シモーネ・ニグリ=ルーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル

デンマークでのWOC2006にて
スイスの旗 スイス
オリエンテーリング女子
世界選手権
2001 タンペレ ロング
2003 ザンクトガレン スプリント
2003 ザンクトガレン ミドル
2003 ザンクトガレン ロング
2003 ザンクトガレン リレー
2004 ヴェステロース スプリント
2005 愛知 スプリント
2005 愛知 ミドル
2005 愛知 ロング
2005 愛知 リレー
2006 オーフス ミドル
2006 オーフス ロング
2007 キエフ スプリント
2007 キエフ ミドル
2009 ミシュコルツ ロング
2010 トロンハイム スプリント
2010 トロンハイム ロング
2012 ローザンヌ スプリント
2012 ローザンヌ ロング
2012 ローザンヌ リレー
2006 オーフス スプリント
2010 トロンハイム ミドル
2001 タンペレ スプリント
2006 オーフス リレー
2007 キエフ ロング
2009 ミシュコルツ ミドル
2009 ミシュコルツ スプリント
ワールドゲームズ
2005 デュースブルク ミドル
2005 デュースブルク リレー
ワールドカップ
2002 総合
2004 総合
2005 総合
2006 総合
2007 総合
2009 総合
2010 総合
2012 総合
2013 総合
2000 総合
ヨーロッパ選手権
2002 ヴェスプレーム クラシック
2004 ロスキレ スプリント
2004 ロスキレ ロング
2006 ヴァルガ スプリント
2006 ヴァルガ ロング
2010 プリモルスコ ミドル
2010 プリモルスコ ロング
2012 ファールン スプリント
2012 ファールン ミドル
2012 ファールン ロング
2000 リヴィウ州 ショート
2002 ヴェスプレーム リレー
2006 ヴァルガ リレー
2010 プリモルスコ スプリント
2010 プリモルスコ リレー
ジュニア世界選手権
1997 リンブルフ クラシック
1996 ゴヴォラ リレー
1997 リンブルフ リレー
1998 ランス リレー

シモーネ・ニグリ=ルーダー (Simone Niggli-Luder1978年1月9日 ‐ ) は、オリエンテーリング選手であり、スイスを代表するアスリートである。世界オリエンテーリング選手権(WOC)では2003年と2005年に女子4冠を達成している。

経歴[編集]

シモーネは地元ヒンデルバンクの地域クラブに入ることで早くよりオリエンテーリングに親しみ、初めて大会に参加したのは10歳の時のことだった。それ以降は数々の素晴らしい成績を残している。1997年にベルギーリンブルフで開かれたジュニア世界選手権(JWOC)ではクラシック種目で優勝、スイス選手権で勝つこと20回以上、フィンランド選手権では1回、スウェーデン選手権では9回勝利を収めている。また ワールドカップでは7度の総合優勝、ワールドゲームズでは2度、ヨーロッパ選手権(EOC)では10度の優勝を収めている。2011年までに世界選手権(WOC)で獲得した金メダル枚数は累計17枚であり、WOC2003とWOC2005では4冠を達成している。

2013年9月、10月頭に地元スイスで開催されるワールドカップ最終戦をもって代表引退することを表明した[1][2]。シモーネは10月5日のワールドカップ第12戦ミドル競技で見事に優勝。それまでワールドカップ総合成績のトップを走っていたトーベ・アレクサンダーソンに接近するものの、シモーネが総合優勝を果たすには翌日10月6日に行われる第13戦(最終戦)スプリント競技で優勝した上でトーベ・アレクサンダーソンが4位以下となることが絶対条件であった[3]。結果はシモーネが優勝、トーベが4位となり、シモーネの2年連続9度目の総合優勝が決定。見事、有終の美を飾ることとなった。

人物[編集]

ベルン大学卒業。専攻は生物学。2003年に結婚し、双子を2人含む3子。

その他[編集]

  • 2003年、2005年、2007年とスイス・スポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選出されている[4]。2003年と2005年には上述の通りWOCにて4冠を達成している。
  • アフリカ貧困撲滅と援助を目的とした財団“BioVision”の大使として活動している[4]
  • 恵まれない子供たち、青少年を対象にスポーツや遊びを振興する国際人道組織“Right to Play”にスポーツ大使として参加している[4]
  • ロジャー・フェデラーミハエル・シューマッハらとともにUEFA EURO 2008の親善大使となっている。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Rücktritt Orientierungsläuferin Simone Niggli YouTube 2013年9月30日閲覧
  2. ^ Das war's! That's it! Simone Niggli-Luder公式ホームページ 2013年9月30日閲覧
  3. ^ 故郷で有終の美を飾ったシモーネ オリエンテーリングマガジン12月号 2013年12月21日閲覧
  4. ^ a b c Profile: スイスの公式情報サイト - シモーネ・ニグリ=ルーダー”. 2012年7月23日閲覧。