に終わるもマスターズ・シリーズで躍進をみせ、マイアミではレイトン・ヒューイットを下して準優勝。ハンブルグではマラト・サフィンを下して自身初のビッグ・タイトルを獲得。他のカテゴリーでは、シドニーウィーンで優勝。5月には世界ランキング10位の壁を破った。11月、ランキング上位8名のみ参戦できるマスターズ・カップへ出場を果たし準決勝に進出。この年はランキングを6位まで上げ、優勝3回、準優勝2回、58勝22敗でシーズンを終えた。

2003年:グランドスラム初優勝[編集]

2003年、2月から6月に掛けて6大会で決勝進出、うち4大会で優勝するなど好調な前半戦を過ごした。この勢いでウィンブルドンへ乗り込むと、準決勝で優勝候補のアンディ・ロディックを、決勝ではマーク・フィリプーシスをストレートで下し、念願のグランドスラム優勝をスイス人男子として初めて成し遂げた。更にマスターズ・カップで、これまで全敗を喫していたアンドレ・アガシをはじめ、この年のグランドスラム・チャンピオンを全て退けて栄冠を手にした。この年は7大会で優勝し、78勝17敗(勝率82%)を記録。自己最高の世界ランキング2位でシーズンを締めくくった。

2004年:テニス界を席巻[編集]

2004年、これまで4回戦進出が最高だった全豪オープンで決勝に勝ち進むと、サフィンを破って優勝。2月2日には遂に世界ランキング1位へ上り詰めた。以降、マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズハンブルグカナダで優勝。グランドスラムでは全仏オープンこそ3回戦でクレー巧者グスタボ・クエルテンに敗れるも、ウィンブルドンアンディ・ロディックを、全米オープンレイトン・ヒューイットを破って優勝。1988年マッツ・ビランデル以来16年ぶりとなるグランドスラム年間3冠を達成した。この活躍から、アテネ五輪の開会式でスイス選手団の旗手を任された。(シングルス2回戦でトマーシュ・ベルディヒに6-4, 5-7, 5-7で敗れている。)

シーズン終盤も勢いは止まらず、マスターズ・カップを無敗で連覇。シーズンを通して対トップ10選手に負けなしと、圧倒的な強さを見せつけ、終わってみれば11大会優勝、74勝6敗(勝率92.5%)を記録。年間勝率の9割達成は1989年イワン・レンドル以来15年ぶりの快挙となった。

2005年:ツアー支配[編集]

2005年も好調を維持し、驚異的なペースで勝ち星を重ねた。マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズマイアミハンブルグシンシナティで優勝。マスターズ・シリーズの年間4冠は史上初の快挙だった。グランドスラムは全豪オープンでマラト・サフィンに、全仏オープンラファエル・ナダルに、それぞれ準決勝で敗れるも、ウィンブルドンアンディ・ロディックを、全米オープンアンドレ・アガシをそれぞれ決勝で破って連覇を果たす。シーズン終盤は足首を傷めてしまい、マスターズ・カップの出場が危ぶまれたが、決勝まで勝ち上がり、1984年ジョン・マッケンローが記録したシーズン最高勝率の更新に王手をかけた。しかし、ラウンドロビン戦では攻略していたジュニア時代からのライバル、ダビド・ナルバンディアンに7-6、7-6、2-6、1-6、6-7の逆転負けを喫し、大会連覇とともに記録更新を阻まれた。この年は11大会で優勝。81勝4敗、勝率95.3%を記録した。4敗の内訳は、同世代のサフィンやナルバンディアンの他、ナダルやリシャール・ガスケといった10代の若手で、特にナダルとはその後も幾度となく火花を散らす事となる。

2006年:キャリア・ハイ[編集]

足首の怪我から明けた2006年、驚異的だった前年を上回るペースで勝ち星を重ねる。マスターズ・シリーズではインディアン・ウェルズマイアミカナダマドリードで優勝、モンテカルロローマで準優勝。グランドスラムでは全豪オープンウィンブルドン全米オープンで優勝。全仏オープンは決勝でナダルに敗れ、年間グランドスラムを阻まれた。10月はジャパン・オープン・テニス選手権に出場。決勝でティム・ヘンマンを破り、初来日を優勝で飾っている。更にマスターズ・カップでも優勝し、出場した17大会のうち16大会で決勝に進出。12大会で優勝する異次元の活躍を魅せ、戦績は92勝5敗(勝率94.8%)に上った。敗戦の内訳はラファエル・ナダルに4回、アンディ・マリーが1回と、共に新進気鋭の選手であり、これまでのライバル選手達には手がつけられなくなっていた。

2007年:ウィンブルドン5連覇・歴代最長連続世界ランキング1位[編集]

マスターズ・シリーズでは、インディアン・ウェルズの2回戦でギリェルモ・カナスに敗れ、ツアー連勝記録が「41」(歴代4位)で止められるも、ハンブルグシンシナティーで優勝。ハンブルグではナダルのクレー連勝記録を81で止め、シンシナティーではジェームズ・ブレークを破ってATPツアー・シングルス・タイトル獲得数が「50」に達した。また、モンテカルロカナダマドリードでは準優勝している。

グランドスラムでは、全豪オープンを全試合ストレート勝ちで優勝。グランドスラムでの達成は1980年全仏オープンビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンとしては1971年のケン・ローズウォール以来の快挙であった。全仏オープンは決勝でナダルに敗れ、年間グランドスラムを阻まれた。ウィンブルドンは決勝でナダルとの接戦を制し、1980年のビョルン・ボルグ以来となる5連覇を達成。全米オープンも決勝で新鋭ノバク・ジョコビッチを破り、前人未到を更新する4連覇を果たした。これにより、歴代最多となる10大会連続グランドスラム決勝進出を達成した。

マスターズカップはラウンドロビン戦こそフェルナンド・ゴンザレスに敗れるも、決勝でダビド・フェレールを破って優勝した。この年は8大会で優勝し、戦績 68勝9敗(勝率88.3%)を記録。全仏オープン終了時にランキング争いでナダルに肉薄されるも、ウィンブルドン以降は盛り返し、8月27日に世界ランキング1位連続座位期間が「187週」に到達。シュテフィ・グラフが持つ最長記録(186週)を塗り替え、12月には「200週」に到達した。

2008年:不調からの全米5連覇・オリンピック金メダル[編集]

北京五輪にて

このシーズンは前年までの活躍に陰りが見えた。マスターズシリーズは、ハンブルグモンテカルロでナダルと対戦した準優勝が最高で、カナダに至っては初戦でジル・シモンに破れるなど失速が目立った。

グランドスラムは全豪オープン準決勝でジョコビッチに敗れ、2005年ウィンブルドン選手権から続いていたグランドスラム連続決勝進出記録が「10大会」で途絶えた。全仏オープンは決勝でナダルに圧倒されて準優勝。ウィンブルドンでは決勝で再びナダルと対戦。ウィリアム・レンショー以来の選手権6連覇(1881年~1886年にかけて達成)に挑むも、4-6, 4-6, 7-6, 7-6, 7-9の4時間48分に及ぶ死闘の末に偉業達成を阻まれた。また、2003年から続いていた芝生コートにおける連勝も歴代最多「65連勝」で止まった。不安視された全米オープンでは意地を見せ、準決勝でジョコビッチを下して全豪の雪辱を果たすと、決勝でマレーを6-2, 7-5, 6-2で下し、対マレー戦の連敗を止めて大会5連覇を達成した。グランドスラムのシングルス2大会の5連覇達成は史上初の快挙であった。また全米オープンの5連覇はオープン化以前まで遡り、全米選手権時代に達成されたウィリアム・レンショーの6連覇以来、実に84年ぶりの出来事であった。

北京五輪で、フェデラーは2大会連続でスイス代表旗手を務めた。シングルスでは準々決勝でブレークに4-6, 6-7のストレートで敗れたものの、スタニスラス・ワウリンカと組んだダブルスでは決勝でスウェーデン代表のアスペリン/ヨハンソン組を6-3, 6-4, 6-7, 6-3で下して金メダルを獲得した。

オリンピック翌週の8月18日、世界ランキング1位の座をナダルに明け渡し、連続座位記録は「237週」で止まった。さらにジョコビッチの猛追を受け、シーズン終了時にはランキングポイントで10点差にまで詰め寄られ、ランキング2位の座さえ危ぶまれた。

マスターズ・カップではラウンド・ロビンにて1勝2敗で敗退。同大会で初めて準決勝進出を逃した。

この年は、シングルで4大会優勝、66勝15敗(勝率81.5%)に留まり、ナダルを始め、ジョコビッチやマレーといった新世代の台頭を許し、同年代の選手にも苦しめられた。

2009年:キャリアグランドスラム達成・4大大会最多優勝記録更新[編集]

全豪オープンでは、決勝でナダルに5-7, 6-3, 6-7, 6-3, 2-6で4時間19分に及ぶ激闘の末に敗れた。その後のインディアンウェルズ・マスターズでは準決勝でマレーに、マイアミ・マスターズでは準決勝でジョコビッチに敗れた。

しかし続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズで、決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く全仏オープンでは、4回戦でナダルを破ったロビン・セーデリングを6-1, 7-6, 6-4で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成、併せてサンプラスと並び歴代1位となる四大大会14度目の優勝を挙げた。また同大会では、準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して、四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。

ウィンブルドンでは、準々決勝でイボ・カルロビッチを下し、四大大会連続準決勝進出記録を更新。準決勝ではトミー・ハースを下し、レンドルが持つ四大大会決勝進出数を更新する20回を達成。決勝ではロディックと対戦し、四大大会男子シングルス決勝史上最多ゲーム数を更新する77ゲームに及ぶ5-7, 7-6, 7-6, 3-6, 16-14の激闘の末に2年ぶり6度目の優勝を果たし、四大大会優勝数歴代最多記録を樹立。また、ウィンブルドン選手権7年連続決勝進出は現行のトーナメント方式になった1922年以降初であり、更に全仏とウィンブルドンの同一年度優勝は、前年のナダルに続き、1968年の四大大会オープン化以降では史上4人目の快挙であった。7月6日に発表された世界ランキングでは、約11ヶ月ぶりに1位に返り咲いた。

続く全米オープン前哨戦シンシナティ・マスターズでは、決勝でジョコビッチを下して優勝。しかしながら、全米オープン決勝でデルポトロに6-3, 6-7, 6-4, 6-7, 2-6で惜敗し、大会6連覇は成らなかった。その後の欧州インドア・シーズンはスイス・インドア決勝でジョコビッチに敗れ、2009年度からロンドンに移転した年間最終戦ATPワールドツアー・ファイナルも準決勝で敗退。この年は4大会で優勝、61勝12敗(勝率83.6%)であった。

2010年:4度目の全豪優勝[編集]

全豪オープンでは、決勝でマレーを破り優勝。これによって、自身の4大大会優勝最多記録を16に伸ばした。また、2月22日発表の世界ランキングで1位通算在位記録でレンドルの「270週」を抜き歴代2位となった。

しかし、全仏オープンでは準々決勝でセーデリングに6-3, 3-6, 5-7, 4-6で敗れ、連続準決勝以上進出記録が23大会で途切れ、世界ランキング1位通算在位記録も歴代1位のサンプラスの「286週」にあと1週と迫りながらも、6月7日発表の世界ランキングで2位に転落。続くウィンブルドンでも準々決勝にて第12シードのトマーシュ・ベルディヒに4-6, 6-3, 1-6, 4-6で敗退。フェデラーが同大会で決勝進出を逃したのは実に8年ぶりであり、大会後、世界ランキングは3位に転落した。

その後は好調を取り戻し、全米オープンの前哨戦となるシンシナティ・マスターズで優勝を飾り全豪以来7ヶ月ぶりのタイトルを獲得する。しかし、全米オープンでは準決勝でジョコビッチに マッチポイントを握るも、7-5, 1-6, 7-5, 2-6, 5-7で敗退、7年連続の同大会決勝進出を逃した。地元のスイス・インドア決勝ではジョコビッチを6-4, 3-6, 6-1で破りツアー65勝目を達成、サンプラスの64勝を抜き歴代単独4位となった。その後もATPワールドツアー・ファイナル決勝ではナダルを6-3, 3-6, 6-1で破り3年ぶり5度目の優勝を果たした。この年は、優勝5大会、65勝13敗(勝率83.3%)であった。

2011年:6度目のツアーファイナル優勝[編集]

開幕戦カタール・オープンでは、決勝でニコライ・ダビデンコをストレートで下し、ツアー67勝目を挙げた。ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ全豪オープンでは準決勝でジョコビッチにストレートで敗退した。フェデラーは続くドバイ・テニス選手権の決勝とBNPパリバ・オープンの準決勝で、いずれもジョコビッチに敗退。更に、マイアミ・マスターズでは準決勝でナダルに敗退した。ハードコート・シーズンではいずれも準決勝進出以上と優れた成績で終えたものの、ジョコビッチが出場した全大会で優勝したため、ジョコビッチに抜かれ世界ランキングは3位に後退した。

クレーコート・シーズンにおいては、モンテカルロ・マスターズは準々決勝で第7シードのユルゲン・メルツァーにストレートで敗退。続くマドリード・マスターズの初戦でフェリシアーノ・ロペスに7-6, 6-7, 7-6の苦戦を強いられながらも勝利したが、準決勝でナダルに敗退。BNLイタリア国際は、3回戦でリシャール・ガスケに6-4, 6-7, 6-7で早いラウンドで敗退した。

全仏オープンでは、ナダルと今季絶好調のジョコビッチの優勝争いが注目されたが、準決勝でジョコビッチを7-6(5), 6-3, 3-6, 7-6(5)で退け決勝進出を果たした。これによりジョコビッチの開幕戦からの連勝記録を41で止め、対ジョコビッチ戦の連敗も3で止めた。しかし、決勝ではナダルに5-7,6-7(3), 7-5, 1-6で敗退した。 続くウィンブルドンでは、準々決勝で第12シードのジョー=ウィルフリード・ツォンガに6-3, 7-6, 4-6, 4-6, 4-6と、自身初の4大大会における2セットアップからの逆転を喫した。

全米オープンでは準決勝でジョコビッチを相手に2セットアップでのマッチポイントを握りながらも敗退、自身2002年以来となる四大大会無冠に終わった。その後の欧州インドア・シーズンは出場したスイス・インドアBNPパリバ・マスターズATPワールドツアー・ファイナルと出場した全ての大会で優勝。ツアー・ファイナルでは、同大会歴代最多記録となる6度目の優勝を果たすとともに、決勝戦は自身100回目の決勝進出であり、かつ、70回目のタイトル獲得となった。この年は4大会で優勝を挙げ、64勝12敗(勝率84.2%)であった。

2012年:7度目のウィンブルドン優勝 歴代最長世界ランキング1位[編集]

年始に開催されたカタール・オープン準決勝は背中の不調を理由に試合を棄権。続く全豪オープンは準決勝でナダルにセットカウント1-3で敗退した。2月にはABNアムロ世界テニス・トーナメントドバイ・テニス選手権BNPパリバ・オープンマドリード・マスターズと4試合で優勝した。 全仏オープンでは、準決勝でジョコビッチにストレートで敗退。しかしながら、1回戦の勝利で史上初となる全グランドスラム各大会50勝を達成。続く2回戦で4大大会通算234勝目を挙げ、ジミー・コナーズを抜く歴代最多のマッチ勝利数を更新した。

ウィンブルドンでは、3回戦でジュリアン・ベネトーに苦戦するも2セットダウンから逆転で下し、準決勝で前年の覇者ジョコビッチを破り、ウィンブルドン史上最多タイとなる8回目の決勝進出。決勝ではイギリス勢74年ぶりの決勝進出を果たしたマレーを4-6, 7-5, 6-3, 6-4で破り、ウィリアム・レンショーサンプラスに並ぶ史上最多タイとなる7度目の優勝を飾ると同時に、4大大会通算17勝目を挙げた(4大大会優勝は2010年全豪オープン以来2年半ぶり)。そして、この優勝により大会翌日更新の世界ランキングにて、約2年ぶりに世界ランキング1位に返り咲き、その翌週のランキングで1位在位期間が通算287週となり、サンプラスを抜いて男子歴代単独1位在位記録となった。

8月にウィンブルドンを会場にして行われたロンドンオリンピックでは、シングルス準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロとの激戦(3セットマッチ史上最長4時間26分)を制し初の決勝進出を果たし、史上3人目の生涯ゴールデンスラムの期待も高まったが、地元イギリスのマレーにストレートで敗退し、銀メダルに終わった。オリンピックシングルス部門では4度目の出場で初のメダル獲得であった。その後のシンシナティ・マスターズでは、決勝でジョコビッチをストレートで破り、シーズン6勝目を挙げた。 全米オープンでは準々決勝でベルディヒに敗れ、同大会9年ぶりにベスト4進出を逃した。10月の上海マスターズでは、準決勝でマレーに敗退するも、大会後のランキングでは1位を守り、男子初の在位総週300週を超えた。

しかしながら、その後のスイス・インドアでは決勝でデルポトロに4-6, 7-6, 6-7の接戦で敗退し、その後、昨年優勝した大会の欠場によるポイント失効と併せて、11月5日のランキングでは、ジョコビッチに世界ランキング1位の座を明け渡し、1位在位記録の更新は302週で止まった。 ツアー・ファイナルでは、決勝でジョコビッチに敗れ3連覇を阻まれた。この年は6大会で優勝、71勝12敗(勝率85.5%)と2007年以来の好戦績を収めた。

2013年:怪我と不調との闘い[編集]

全豪オープンでは準決勝でマレーにフルセットの末敗退。その後もABNアムロ世界テニス・トーナメントは準々決勝で、ドバイ・テニス選手権では準決勝で敗退。続くBNPパリバ・オープンでも準々決勝でナダルに敗れた。 クレーコートシーズンでは、マドリード・マスターズ3回戦で第14シードの錦織圭に敗退。BNLイタリア国際では、半年ぶりにツアー大会の決勝に進出するもナダルに敗退した。全仏オープンでは、4回戦でオープン化後史上4人目となるマッチ通算900勝を達成。しかし、続く準々決勝でツォンガにストレートで敗退した。

芝前哨戦ゲリー・ウェバー・オープンでは、決勝でミハイル・ユージニーを下し、6月にして、ようやくシーズン初タイトルを獲得。しかし、ウィンブルドンでは、2回戦で世界ランク116位のセルジー・スタホフスキーに7-6, 6-7, 5-7, 6-7で敗れ、4大大会では2003年全仏オープン以来の早期敗退を喫した。この敗戦により、2004年ウィンブルドン選手権から続いていた4大大会連続ベスト8進出記録(歴代最長:36大会連続)が途絶え、大会後のランキングでも10年ぶりに世界ランキングトップ4から陥落した。その後急遽出場したクレーコート2大会でも、背中の怪我の影響もありランキング50位以下の相手に連敗を喫した。

ランキング7位で迎えた全米オープンにおいても、4回戦で過去全勝だったトミー・ロブレドに敗退。2002年来、4大大会の決勝進出がならない年となった。 欧州インドア・シーズンに入り、スイス・インドアで準優勝。続くBNPパリバ・マスターズでベスト4とし、一時は出場も危ぶまれたATPワールドツアー・ファイナルに出場、ラウンドロビンで2勝を挙げベスト4へ進出するなど、復調の兆しを見せた。 2013年はツアー大会優勝が1大会のみで、マスターズ1000以上の大会でタイトルが1つも取れなかったのは2001年以来、戦績も45勝17敗(勝率72.6%)と過去10年間で成績が最も悪い年であった。

2014年:世界2位復帰・ウィンブルドン準優勝・デビス杯初優勝[編集]

2014年から元世界ランク1位でサーブ&ボレーの名手であったステファン・エドベリをコーチとして迎え入れた。 年初のブリスベン国際で準優勝。続く全豪オープンでは、準決勝で第1シードのナダルに敗退したものの、4大大会では4大会ぶりにベスト4まで勝ち上がった。

2月のドバイ・テニス選手権では、準決勝でジョコビッチに、決勝でベルディヒに勝利しシーズン初優勝を飾った。また、この優勝でシングルスタイトル数が78となり、ジョン・マッケンローを抜いて歴代単独3位となった。

BNPパリバ・オープンでも決勝に進出するが、ジョコビッチに6-3, 3-6, 6-7の惜敗。続くマイアミ・マスターズでは、準々決勝で錦織圭に敗退したが、大会後のランキングでは約9ヶ月ぶりにトップ4に復帰した。 クレーコートシーズンでは、モンテカルロ・マスターズでは6年ぶりに決勝進出を果たすが、スタニスラス・ワウリンカに敗れ準優勝。BNLイタリア国際では初戦で敗退し、全仏オープンでは、4回戦で第18シードのエルネスツ・グルビスにフルセットの末敗退し、同大会10年ぶりにベスト8進出を逃した。

ウィンブルドン前哨戦ゲリー・ウェバー・オープンで優勝し、迎えたウィンブルドンでは、年初から取り組んでいたネットプレーを増やす戦術が奏功し、2年ぶりに決勝進出を果たした。決勝では歴代単独最多8回目の優勝を目指し第1シードのジョコビッチと対戦したが、7-6, 4-6, 6-7, 7-5, 4-6のフルセットの末に敗れ、準優勝に終わった。

全米オープン前哨戦でも好調を維持し、ロジャーズ・カップシンシナティ・マスターズ2大会連続で決勝進出。ロジャーズ・カップではツォンガに敗れ準優勝となるも、シンシナティ・マスターズでは、ダビド・フェレールを下してATPワールドツアー・マスターズ10002年ぶりの優勝・シングルス80勝目を飾った。

全米オープンでは、3年ぶりに準決勝へ進出するが、第14シードで大会優勝者のマリン・チリッチにストレートで敗退した。 10月の上海マスターズでは、準決勝で第1シードのジョコビッチに、決勝ではジル・シモンに勝利し大会初優勝を飾った。地元開催スイス・インドアでは同一大会で最多となる11回目の決勝に進出し、決勝では若手のダビド・ゴファンを下してシーズン5勝目を挙げた。続くBNPパリバ・マスターズでは、準々決勝でミロシュ・ラオニッチに敗退した。

ATPワールドツアー・ファイナルではラウンドロビンを全勝で1位通過し、準決勝では同胞のワウリンカとの激戦を制して決勝進出を果たすが、腰の怪我により決勝戦を棄権し準優勝となった。フェデラーの棄権は2012年1月のカタール・エクソンモービル・オープン以来、プロ生活3度目のことであった。また、ツアー・ファイナルにおける決勝戦の棄権は大会45年の歴史の中で初の出来事であった。

その後フランス・リールで行われたテニスの国別対抗戦・デビスカップ2014決勝では、シングルス・ダブルスそれぞれ1勝を挙げ、3対1でフランスを下しスイスの初優勝に貢献した。 2014年は5大会で優勝、73勝12敗(勝率85.9%)、年間最終ランキングを2位で終え、前年の不調から一転、好調な一年であった。また、決勝進出11大会・マッチ勝利73勝はいずれも2014年のツアー最多記録であった。

2015年:マッチ通算1000勝達成、全英・全米準優勝[編集]

年初に行われたブリスベン国際では、決勝でラオニッチに勝利し大会初優勝を飾ると同時に、1253勝のコナーズ、1017勝のレンドルに次いでオープン化後史上3人目となるマッチ通算1000勝の偉業を達成した[5]。また15年連続でATPタイトル獲得は歴代1位記録となる。全豪オープンでは、3回戦でアンドレアス・セッピに11度目の対戦にして初黒星を喫し、同大会14年ぶりの早期敗退となった。また、2004年から続いていた連続ベスト4進出記録も11年で途切れた。2月のドバイ・テニス選手権では、決勝でジョコビッチを破り、大会連覇・7度目の優勝を飾った。また、この大会でゴラン・イバニセビッチイボ・カルロビッチアンディ・ロディックに次いで史上4人目のキャリアサービスエース数9000本を突破した[6]BNPパリバ・オープンでは、決勝でジョコビッチに3-6, 7-6, 2-6で敗れ2年連続準優勝となった。4月、昨年準優勝だったモンテカルロ・マスターズでは第2シードで出場するも3回戦でガエル・モンフィスに敗れた。

4月29日イスタンブール・オープン2回戦にて通算クレーコート勝利数200勝達成[7]。決勝ではパブロ・クエバスを破り2009年全仏オープン以来となるレッドクレー大会での優勝を果たした。マドリード・マスターズでは初戦でニック・キリオスに7-6, 6-7, 6-7の接戦で敗れた。BNLイタリア国際では2年ぶりに決勝に進出するもジョコビッチに敗れ4度目の準優勝となった。全仏オープンでは準々決勝でワウリンカに敗れたものの、2000年全豪オープンからの4大大会連続出場が62大会に達し、杉山愛の持つ最多連続出場記録に並んだ。

芝前哨戦ゲリー・ウェバー・オープンでは、決勝でセッピを下し大会3連覇・8度目の優勝を果たした。同一大会で8回以上の優勝はギリェルモ・ビラスアルゼンチン・オープン8回)、ナダル全仏オープン9回、モンテカルロ・マスターズバルセロナ・オープン8回)に次いでオープン化以降3人目。ウィンブルドンでは、準決勝でマレーを破り2年連続10回目の決勝進出を果たす。2年連続同一カードとなったジョコビッチとの決勝では6-7, 7-6, 4-6, 3-6で敗れ2年連続準優勝、またもウィンブルドン単独最多優勝達成を阻まれる形となった。

全米オープン前哨戦のシンシナティ・マスターズでは、ロベルト・バウティスタ・アグートケビン・アンダーソンフェリシアーノ・ロペス、準決勝でマレー、決勝でジョコビッチにストレート勝ちし大会連覇と同時に7度目の優勝を飾った。

全米オープンでは、失セット0・失ゲーム43と圧倒した勝ち上がりで2009年以来6年ぶりの決勝進出を果たす(4大大会で2大会連続決勝進出も2010年全豪以来)。しかし決勝では、先の全英に続きまたもジョコビッチに4-6, 7-5, 4-6, 4-6で敗れ準優勝に終わった。

上海マスターズでは初戦でアルベルト・ラモス=ビニョラスに6-7(4), 6-2, 3-6で敗れた。地元開催スイス・インドアでは、大会12度目の決勝でナダルを6-3, 5-7, 6-3で下し7度目の優勝、シーズン6勝目を飾った。ナダルとの対戦は2014年全豪以来約2年ぶり、決勝では2013年5月から約2年半ぶり、勝利したのは2012年BNPパリバ・オープン以来のこととなった。BNPパリバ・マスターズでは3回戦でジョン・イズナーに6-7(3), 6-3, 6-7(5)で敗れた。ATPワールドツアー・ファイナルでは第2戦でジョコビッチ7-5, 6-2で勝利しするなど決勝に進出するも、ジョコビッチに3-6, 4-6で敗れた。

2015年は6大会で優勝、63勝11敗(勝率85.1%)、年間最終ランキング3位と引き続き好調だった。

2016年 史上初グランドスラム300勝・半月板損傷によるツアー離脱とトップ10落ち[編集]

全豪オープンでは3回戦ではグリゴール・ディミトロフに勝利し、史上初のグランドスラム通算300勝を達成した[8]。この大会は準決勝でジョコビッチに1-6, 2-6, 6-3, 3-6で敗れた。

全豪後に受けた左膝の内視鏡手術のため、出場予定だったABNアムロ世界テニス・トーナメントドバイ・テニス選手権、さらにBNPパリバ・オープンの欠場を発表した[9][10]マイアミ・オープンには第3シードでエントリーするも、胃のウイルス性疾患により初戦直前に棄権。全豪から2ヶ月以上もの期間、ツアーを離れる形になった。その後、4月のモンテカルロ・マスターズで復帰。準々決勝でツォンガに敗れた。しかし全仏オープンへの準備として、当初は出場予定ではなかったマドリード・マスターズにエントリーするも、背部の怪我のために再び初戦前に棄権。「タフなシーズンになっている」と話す[11]BNLイタリア国際では3回戦で22歳のドミニク・ティームに6-7(2), 4-6で敗れた。全仏オープンは怪我が回復しなかったため、欠場を表明[12]1999年全米オープン以来のグランドスラム欠場となり、グランドスラム連続出場記録も65でとまった。6月の芝の大会のメルセデス・カップで復帰するも復帰初戦の準決勝でティームに6-3, 6-7(7), 4-6で敗れた。ゲリー・ウェバー・オープンでは準決勝で19歳の若手のアレクサンダー・ズベレフに敗れた。フェデラーがウィンブルドン選手権まで優勝がないのは2001年以来。ウィンブルドン選手権では準々決勝でチリッチに2セット先取され、第4セットでマッチポイントを3度まで追い込まれるも、6-7(4), 4-6, 6-3, 7-6(9), 6-3で勝利[13]。これでウィンブルドン男子シングルス通算84勝となり、ジミー・コナーズと並んで歴代1位タイとなった。また4大大会通算307勝目でもあり、マルチナ・ナブラチロワを抜いて男女併せて歴代1位となった。準決勝でラオニッチに3-6, 7-6(3), 6-4, 5-7, 3-6で敗れた。試合中の転倒により再び左膝を負傷。リオ五輪の出場断念とシーズンの残り全試合を欠場することを発表した[14]。これにより11月に2002年10月以来初めてトップ10落ちとなった。

2016年はこのように怪我の影響で16年ぶりに優勝なし、21勝7敗(勝率75%)、年間最終ランキング16位と低迷した。

2017年: 5年ぶりのグランドスラム優勝、史上2人目のツアー通算1100勝、ウィンブルドン歴代最多8回目の優勝[編集]

15年ぶりの出場となるホップマンカップで復帰を果たす。ベリンダ・ベンチッチとスイス代表として出場し、2勝1敗でラウンドロビン敗退に終わる。公式戦には全豪オープンから復帰。怪我でランキングを落としていたため第17シードとして出場。その初戦ではベテランで同年代のユルゲン・メルツァーに7-5, 3-6, 6-2, 6-2で勝利、3回戦で第10シードのトマーシュ・ベルディハに6-2, 6-4, 6-4のストレート勝ち。4回戦で第5シードの錦織圭と初めてグランドスラムで対戦、6-7(4), 6-4, 6-1, 4-6, 6-3で破り、準々決勝でミーシャ・ズベレフに6-1,7-5,6-2で破り、準決勝で第4シードのスタン・ワウリンカを7-5, 6-3, 1-6, 4-6, 6-3で破り、7年ぶりに決勝進出。自身全豪オープンで100試合目となった決勝では第9シードのラファエル・ナダルとグランドスラムでは2014年全豪オープン以来、グランドスラム決勝では2011年全仏オープン以来の対戦となり、6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3で破って、全豪では2010年以来5回目、グランドスラムでは2012年ウィンブルドン選手権以来となる優勝を収め、完全復活を印象付ける大会となった。なお、全豪のオープン化後初となる世界ランキングトップ10の4人を倒しての優勝でもあった(グランドスラムでは1982年全仏マッツ・ビランデル以来)。

2月のドバイ・テニス選手権では2回戦でエフゲニー・ドンスコイ相手に3回のマッチポイントを迎えるも、6-3, 6-7(7), 6-7(5)で敗れた[15]。3月のBNPパリバ・オープンでは4回戦でラファエル・ナダルに6-2, 6-3で勝利。決勝に駒を進め、スタン・ワウリンカを6-4, 7-5で破り、ノバク・ジョコビッチに並ぶ大会最多5回目の優勝を果たした。続くマイアミ・オープンでは、フランシス・ティアフォーに7-6(2),6-3、フアン・マルティン・デル・ポトロに6-3,6-4、ロベルト・バウティスタ・アグート7-6(5),7-6(4)にいずれもストレート勝ち、準々決勝でトマーシュ・ベルディハにマッチポイントを2つ握られるも6-2,3-6,7-6(8)で勝利、準決勝でニック・キリオスに7-6(9),6-7(9),7-6(5)と3時間10分の死闘を制した。決勝でラファエル・ナダルを6-3,6-4で破り、マスターズ2大会連続大会3度目の優勝を果たした。その後、全仏オープンを含む、2017年の全てのクレーコートシーズンの大会の欠場を公式サイトで発表した。

6月の芝の大会の初戦メルセデス・カップの初戦でトミー・ハースに6-2,6-7(8),4-6で敗戦を喫してしまう。ゲリー・ウェバー・オープンでは決勝でアレクサンダー・ズベレフを6-1,6-3で破って歴代最多9度目の優勝を果たした。また、この大会初戦で杉田祐一に勝利した試合で史上2人目となるツアー通算1100勝目を達成した。 ウィンブルドンではアレクサンドル・ドルゴポロフドゥシャン・ラヨビッチミーシャ・ズベレフグリゴール・ディミトロフミロシュ・ラオニッチ、そしてトマーシュ・ベルディハにいずれもストレート勝ちと安定した勝ち上がりで2年ぶりに決勝へ進出。決勝でマリン・チリッチを6-3,6-1,6-4で破り、5年ぶり歴代最多となる8勝目を挙げた。また、ウインブルドンでの全試合ストレート勝ちでの優勝は1976年のビョルン・ボルグ以来の快挙となり、35歳でのウィンブルドン制覇はオープン化以降では1975年のアーサー・アッシュの32歳を大きく更新する最年長優勝となった。

全米オープン前哨戦、3年ぶりにロジャーズ・カップ出場。大会中に背中を痛め、決勝に進むもアレクサンダー・ズベレフにストレートで敗れ、準優勝。直後のシンシナティ・マスターズを欠場。迎えた全米オープンでは、準々決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロに5-7,6-3,6-7(8),4-6で敗退した。

レーバー・カップではナダルとダブルスを組みジャック・ソック/サム・クエリー組を6-4,1-6,[10-5]で破りヨーロッパチームの勝利に貢献した。上海マスターズでは準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを3-6,6-3,6-3で破り、決勝ではランキング1位となっているラファエル・ナダルを6-4,6-3で下し優勝。

地元スイス・インドアでは、準決勝でダビド・ゴファンを6-1,6-2で破り、13度目の決勝進出。決勝では過去にバーゼル決勝で2度破れているデルポトロを6-7(5),6-4,6-3で破り、2年ぶり通算8回目の優勝を達成した。これによって、自身のツアー勝利数が通算95勝となり、コナーズに次ぐ単独2位となった。また、生涯賞金額がジョコビッチを上回り、1位となった。

パリズ・マスターズは腰の怪我のため棄権した。

ラファエル・ナダル[編集]

フェデラーとナダル 2006年ウィンブルドン選手権 決勝

ラファエル・ナダルとの対戦成績は15勝23敗である。(2017年時点)

ラファエル・ナダルは最大のライバルであり男子テニス界における重要な2人である。[16][17]2005年7月から2009年8月17日までATPツアーランキングの上位2位をこの2人で独占し、6シーズントップを占め続けた唯一のペアである。フェデラーは2004年2月から237週連続で1位に在位し、5歳下のナダルは2005年7月に2位になった後、2008年8月にフェデラーを抜いて1位になるまで160週連続で2位に在位した[18]

現在グランドスラム優勝回数は1位がフェデラー(19回)、2位がラファエル・ナダルである(16回)[19]

グランドスラムでの対戦も多く、特に2006年から2008年の全仏オープンウィンブルドン選手権6大会はすべてこの2人による決勝戦だった。

なおウィンブルドンではフェデラーの2勝1敗であるが、全仏オープンではナダルの5連勝。全豪オープンでは力関係が逆転した2009年以降に4度あり、ナダルの3勝1敗である。全米オープンでの対戦は不思議なことにない。

2006年全仏決勝は、「全英/全米/全豪と4大大会3連勝の全盛期フェデラー」と、「全仏ディフェンディングチャンピオン/2005年よりクレーコート無敗のナダル」の対戦。最強同士、無敵と無敗の対決と言われた世紀の一戦である。5度対戦した全仏オープンのフェデラー/ナダル戦のベストマッチである。第1セットのフェデラー怒涛の攻撃、第2セットのナダルの反撃、第3/第4セットの息詰まる攻防、第4セットのタイブレーク等、「史上最強のクレーキング」と「史上最強のオールラウンダー」の歴史に残る名勝負である。この試合に勝利したナダルは、2007年フェデラーに敗れるまでクレーコート81連勝と、とてつもない記録を残している。フェデラーはこの後、 ウィンブルドン 決勝でナダルに雪辱、全米も制し、2度目の4大大会年間3冠達成、年間93勝5敗(うち4敗はナダル)/勝率90%以上と、2006年をキャリアベストシーズンとしている。

2007年ウィンブルドン決勝は「全英/全米/全豪と4大大会3連勝、全仏準優勝の全盛期フェデラー」と、「全仏3連覇、全英2年連続決勝進出のナダル」が接戦を繰り広げている。王者フェデラーに、クレーキングナダルが、芝のコートで、予想に反して、優勢に試合を進め、後一歩までフェデラーを追い詰めている。最終セットこそフェデラーが本領発揮したが、ナダルがクレーコートだけではないことを十分証明し、2008年以降の力関係逆転、ナダル最強時代到来の可能性を予感させた一戦である [20]。この後フェデラーは全米を制覇し3度目の4大大会3冠を達成するが、2008年以降は全盛期の力を落としはじめている。ナダルも2009年以降怪我により好不調の幅が大きくなっており、「無敵と無敗の戦い」と称された全盛期同士のフェデラー/ナダルの最後の一戦である。

2008年ウィンブルドン決勝は、フェデラー/ナダルのベストマッチであり、テニス史上でも最高レベルの名勝負である[21] 。2008年前半はフェデラーの低調が著しく、全仏オープン決勝では、クレーでのナダルとはいえ、手も足もでない惨敗しており、フェデラー時代終焉を噂されていた。「1988年~1990年ベッカーエドベリ」以来、3年連続同一カードの決勝となった本試合は、フェデラーがナダルを攻めきれず、第1セット/第2セットを連取される。ストレート負けの危機を迎えたフェデラーであったが、第3セットを辛うじてタイブレークで奪取。第4セットはナダルが押しぎみに進みフェデラーが凌ぐ展開となるも、またもタイブレークに突入。タイブレークではナダルが先行し、ナダルがマッチポイントを握る等追い詰められるが、ランニングバックハンドダウンザライン等スーパーショットを連発し逆転、10-8でタイブレークをとり第4セットも奪取する。タイブレークは15分以上の一進一退の息詰まる攻防であり、このタイブレークだけでも歴史に残る名場面である。タイブレークのない最終セットはお互い全く譲らず、攻防を繰り広げたが、第15ゲームになって遂にナダルがサーブブレイクし、第16ゲームをフェデラーが力尽き、セットカウント9-7でナダルが最終セットを奪取/初優勝となった。歴史上最強プレイヤーであるフェデラーとナダルがお互い高めあい、試合展開、プレー内容・レベル共に、まさにテニス史上最高の試合となる。加えて、フェデラーにとって、ウィンブルドン6連覇達成ならず、2003年より続けてきたグラスコート連勝も65でストップする等、歴史的価値も含め、テニス史に残る世紀の一戦である。

「フェデラーの片手バックハンド」と「ナダルの左手フォアハンドヘビートップスピン」は、フェデラー側の相性が極めて悪い。片手バックハンドでは高い打点を打ちづらく、ナダルは徹底的にフェデラーのバックを責めることを、フェデラー攻略の基本戦術としている。この戦術はクレーコートで特に有効で、総合力では明らかに「フェデラー>ナダル」であった2005年~2006年であっても、ナダルがフェデラーをクレーコートで圧倒した原動力である。

ただし、総合力でも「フェデラー<ナダル」となった2008年以降は、ナダルはこの基本戦術に必ずしも頼ることなく、フェデラーを圧倒することが多くなっている。

なお「左フォアハンドではなく、右フォアハンドであること」以外は、ナダルと同タイプであるジョコビッチを交えると、相性の影響がわかりやすい。テニスとは単純な力だけではなく、相性も非常に重要な要素であることの事例である。

しかし、2人が2016年の長期離脱から復活した2017年全豪オープンではフェデラーが6-4,3-6,6-1,3-6,6-3で勝利し7年ぶり5度目の優勝に輝き、そこからBNPパリバ・オープンマイアミ・オープン上海マスターズで勝利しており2015年スイス・インドアを含めるとフェデラーがナダルに5連勝している。 これはフェデラーがラケットのサイズを従来から一回り大きくしたことによって、高い打点からバックハンドストロークが容易に打てるようになったことが大きく影響している。

ノバク・ジョコビッチ[編集]

フェデラー (右) ジョコビッチ (左) 2015年シンシナティ・マスターズ決勝

ノバク・ジョコビッチとの対戦は22勝23敗の負け越しである(2016年時点)。ジョコビッチはフェデラーが生涯最も対戦したライバルで、2人はグランドスラムで史上最多となる15回の対戦があり、結果は6勝9敗である。ジョコビッチは、BIG4と呼ばれるフェデラー、ナダルマレー全選手に唯一勝ち越している選手である。

2011年全仏準決勝はシーズン開幕から41連勝と破竹の勢いだったジョコビッチをフェデラーが止め記録更新を阻んだ一戦。セットカウント3-1でフェデラーであるが、最強王者ジョコビッチに対し、全盛期とも思われるスーパープレーを連発。最後はサービスエースを決めてフェデラーが快勝。ジョコビッチは4大大会3冠を達成した年であり、この試合に勝てていれば年間グランドスラムも夢ではなく、ビッグチャンスを逃した一戦である。

2011年全米準決勝はジョコビッチが3-2フルセットで激戦を制した一戦。この後決勝でナダルに快勝し、ジョコビッチが4大大会3冠を達成している。この試合、最終セット、フェデラーのサーブでマッチポイントを迎える絶体絶命の状態で、ジョコビッチは強烈なリターンエースを決めて形勢逆転したシーンは歴史に残る名場面である。

2012年ウィンブルドン準決勝はフェデラーが3-1で快勝した一戦。フェデラーはこの後決勝でマレーを破り、グランドスラム17回目の優勝/No.1返り咲き/史上最長No.1記録達成につなげることになった。この試合1-1出迎えた第3セットが、お互いの技術、戦術を尽くした壮絶な勝負どころであり、「最強王者同士の歴史的戦い」ともいえる名場面である。

2014年ウィンブルドン決勝はジョコビッチが3-2で接戦を制した一戦。この試合、第4セットがフェデラーのスーパープレーにより奪取した名場面は、とても33歳のプレイヤーではなく、全盛期のフェデラーがわずかな時間復活した瞬間である。

2015年ウィンブルドン決勝第2セットタイブレーク。ジョコビッチが3-1で試合自体は快勝。しかし、第2セットタイブレーク(フェデラー12-10ジョコビッチ)は、一時的であるが、全盛期同士のフェデラーとジョコビッチの対決を感じさせた最高の名場面である。2008年ウィンブルドン決勝フェデラー対ナダルの第4セットタイブレーク(フェデラー10-8ナダル)と並ぶ歴史に残るタイブレークの1つである。

アンディ・マレー[編集]

フェデラー (左) マレー (右) 2010年ロジャースカップ決勝

アンディ・マレーとの対戦は14勝11敗(2016年時点)。グランドスラムでは6回対戦し5勝1敗。6回の対戦の内3回は決勝での対戦であり3回ともフェデラーが勝利している(2008年全米、2010年全豪、 2012ウィンブルドン )。

2012年ロンドン五輪では決勝で敗北し、フェデラーはキャリアゴールデンスラムを阻まれた。マレーはフェデラーが10回以上負けている3人の内の1人である[22][23][24]

アンディ・ロディック[編集]

アンディ・ロディックはフェデラーの長年のライバルである。2004年にフェデラーが初めて世界ランキング1位につく前の1位がロディックである。2人は24回対戦しており内4回がグランドスラム決勝。戦績はフェデラーの21勝3敗で、グランドスラムでは8戦全勝、ロディックからするとツアーで最もフェデラーに負けた回数の多い選手でもある。それゆえロディック自身は「一方的でライバルというにはふさわしくない」とも語っている。

2009年ウィンブルドン決勝では5セットで勝利した。この決勝は最終セット16-14で計77ゲーム、4時間以上の激戦となった(4大大会決勝戦最多ゲーム数記録)。この勝利でフェデラーはサンプラスの4大大会最多優勝記録を更新する15度目の優勝を果たした[25]

レイトン・ヒューイット[編集]

レイトン・ヒューイットとは27回対戦している。初対戦から9戦は2勝7敗でヒューイットが先行していたが、2004年以降16勝2敗となり計18勝9敗とフェデラーが勝ち越している。ジュニアの頃から対戦している2人はグランドスラム決勝でも1度対戦しており、これがフェデラーの全米オープン初タイトルとなった。他にグランドスラムでは6度対戦している。

その他経歴[編集]

慈善活動にも熱心に取り組んでおり、2003年にはロジャー・フェデラー基金を設立し、アフリカの子供たちの支援や、タイでおきた津波災害のときも自ら率先してチャリティイベントを企画して募金活動を行うなど、その活動は世界中から高く評価されている。2006年4月には、ユニセフ親善大使にも任命され、ユニセフとATPが結ぶグローバル・パートナーシップであるACE(Assisting Children Everywhere)という活動の中心人物として、世界中の子どもたちに健康と教育の機会を確保し、様々な困難から子どもたちを守るためのプログラムを推進している[3]

2005年2008年の4年連続で「ローレウス・スポーツ賞」の男子最優秀選手賞を受賞した。2000年に創設されたこの世界的なスポーツ賞で、男子最優秀選手賞の4年連続受賞は歴代トップである。

2009年にはフェデラーの功績が讃えられ、スイス・インドアが開催されるセイント・ジャコブ・ホール(バーゼル)に『ロジャー・フェデラー・アリーナ』の名が与えられた[26]

ツアーの選手同士の中から選ばれる「ステファン・エドバーグ・スポーツマンシップ賞」を2004年から2016年の間に12度も受賞しており、試合中のマナーやフェアプレイなども高く評価されている[27]

ATPによる選手の人気投票では、2003から2016年現在まで14年連続で1位を獲得しており、ファンからの人気は絶大である。地元のスター選手と対戦する際にも、フェデラーには相手に負けないほどの声援がおくられる。

私生活[編集]

2012年ロンドン五輪を観戦するフェデラー夫妻

2000年シドニー五輪がきっかけで、3歳年上のテニス選手ミルカ・バブリネックと交際を始め、2009年4月11日に結婚している。2009年7月に双子の娘が、2014年5月6日には双子の息子が誕生している。

サッカーの熱心なファンである。出身地のクラブであるFCバーゼルのファンであると公言している。また、12歳までは実際にサッカーをプレーしており、テニスプレーヤーとしてのスケジュールが多忙を極めたため、サッカーを断念せざるを得なかったとも語っている [28]。サッカーのEURO2008がスイスで開催された際には、ミハエル・シューマッハF1ドライバー)やシモーネ・ニグリ=ルーダーオリエンテーリング選手)、ペーター・ザウバー(F1チーム・ザウバーオーナー)らとともに親善大使に選出された。

2011年6月、米経済誌フォーブス誌が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」のランキングを発表し、2010年5月からの1年間で4,700万ドル(日本円で約37億6,000万円)を稼いで4位にランクインしている[29]

2013年6月、同じくフォーブス誌での「最も稼いでるアスリート(スポーツ選手長者番付)」では、2012年から1年間でスポンサー契約等を含み7,150万ドル(日本円で約68億円)を稼いでタイガー・ウッズに次ぐ2位にランクインした[30]

2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。フェデラーの年収は5,620万ドル(日本円で約57億3,000万円)であり、世界のアスリートの中で7位。テニス選手の中ではラファエル・ナダルを上回り、1位となった[31]

2017年5月、ESPN世界で最も有名なアスリート100名を発表し、フェデラーはクリスティアーノ・ロナウドレブロン・ジェームズリオネル・メッシに次ぐ4位にランクインした[32]

プレースタイル[編集]

すべてのプレイにおいて高いレベルを誇るオールラウンドプレイヤー[33]

グランドストロークが基本だが、サーブ、ボレーも上手い。特にサーブは高速ではないが非常に読みにくく、エースを連発する等強力な武器である[34]

ラケットの支えをしっかりさせるリストの強さと、繊細なタッチによる絶妙なコントロールを両立させており、また顔の位置がブレず同じ姿勢のまま動ける下半身の柔軟性があるため、目線の上下動が非常に少なくミスヒットが少ない。[35]また、強力かつ正確なスマッシュを持ちバックハンドスマッシュ、スカイフック、ハーフボレー、ジャンプスマッシュなども効果的に使用する[36]。ドロップショットも武器にしておりフェイントを掛けて相手の反対側に落とすのを得意とする。

ショットの中でも特にフォアハンドは歴代最高と言われる[37]。深さと角度を自在にできるため、浅いアングルでもフルスイングし、高く弾むショットを深くへ打ち込むことも可能。さらに伸びがあるため相手は予測が付きにくく対処も難しい。[38]フットワークの良さで効率的にコートを駆けまわりバックハンドに打たれたボールを回り込みフォアハンドで攻める。

片手バックハンドからは多様な打球を打ち出すことでき攻守のバランスに優れている。同じスライスでもわざとサイドスピンを与えたり、深く滑らせたり、浅く落としたりと様々な変化をつけられ、またトップスピンも自由に回転量を変えられる。さらにテイクバックが十分にとれないときでも相手の力を利用するのがうまく、逆に大きく引いて自分からハードヒットすることもできる。[39]

サーブは、様々な球種を同じモーションで打たれるため、相手にとって非常に読みにくい。また通常は約180~190 km/hだが、勝負どころでは200km/hを越える。全盛期には最速220でkm/hを越えることもあった[40][41][42]。無駄のない効率的で安定感のあるサーブのため調子の波が少ない。またファーストサーブとセカンドサーブの差が少ないのも特徴。ボールタッチが非常に良いため両サイドに自在にコントロールできる。[43]

2014年シーズンからステファン・エドベリをコーチ陣に迎え、ボレー技術の向上を図りネットプレーを増やすことによって、より攻撃的なゲームを展開するようになった[44][45]

2015年シーズン後半から相手のセカンドサービスでサービスラインまでダッシュし、ハーフボレー気味にリターン。次のネットプレーで確実に決める奇襲戦術を展開するようになる。この技はSABR(セイバー、Sneak Attack By Rogerの略称)と呼ばれている。

2016年からイワン・リュビチッチをコーチ陣に迎え、片手バックハンドの高い打点からでの攻撃力向上、更にはバウンドした直後に打つライジング技術を磨き、更に攻撃的なゲームを展開するようになる。

各種記録一覧[編集]

歴代記録[編集]

大会 年- 記録 他記録者
グランドスラム 1877 男子最多優勝 「19回」 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多年間3冠 「3回」 (2004, 2006–07) 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多年間2冠 「6回」 (2004–07, 2009, 2017) 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多決勝進出数 「29回」 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多準決勝進出数 「42回」 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多準々決勝進出数 「51回」 単独記録
グランドスラム 1877 男子最多連続決勝進出 「10連続」 単独記録 [46]
グランドスラム 1877 男子最多連続準決勝進出数 「23連続」 単独記録 [47]
グランドスラム 1877 男子最多連続準々決勝進出数 「36連続」 単独記録 [48]
グランドスラム 1877 大会連続最多出場記録 「65連続」 単独記録 [49]
グランドスラム 1877 大会通算最多出場記録 「71連続」 単独記録 [50]
グランドスラム 1877 最多勝利記録「325」 単独記録
グランドスラム 1877 ハードコート最多勝利記録「169勝」 単独記録
グランドスラム 1877 全ての4大大会決勝進出 「3回」(2006–07, 2009) 単独記録

歴代記録(オープン化以降)[編集]

主なグランドスラム記録[編集]

期間 グランドスラム記録 他記録者
2003 全英 —2009 全仏 キャリアグランドスラム ロッド・レーバー
アンドレ・アガシ
ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
2003 全英 —2017 全英 最多優勝「19」 単独記録
2003 全英 —2017 全英 最多決勝進出「29」 単独記録
2005 全英 —2007 全米 連続決勝進出「10」 単独記録
2003 全英 —2017 全英 最多準決勝進出 「42」 単独記録
2004 全英 —2010 全豪 連続準決勝進出「23」 単独記録
2001 全仏 —2017 全米 最多準々決勝進出「51」 単独記録
2004 全英 —2013 全仏 連続準々決勝進出「36」 単独記録
2000 全豪 —2016 全豪 連続出場「65」 単独記録
1999 全仏 —2017 全米 通算出場「71」 単独記録
2004, 2006–2007 優勝3大会以上「3年」 単独記録
2004–2007, 2009, 2017 優勝2大会以上「6年」 単独記録
2006–2007 3大会以上優勝「2年連続」 単独記録
2004–2007 2大会以上優勝「4年連続」 単独記録
2004–2011 20勝以上「8年連続」 単独記録
2003 全英 —2017 全豪 異なる2大会で5回以上優勝 ビヨン・ボルグ
ピート・サンプラス
2003 全英 —2017 全豪 異なる3大会で5回以上優勝 単独記録
2003 全英 —2011 全仏 4大会全てで5回以上決勝進出 単独記録
2003 全英 —2012 全仏 全ての4大大会で7回以上準決勝進出 単独記録
2001 全仏 —2015 全仏 全ての4大大会で10回以上準々決勝進出 単独記録
2003 全英 —2008 全米 2つの異なる大会で5連覇 単独記録
2003 全英 —2007 全仏 全ての4大大会で2年連続以上決勝進出 イワン・レンドル
ノバク・ジョコビッチ
2003 全英 —2009 全仏 全ての4大大会で5年連続以上準決勝進出 単独記録
2003 全英 —2013 全仏 全ての4大大会で9年連続準々決勝進出 単独記録
2004 全豪 —2017 全豪 ハードコート大会優勝「10回」 単独記録
2006–2007 & 2009 1シーズンで全ての4大大会決勝進出 ロッド・レーバー
ノバク・ジョコビッチ
2000 全豪 —2017 全米 325勝 単独記録
2006 1シーズンで27勝 ノバク・ジョコビッチ
2004–2007 & 2009 勝率90%以上「5年」 ビヨン・ボルグ
2004 全仏 —2012 全米 トップシード「23回」 単独記録
2004 全仏 —2008 全英 18連続トップシード 単独記録
2006 全米 —2007 全仏 36セット連続獲得 単独記録
2007 全米 35連続サービスポイント獲得 単独記録
2009 全英 決勝で50エース 単独記録
2005 全英 —2007 全仏 25連勝以上「2回」 単独記録
2005 全英 —2009 全米 20連勝以上「3回」 単独記録
2004 全英 —2009 全米 15連勝以上「5回」 単独記録

各4大大会の記録[編集]

その他の主な記録[編集]

※その他多数の歴代最多記録を保持している。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン:5勝(2004,06-07,10,17年)〔準優勝1度:2009年〕 歴代3位。(オープン化後では歴代2位)
  • 全仏オープン:1勝(2009年)〔準優勝4度:2006-08,11年〕
  • ウィンブルドン:8勝(2003-07,09,12,17年)〔準優勝3度:2008,14-15年〕 歴代1位。
  • 全米オープン:5勝(2004-08年)〔準優勝2度:2009,15年〕 歴代4位タイ。(オープン化後では歴代1位タイ)
大会 対戦相手 試合結果
2003年 ウィンブルドン オーストラリアの旗 マーク・フィリプーシス 7-6, 6-2, 7-6
2004年 全豪オープン ロシアの旗 マラト・サフィン 7-6, 6-4, 6-2
2004年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 4-6, 7-5, 7-6, 6-4
2004年 全米オープン オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 6-0, 7-6, 6-0
2005年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 6-2, 7-6, 6-4
2005年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 6-3, 2-6, 7-6, 6-1
2006年 全豪オープン キプロスの旗 マルコス・バグダティス 5-7, 7-5, 6-0, 6-2
2006年 ウィンブルドン スペインの旗 ラファエル・ナダル 6-0, 7-6, 6-7, 6-3
2006年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 6-2, 4-6, 7-5, 6-1
2007年 全豪オープン チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 7-6, 6-4, 6-4
2007年 ウィンブルドン スペインの旗 ラファエル・ナダル 7-6, 4-6, 7-6, 2-6, 6-2
2007年 全米オープン セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 7-6, 7-6, 6-4
2008年 全米オープン イギリスの旗 アンディ・マレー 6-2, 7-5, 6-2
2009年 全仏オープン スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング 6-1, 7-6, 6-4
2009年 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 5-7, 7-6, 7-6, 3-6, 16-14
2010年 全豪オープン イギリスの旗 アンディ・マレー 6-3, 6-4, 7-6
2012年 ウィンブルドン イギリスの旗 アンディ・マレー 4-6, 7-5, 6-3, 6-4
2017年 全豪オープン スペインの旗 ラファエル・ナダル 6-4, 3-6, 6-1, 3-6, 6-3
2017年 ウィンブルドン クロアチアの旗 マリン・チリッチ 6-3, 6-1, 6-4
テニス4大大会男子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 19勝 *スイスの旗 ロジャー・フェデラー
2位 16勝 *スペインの旗 ラファエル・ナダル
3位 14勝 アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
4位タイ 12勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン| *セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
6位タイ 11勝 オーストラリアの旗 ロッド・レーバー | スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ
8位 10勝 アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン
9位タイ 8勝 イギリスの旗 フレッド・ペリー | オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール | アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ | チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル | アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ
*は現役選手

シングルス成績[編集]

4大大会[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン LQ 3R 3R 4R 4R W SF W W SF F W SF SF SF SF 3R SF W 87–13
全仏オープン 1R 4R QF 1R 1R 3R SF F F F W QF F SF QF 4R QF A A 65–16
ウィンブルドン 1R 1R QF 1R W W W W W F W QF QF W 2R F F SF W 91–11
全米オープン LQ 3R 4R 4R 4R W W W W W F SF SF QF 4R SF F A QF 82-12

: 2004年全米4回戦、2007年ウィンブルドン4回戦、2012年全豪2回戦、2012年全米4回戦の不戦勝は通算成績に含まない

世界ランキング[編集]

1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
順位 301 64 29 13 6 2 1 1 1 1 2 1 2 3 2 6 2 3 16 2

受賞歴[編集]

  • ITFワールドチャンピオン(2004-2007,2009)
  • ATP最優秀選手賞(2004-2007,2009)
  • ATP Fans' Favorite Player(2003-2016)
  • ATPステファン・エドベリ スポーツマンシップ賞(2004-2009, 2011-2016)
  • スイス・スポーツマン賞(2003–04, 2006–07,2012,2014)
  • BBC海外スポーツパーソナリティ賞(2004,2006–07)
  • ゴールデンベーグル賞(2004,2006–07)
  • ESPY最優秀選手賞(2005–10)
  • ローレウス世界スポーツ賞(2005–08)
  • レキップチャンピオンオブ・チャンピオン賞(2005–07)
  • ガゼッタ・デロ・スポルト スポーツマン賞(2005–07)
  • アーサー・アッシュ ヒューマニタリアン賞(2006,2013)
  • オリンピックスイス代表旗手(2004,2008)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Player profile – ROGER FEDERER". ATP World Tour. 2017年7月10日閲覧。
  2. ^ tennis365.net - 元王者P・サンプラス「フェデラーは史上最強の選手」”. 2009年7月6日閲覧。
  3. ^ a b tennis365.net - ロジャー・フェデラーの足跡”. 2009年12月21日閲覧。
  4. ^ afpbb.com - ナダルの叔父、「史上最高の選手はフェデラー」”. 2012年12月2日閲覧。
  5. ^ フェデラー、ブリスベーン国際制覇とキャリア1000勝目を達成
  6. ^ フェデラー 4人目となる偉業
  7. ^ フェデラー 7人目の200勝達成
  8. ^ ジョコビッチ勝利、フェデラーは四大大会300勝目 全豪テニス”. 日本経済新聞. 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ ROGER UNDERGOES KNEE SURGERY”. ロジャー・フェデラー公式サイト. 2016年2月4日閲覧。
  10. ^ フェデラー、マスターズ欠場”. tennis365.net. 2016年3月8日閲覧。
  11. ^ フェデラーが背部の故障で出場辞退 ムトゥア マドリッド・オープン”. THE TENNIS DAILY. 2016年5月3日閲覧。
  12. ^ フェデラーが全仏OP欠場、体調万全の状態に整わず”. 日刊スポーツ. 2016年5月20日閲覧。
  13. ^ “逆転フェデラー「信じ続けた」”. tennis365.net. (2016年7月7日). http://news.tennis365.net/news/today/201607/110469.html 
  14. ^ “テニス フェデラーが五輪含むことしの残りの大会欠場へ”. NHK. (2016年7月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160727/k10010610211000.html 
  15. ^ 2017.03.02 フェデラーがマッチポイントを3つ逃し、予選勝者エフゲニー・ドンスコイに敗れる [ドバイ・デューティーフリー選手権]”. TENNISDAILY. 20170304閲覧。
  16. ^ Bodo, Peter (2009年1月30日). “Rivalry!”. Peter Bodo's Tennisworld. Tennis.com. 2009年2月14日閲覧。
  17. ^ MacGregor, Jeff (2009年2月3日). “Greatest rivalry of the 21st century?”. ESPN. 2009年2月14日閲覧。
  18. ^ It's official: Nadal will pass Federer for No. 1”. NBC Sports (Associated Press) (2008年8月1日). 2009年2月14日閲覧。
  19. ^ http://news.tennis365.net/news/today/201503/103760.html
  20. ^ スポーツナビ
  21. ^ 史上最長の決勝戦 インターネットテニスサイトhotshot
  22. ^ Federer v Murray Head to Head”. atpworldtour.com. 2011年1月9日閲覧。
  23. ^ Andy Murray falls to brilliant Roger Federer in Australian Open final”. The Guardian (2010年1月31日). 2014年11月23日閲覧。
  24. ^ “Superb Federer ends Murray dream”. BBC Sport. (2008年9月8日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/7603307.stm 2010年4月27日閲覧。 
  25. ^ ATP Head 2 Head”. ATP World Tour. 2014年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月8日閲覧。
  26. ^ Roger Federer Has Arena Named After Him in Basel The Tennis Times June, 10 2009〈internet Archives〉
  27. ^ tennis365.net - フェデラーがオフコートで2冠達成◇ATPワールド・ツアー・ファイナル”. 2012年11月8日閲覧。
  28. ^ Roger Federer: Sing When You're Winning”. 2008年7月1日閲覧。
  29. ^ レディー・ガガ「30歳未満で最も稼いでいるセレブ」のトップに!25歳で年収約72億円 - 米フォーブス誌”. 2011年6月15日閲覧。
  30. ^ tennis365.net - シャラポワが女子アスリート長者番付で世界一、フェデラーは男子2位”. 2013年6月7日閲覧。
  31. ^ The World's Highest-Paid Athletes The World's Highest-Paid Athletes”. 2014年6月11日閲覧。
  32. ^ ESPN World Fame 100 ESPN.com 2017年6月10日閲覧。
  33. ^ Aamna Saiyid. “Hall of Fame: Roger Federer – the Swiss Maestro”. International New york times. 2014年4月16日閲覧。
  34. ^ Aamna Saiyid. “Hall of Fame: Roger Federer – the Swiss Maestro”. International New york times. 2014年4月16日閲覧。
  35. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_federer05.html
  36. ^ David Foster Wallace (2006年8月20日). “Federer as Religious Experience”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/08/20/sports/playmagazine/20federer.html?ex=1313726400&en=716968175e36505e&ei=5090 2007年6月21日閲覧。 
  37. ^ David Foster Wallace (2006年8月20日). “Federer as Religious Experience”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/08/20/sports/playmagazine/20federer.html?ex=1313726400&en=716968175e36505e&ei=5090 2007年6月21日閲覧。 
  38. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_federer02.html
  39. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_federer01.html
  40. ^ Australianopen.com. “Match Statistics: Federer vs. Murray”. 2010年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  41. ^ Wimbledon.org. “Match Statistics:Federer vs. Roddick”. 2010年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  42. ^ Ubha, Ravi (2008年7月2日). “Federer's serve allowing him to manufacture easy points”. ESPN. 2010年2月16日閲覧。
  43. ^ http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_federer04.html
  44. ^ http://www.tennis.com/pro-game/2014/12/roger-resurgence/53370/#.VgFrt9_tmko
  45. ^ http://www.tennis.com/pro-game/2014/08/reliables/52464/#.VgFsHN_tmko
  46. ^ 2005年ウィンブルドン2007年全米オープンにかけて達成。
  47. ^ 2004年ウィンブルドン2010年全豪オープンにかけて記録。
  48. ^ 2004年ウィンブルドン2013年全仏オープンにかけて記録。
  49. ^ 2000年全豪オープン2016年全豪オープンにかけて記録。男女通じてでも杉山愛の62大会連続を抜き最長記録。
  50. ^ 1999年全仏オープン2017年ウィンブルドン選手権にかけて記録。
  51. ^ Walsh, Courtney (2013年1月24日). “Roger Federer forced to dig deep over five sets by Jo-Wilfried Tsonga in 全豪”. The Australian. http://www.theaustralian.com.au/sport/tennis/roger-federer-forced-to-dig-deep-over-five-sets-by-jo-wilfried-tsonga-in-全豪/story-fnbe6xeb-1226560450951 2013年1月24日閲覧. "[H]e threatened to end another of Federer's streaks...a tenth straight semi-final in Melbourne." 
  52. ^ a b Petkovski, Suzi (2012年1月26日). “Top 10: Fed's feats and streaks”. 全豪. 2012年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月26日閲覧。
  53. ^ Cambers, Simon (2008年1月19日). “Federer survives massive scare in Melbourne”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2008/01/19/us-tennis-open-federer-idUSB38281020080119 2012年2月12日閲覧. "It was the first set he had dropped at the 全豪 since 2006." 
  54. ^ Federer Wins Seventh 全英 Crown”. ATP World Tour (2012年7月8日). 2012年7月9日閲覧。
  55. ^ Clarey, Christopher (2012年7月8日). “Federer Beats Murray, and Britain, for Seventh 全英 Title”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/07/09/sports/tennis/federer-beats-murray-and-britain-to-win-全英.html?_r=2&ref=tennis 2012年7月9日閲覧。 
  56. ^ 全英 – Championships History”. 全英.com. 2012年2月4日閲覧。
  57. ^ Lewis, Aimee (2012年7月6日). “Federer beats Djokovic to reach final”. BBC Sport. 2012年7月6日閲覧。
  58. ^ Garber, Greg (2012年7月6日). “Just like old times for Roger Federer”. ESPN. ESPN Internet Ventures. 2012年7月7日閲覧。
  59. ^ Elser, Christopher (2009年7月3日). “Roddick Beats Murray for 全英 Final With Federer”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aUxLXCgnHU70 2012年8月26日閲覧. "Federer is the first man to reach the 全英 final seven years in a row since 1922, when the system of automatically putting the defending champion into the title match was dropped." 
  60. ^ Lewis, Aimee (2012年7月6日). “Federer beats Djokovic to reach final”. BBC Sport. 2012年7月6日閲覧。
  61. ^ Garber, Greg (2012年7月6日). “Just like old times for Roger Federer”. ESPN. ESPN Internet Ventures. 2012年7月7日閲覧。
  62. ^ Lewis, Aimee (2012年7月6日). “Federer beats Djokovic to reach final”. BBC Sport. 2012年7月6日閲覧。
  63. ^ Garber, Greg (2012年7月6日). “Just like old times for Roger Federer”. ESPN. ESPN Internet Ventures. 2012年7月7日閲覧。
  64. ^ 2005 全英 Championships on ATPWorldTour.com2006 全英 draws and results”. ATPWorldTour.com. 2013年4月10日閲覧。
  65. ^ 2005 全英 Championships on ATPWorldTour.com2006 全英 draws and results”. ATPWorldTour.com. 2013年4月10日閲覧。
  66. ^ a b 全米 Most Championship Titles Record Book”. 全米. 2012年8月26日閲覧。
  67. ^ 全米 Singles Record Book”. 全米. 2012年8月26日閲覧。
  68. ^ テニス・マスターズ・カップ、ATPワールドツアーファイナル
  69. ^ a b Barcays ATP World Tour Finals – Historical Stats”. ATP Tour. 2014年12月6日閲覧。
  70. ^ “Nishikori wins, Federer advances”. ESPN. Associated Press (ESPN Internet Ventures). (2014年11月13日). http://espn.go.com/tennis/story/_/id/11869539/kei-nishikori-win-means-roger-federer-advances-atp-finals 2014年11月14日閲覧。 
  71. ^ Federer To Return To Barclays ATP World Tour Finals For Record 13th Straight Year”. ATP World Tour (2014年8月18日). 2014年8月18日閲覧。
  72. ^ Federer Renews Reign in Indian Wells”. ATP World Tour (2012年3月18日). 2012年3月19日閲覧。
  73. ^ Federer Wins Record Fifth Cincinnati Crown; Ties Nadal's Masters 1000 Mark”. ATP World Tour (2012年8月19日). 2012年8月20日閲覧。
  74. ^ Federer Holds Off Ferrer for 80th Title, Sixth in Cincinnati”. ATP World Tour (2014年8月17日). 2014年8月18日閲覧。
  75. ^ Buddell, James (2012年7月16日). “Federer Rises Above”. London: ATP World Tour. 2012年7月16日閲覧。
  76. ^ Rossingh, Danielle (2012年11月7日). “Federer Breaks Tour Finals Record to Open Bid for Seventh Title”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/2012-11-07/federer-breaks-tour-finals-record-to-open-bid-for-seventh-title.html 2012年11月9日閲覧. "[Federer]...completed a record 302nd week at No. 1 before being usurped by Djokovic this week." 
  77. ^ 男子歴代最長記録。2010年6月7日付のランキングで、当時ピート・サンプラスの持っていた男子歴代最長記録「286週」に残り1週と迫っていたが、2位に転落してしまう。その後一時は4位までランキングを落としたが、2012年ウィンブルドン優勝により約2年ぶりにランキング1位に復帰した。その翌日更新のランキングでサンプラスの記録に並び、翌週も1位を守りきって男子歴代単独1位の記録をつくった。 10月15日付のランキングにて、男子では史上初の世界ランキング1位通算在位300週を達成(女子ではシュテフィ・グラフ、マルチナ・ナブラチロワが達成)した。11月5日付のランキングでジョコビッチに1位の座を明け渡し、在位総週の更新は302週で止まった。 また、現在フェデラーが最後にランキング1位に在位していた年齢「31歳2ヶ月」は、アンドレ・アガシの「33歳4ヶ月」に次ぐ歴代2位の年長記録である
  78. ^ a b c Macpherson, Paul (2010年1月12日). “Roger's Records To Stand Test of Time”. ATP World Tour. 2012年2月12日閲覧。
  79. ^ 2004年2月2日~2008年8月18日までの、男女を通じた世界最長記録。2007年2月26日にジミー・コナーズの男子歴代最長記録「160週」を抜き、同年8月27日にシュテフィ・グラフの女子歴代最長記録「186週」をも更新。同年12月2日付で史上初の「200週」に到達。2008年8月18日、ラファエル・ナダルが世界ランキング1位となり、記録は「237週」で止まった。フェデラーは初めて世界ランキング1位の座についてから、約4年半もの間ランキング1位を守り続けた。 この快挙を称えて、スイスの郵政省は2007年4月1日にフェデラーを印刷した切手を発行[53]。これにより、フェデラーは存命のスイス人として初めて切手の印刷面を飾った人物となった。なお、この記念切手にはウィンブルドンの優勝トロフィーを掲げたフェデラーの姿が印刷されており、2010年2月8日にオーストリアで新たに発行された記念切手には全仏オープンでプレーするフェデラーの姿が印刷されている。
  80. ^ a b “Roger Federer: By The Numbers”. Sports Illustrated. (2009年7月8日). http://sportsillustrated.cnn.com/2009/tennis/07/05/federer.by.the.numbers/ 2012年6月12日閲覧。 
  81. ^ また、2006から2007年にかけて歴代2位の36連勝も記録している。
  82. ^ a b FedEx ATP Reliability Index – Winning percentage on Grass”. ATP World Tour. 2012年2月11日閲覧。
  83. ^ FedEx ATP Reliability Index – Winning percentage on Hard”. ATP World Tour. 2012年2月11日閲覧。
  84. ^ FedEx ATP Reliability Index – Winning percentage Overall”. ATP World Tour. 2012年8月31日閲覧。
  85. ^ Roger Federer in 1,000th career win with Brisbane International title”. BBC Sport (2015年1月11日). 2015年1月11日閲覧。
  86. ^ FedEx ATP Reliability Index – Tie-breakers”. ATP World Tour. 2012年2月4日閲覧。
  87. ^ Team – Switzerland (SUI)”. Davis Cup (2014年4月6日). 2014年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック
スペインの旗 ラファエル・ナダル
セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
世界ランキング1位
2004年2月2日 – 2008年8月18日
2009年7月6日 – 2010年6月7日
2012年7月9日 – 2012年11月5日
次代:
スペインの旗 ラファエル・ナダル
スペインの旗 ラファエル・ナダル
セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ
記録
先代:
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
ATP生涯獲得賞金王
2007年 –
次代:
-
先代:
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
グランドスラム最多タイトル獲得
2009年7月5日 –
次代:
-
先代:
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
世界ランキング1位最長記録
2012年7月16日 –
次代:
-