タンペレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タンペレ
Tampere / Tammerfors
フィンランドの旗
Tampere Montage 1.jpg
タンペレの市章
市章
愛称 : Manchester of the North, Manse(北のマンチェスター)
位置
タンペレの位置の位置図
タンペレの位置
座標 : 北緯61度30分0秒 東経23度46分0秒 / 北緯61.50000度 東経23.76667度 / 61.50000; 23.76667
歴史
設立 18世紀後半
行政
 フィンランド
 県 ピルカンマー県
 郡 タンペレ郡
 市 タンペレ
地理
面積  
  市域 689.59 km2 (266.3 mi2)
    陸上   525.03 km2 (202.7 mi2)
    水面   164.56 km2 (63.5 mi2)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 211,691人
    人口密度   403.2人/km2(1044.3人/mi2
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.tampere.fi

タンペレフィンランド語: Tampere: フィンランド語発音: [ˈtɑmpere] ( 音声ファイル))は、フィンランド共和国ピルカンマー県都市。タンペレ郡に属する。スウェーデン語ではタンメルフォシュTammerfors, [tamɛrˈfɔʂ])と称する。語源は古スウェーデン語のdamber(ダム)+fors(急流)。

歴史[編集]

タンペレ大聖堂

18世紀後半、スウェーデン王のグスタフ3世のもとで建設された[1]。フィンランドが帝政ロシアの支配下に入ったのちは、紡績業などを中心として工業が発達した。1876年には鉄道も開通している。工業化にともなって労働者の数も年々増加し、フィンランドにおける労働運動、そして社会主義・共産主義運動の中心地であった。レーニンが最初にスターリンに出会ったのがタンペレであったなど、ソビエト連邦の歴史ともつながりが深い。世界で唯一のタンペレ・レーニン博物館英語版がある。1917年には亡命中のレーニンがこの地で『国家と革命』を執筆している。1918年に勃発したフィンランド内戦で最大の戦いが、この都市で起こった。

第二次世界大戦後には周辺地域を編入合併することで自治体域を拡大させており、1947年にはMessukyläが、1950年にはLielahtiが、1966年にはAitolahtiが、1972年にはTeiskoがタンペレに吸収された。この時期までは繊維産業や金属産業で知られていたが、1990年代には情報技術産業や電気通信産業がとってかわった。Hervantaにある技術センターにはこれらの企業の本部が多く置かれている。

地理[編集]

タンペレはピルカンマー県の県庁所在地であり、2010年まではトゥルクを州都とする西スオミ州に属していた。隣接する自治体としては、カンガサラ英語版レンパーラ英語版ノキア (フィンランド)英語版オリヴェシ英語版, ピルッカラ英語版ルオヴェシ英語版ユロヤルヴィがある。

北欧諸国の内陸部ではもっとも人口の多い町である。2011年の自治体人口は223,292人であり[2]都市的地域の人口は330,711人であり[3]タンペレ都市圏英語版の人口は364,000人(人口密度は4,977人/km2)である[4][5]。都市的地域の人口ではヘルシンキに次いでフィンランド第2位であり、自治体人口ではヘルシンキとエスポーに次いで第3位である。ヘルシンキ都市圏英語版の外側ではフィンランドでもっとも人口の多い地域であり、中部フィンランドにおける経済的・文化的な中心地である。タンペレ市立図書館の階下にはムーミン谷博物館英語版があり、トーベ・ヤンソンの作品『ムーミン』の関連品が展示されている。南約160kmの距離にヘルシンキがあり、鉄道では1.5時間、車では2時間で訪れることができる。トゥルクまでもほぼ等距離である。

タンペレの町はネシ湖ピュハ湖に挟まれている。ネシ湖の標高は95m、ピュハ湖の標高は77mであり、両者を結ぶタンメルコスキ川英語版で水力発電を行うことでタンペレに産業が発達した[6]。製紙、皮革、繊維産業などが発展していたが、近年は、ノキア(NOKIA)などのIT産業やITを活用した機械工業が主要産業。タンペレは「フィンランドのマンチェスター」とも呼ばれる[5][7][8]

気候[編集]

タンペレは湿潤大陸性気候亜寒帯気候の境界に位置し、ケッペンの気候区分ではDfbまたはDfcとなる。冬季は寒く、11月から3月の平均気温は摂氏0度を下回る。夏季は穏やかである。11月下旬から4月上旬まで、4か月から5か月にわたって降雪がある。

タンペレ(1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 8.0
(46.4)
9.4
(48.9)
14.9
(58.8)
24.2
(75.6)
28.4
(83.1)
31.7
(89.1)
33.1
(91.6)
32.1
(89.8)
24.8
(76.6)
18.4
(65.1)
11.1
(52)
9.6
(49.3)
32.5
(90.5)
平均最高気温 °C (°F) −3.4
(25.9)
−3.5
(25.7)
1.2
(34.2)
8.2
(46.8)
15.4
(59.7)
19.5
(67.1)
22.2
(72)
19.9
(67.8)
14.0
(57.2)
7.5
(45.5)
1.5
(34.7)
−1.9
(28.6)
8.4
(47.1)
日平均気温 °C (°F) −6.4
(20.5)
−6.9
(19.6)
−2.8
(27)
3.3
(37.9)
9.7
(49.5)
14.1
(57.4)
16.9
(62.4)
15.0
(59)
9.8
(49.6)
4.6
(40.3)
−0.6
(30.9)
−4.5
(23.9)
4.4
(39.9)
平均最低気温 °C (°F) −9.7
(14.5)
−10.6
(12.9)
−6.6
(20.1)
−1.3
(29.7)
3.8
(38.8)
8.6
(47.5)
11.7
(53.1)
10.4
(50.7)
5.9
(42.6)
1.9
(35.4)
−3.0
(26.6)
−7.6
(18.3)
0.3
(32.5)
最低気温記録 °C (°F) −37.0
(−34.6)
−36.8
(−34.2)
−29.6
(−21.3)
−19.6
(−3.3)
−7.3
(18.9)
−2.8
(27)
1.8
(35.2)
−0.4
(31.3)
−6.7
(19.9)
−14.8
(5.4)
−22.5
(−8.5)
−34.2
(−29.6)
−37.0
(−34.6)
降水量 mm (inch) 41
(1.61)
29
(1.14)
31
(1.22)
32
(1.26)
41
(1.61)
66
(2.6)
75
(2.95)
72
(2.83)
58
(2.28)
60
(2.36)
51
(2.01)
42
(1.65)
598
(23.54)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 22 18 16 12 12 13 15 15 14 17 21 22 197
湿度 90 87 82 70 63 66 69 76 82 87 91 92 80
出典 1: FMI climatological normals for Finland 1981-2010[9]
出典 2: record highs and lows[10]

人口[編集]

タンペレの人口推移 1815-2016
TAMPERE City Population

政治[編集]

2007年には新しい政治制度への切り替えが行われ、以後はタンペレ市議会によって1人の市長と4人の副市長が2年ごとに選出されている。在任中の市長は市議会に1議席を有する。2007年には国民連合党ティモ・P・ニエミネンフィンランド語版が新市長に就任した。2009年にはニエミネンが再選され、2013年まで市長を務めた。2013年には国民連合党のアンナ=カイサ・イコネン英語版が市長に就任した。2017年にはフィンランド社会民主党ローリー・リリーフィンランド語版が新市長に就任した。

歴代タンペレ市長
就任年 退任年 名前 政党
1929 1943 Kaarle Nordlund
1943 1957 Sulo Typpö
1957 1969 Erkki Lindfors
1969 1985 ペッカ・パーヴォラ英語版 フィンランド社会民主党
1985 2007 ヤルモ・ランタネン英語版 フィンランド社会民主党
2007 2013 ティモ・P・ニエミネンフィンランド語版 国民連合党
2013 2017 アンナ=カイサ・イコネン英語版 国民連合党
2017 在職中 ローリー・リリーフィンランド語版 フィンランド社会民主党

社会[編集]

教育[編集]

タンペレ工科大学

タンペレ周辺には2つの大学と2つの工科大学(フィンランド語: ammattikorkeakoulu)があり、4機関を合わせて4万人の学生を抱えている。タンペレ大学英語版(UTA)は市街地中心部に隣接しており、16,000人以上の学生を有する。タンペレ工科大学英語版(TUT)はHervanta地区にあり、12,000人以上の学生を有する。タンペレ応用科学大学英語版は約10,000人の学生を有し[11]、最後のひとつはフィンランド警察学校英語版である。

交通[編集]

中央広場のバスターミナル

タンペレはフィンランドの鉄道における重要な拠点であり、ヘルシンキトゥルクトゥルク港英語版オウルユヴァスキュラポリなどに対して直通する路線がある。タンペレ駅英語版は市街地の中心部に位置しており、フィンランドの各都市に向かうバスターミナルも存在する。タンペレから13km南西のピルッカラ英語版にはタンペレ=ピルッカラ空港がある。フィンランドで3番目に利用者数の多い空港であり、2016年には208,930人がこの空港を利用した。

今日のタンペレ市内の公共交通手段はバスのみであるが、1948年から1976年にはフィンランド最大のトロリーバスの路線網を有していた[12]。2017年時点ではバス路線を置き換えるタンペレ・ライトレール英語版の建設が進められている[13]

宗教[編集]

フィンランド国民の大半と同様に、タンペレ市民はフィンランド福音ルター派教会に属している。他の教会としては、バプテスト教会、福音自由教会、フィンランド・ルーテル福音教会英語版フィンランド正教会、ノキア・リバイバル教会などがある。

スポーツ[編集]

タンペレ・アイス・スタジアム

タンペレでもっとも盛んなスポーツはアイスホッケーであり、フィンランドにおける「アイスホッケーのふるさと」と呼ばれる。フィンランドで初めて建設されたアイスホッケー用のアリーナはタンペレ・アイス・スタジアム英語版であり、またフィンランドホッケーの殿堂英語版(フィンランドアイスホッケー博物館)がある。フィンランド初のアイスホッケーの試合はタンペレにあるピュハ湖の氷上で行われた。全国リーグであるSMリーガに所属するアイスホッケークラブにはイルヴェス英語版タッパラ英語版の2クラブがあり、タッパラは10回(1位タイ)、イルヴェスは1回優勝している。

タンペレではサッカーも人気がある。1931年創設のFCイルヴェスは1983年にヴェイッカウスリーガで優勝した。1998年にはタンペレ・ユナイテッドが設立され、2001年・2006年・2007年にヴェイッカウスリーガで優勝したが、2011年に解散した。バスケットボールクラブのTampereen Pyrintö英語版は2010年と2011年と2014年にフィンランドリーグで優勝した。アメリカンフットボールのタンペレ・セインツが本拠地を置いており、2015年にはディビジョン2で優勝してディビジョン1に昇格した。

1952年のヘルシンキオリンピックではサッカー競技の一部がタンペレ・スタディオン英語版で開催された。1965年のアイスホッケー世界選手権や、1967年バスケットボール男子欧州選手権の一部もタンペレで開催されている。1973年と1983年にはカヌースプリント世界選手権の会場となった。1977年には世界ジュニアボート選手権が開催され、1995年には世界ボート選手権が開催された。2009年にはヨーロッパユースオリンピックフェスティバルが開催され、2010年には世界リンゲッテ英語版選手権が開催された。

出身者[編集]

小説家のヴァイノ・リンナカッレ・パータロ英語版はタンペレ生まれではないがタンペレで死去した。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フローレンス・ウィリアムズ 『NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる』 NHK出版2017年、193頁。ISBN 978-4-14-081718-6
  2. ^ [1]
  3. ^ Taajamat väkiluvun ja väestöntiheyden mukaan 31.12.2016 Statistics Finland's PX-Web databases
  4. ^ Kunnat - Tampereen kaupunkiseutu”. Tampere enseutu. 2014年1月25日閲覧。
  5. ^ a b Tampere in brief (PDF)”. 2011年9月15日閲覧。
  6. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年3月18日閲覧。
  7. ^ Tampere Economy, Tampere International Business Office Archived March 27, 2009, at the Wayback Machine.
  8. ^ Katko, Tapio S. and Juuti, Petri S. Watering the city of Tampere, publications of the 5th IWHA Conference, 2007. Available at the website of the city of Tampere.
  9. ^ FMI normals 1981-2010”. fmi.fi. 2016年4月26日閲覧。
  10. ^ FMI open data”. FMI. 2017年10月13日閲覧。
  11. ^ TAMK. 22 1 2010. Tampere polytechnic. Retrieved 31 1 2010.
  12. ^ Alameri, Mikko. “Trolleybus City of Tampere” (Finnish). Raitio. Suomen Raitiotieseura. 28 2 2009閲覧。
  13. ^ Joukkoliikennejärjestelmävaihtoehdot - Vaikutusten arviointi ja suositus Tampereen kaupunkiseudun joukkoliikennejärjestelmäksi (PDF)”. TASE 2025. City of Tampere (2007年3月). 2009年2月28日閲覧。
  14. ^ List of Twin Towns in the Ruhr District”. Twins2010. 2009年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月28日閲覧。
  15. ^ Miasta partnerskie - Urząd Miasta Łodzi”. ウッチ市. 2013年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  16. ^ Trondheims offisielle nettsted - Vennskapsbyer”. トロンハイム市. 2011年9月4日閲覧。
  17. ^ Guangzhou Sister Cities”. Guangzhou Foreign Affairs Office. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月21日閲覧。
  18. ^ “Some 15 Finnish towns have twinned with friendship cities in China”. Helsingin Sanomat International Edition. (2013年6月20日). http://www.hs.fi/english/article/Some+15+Finnish+towns+have+twinned+with+friendship+cities+in+China/1135230364434 2013年7月29日閲覧。 

外部リンク[編集]