トゥルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥルク
Turku / Åbo
Turku postcard 2009.jpg
トゥルクの市旗 トゥルクの市章
市旗 市章
座標 : 北緯60度27分20秒 東経22度16分20秒 / 北緯60.45556度 東経22.27222度 / 60.45556; 22.27222
歴史
成立 1292年
行政
 フィンランド
 県 南西スオミ県
 郡 トゥルク郡
 市 トゥルク
地理
面積  
  市域 306.41 km2 (118.3 mi2)
    陸上   245.7 km2 (94.9 mi2)
    水面   60.71 km2 (23.4 mi2)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 176,401人
    人口密度   717.95人/km2(1859.5人/mi2
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
郵便番号 20000–20960
公式ウェブサイト : http://www.turku.fi

トゥルクフィンランド語: Turku: フィンランド語発音: [ˈturku] ( 音声ファイル), スウェーデン語: Åbo [ˈoːbʊ] ( 音声ファイル))は、フィンランド共和国南西スオミ県にある(港湾都市)。アウラ川英語版の河口にあり[1]バルト海に面している。

概要[編集]

1229年にローマ教皇がこの地に司教座をおいたことから町が築かれたとされる、フィンランド最古の町である。すぐにフィンランドで最も重要な都市となり、数百年間はその地位が維持された。フィンランドの首都であり、主要なハンザ同盟都市であった。1809年のフレデリクスハムンの和約によってフィンランドがスウェーデンからロシア帝国に割譲され、1819年にフィンランド大公国が成立すると、その首都はヘルシンキに置かれたが、1840年代末まではトゥルクがフィンランドでもっとも人口の多い都市であり続けた。今日でもこの地域の商業と文化の中心地である。

トゥルク港英語版はフィンランド有数の商港・フェリー港であり、年間300万人以上の旅客がトゥルク港からスウェーデンのストックホルムやオーランド諸島のマリエハムンに旅行している[1]。トゥルクの長い歴史はフィンランドの歴史に大きな影響を与えている。1996年には公式にフィンランドのクリスマス都市として宣言された[2]。2011年にはエストニアの首都タリンとともに欧州文化首都に選定された。

2016年末時点の自治体人口は187,564人であり[3]、フィンランドで6番目の規模である(参考[4]トゥルク都市圏英語版の人口は318,168人であり、ヘルシンキ首都圏英語版タンペレ都市圏に次いでフィンランドで3番目の規模である(参考)。バルト海に面した港湾都市であるため、歴史的にスウェーデンとのつながりが強い。トゥルクは公的にバイリンガル都市であり、人口の5.2%はスウェーデン語母語としている。

地理[編集]

トゥルクの位置(黄点)

トゥルクはアウラ川の河口に位置しており、両岸に広がる自治体の面積は245km2である。左岸(東岸)にはトゥルク大聖堂英語版などがあり、「川のこちら側」(täl pual jokke)と呼ばれる。右岸(西岸)にはトゥルク中央駅などがあり、「川の向こう側」(tois pual jokke)と呼ばれる。中心市街地は両岸に広がっているが、近年には右岸(西岸)側で市街地が拡大している。

トゥルクの自治体域で、アウラ川には10本の橋が架かっている。もっとも架橋年代が古いのは1904年に架けられたアウランシルタ橋であり、もっとも新しいのは2013年に架けられたKirjastosilta橋である[5]。アウラ川ではフェリ英語版と呼ばれる渡し舟が運航されており、歩行者や自転車などは通行料なしでアウラ川を渡ることができる。

トゥルク都市圏[編集]

人口約30万人を有するトゥルク都市圏英語版(トゥルク周辺地域)は、ヘルシンキ首都圏、タンペレ都市圏に次いでフィンランドで3番目に大きな都市圏である。トゥルク都市圏を構成するのはトゥルクに加えて、Askainen、カーリナ、Lemu、Lieto、Masku、Merimasku、Mynämäki、ナーンタリ、Nousiainen、Paimio、Piikkiö、ライシオ、Rusko、Rymättylä、Sauvo、Vahto、Velkuaである。このうち、トゥルク、南東部のカーリナ、北西部のライシオ、西部のナーンタリの主要4自治体で約235,000人を有する。

区・地区[編集]

トゥルクを構成する9区

トゥルクの自治体域は9区で構成されており、9区は計78地区で構成されている。20世紀半ばに北部郊外と南部郊外にある自治体を合併したことで、トゥルクの自治体域は細長い洋ナシ型をしている。

名称 地区数 人口(2004)
1区 Keskusta / Centrum 22地区 51,471人
2区 Hirvensalo-Kakskerta 16地区 7,944人
3区 Uittamo-Skanssi 9地区 24,026人
4区 Itäharju-Varissuo 5地区 27,883人
5区 Koroinen 5地区 10,419人
6区 Tampereentie 5地区 14,010人
7区 Kuninkoja 7地区 16,288人
8区 Naantalintie 6地区 10,257人
9区 Maaria-Paattinen 5地区 8,756人

気候[編集]

秋季のトゥルク大聖堂周辺

トゥルクはバルト海に面しており、その中でもサーリストメリ英語版と呼ばれる多島海域にある。気候は湿潤大陸性気候であり、ケッペンの気候区分ではDfBとなる。フィンランド南部の他都市と同様に、気温が摂氏30度まで上昇する温かい夏季、頻繁に降雪が起こる比較的寒い冬季を経験する。最暖月は平均気温が摂氏17.5度となる7月であり、最寒月は平均気温が摂氏5.5度となる2月である。12月初旬には冬季が始まり、3月下旬には春季が始まる。

トゥルクの年降水量は720ミリメートルである。もっとも降水量の多い月は80ミリメートルの8月であり、もっとも降水量の少ない月は32ミリメートルの4月である。海面の平均気圧は101.2キロパスカルであり、年間の変動はほとんどない。1955年から稼働しているトゥルク気象観測所はトゥルク空港に近い標高47メートル地点にある。

トゥルクの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 8.5
(47.3)
10.2
(50.4)
15.8
(60.4)
24.5
(76.1)
30.0
(86)
32.0
(89.6)
35.9
(96.6)
32.6
(90.7)
27.8
(82)
18.9
(66)
11.6
(52.9)
10.6
(51.1)
35.9
(96.6)
平均最高気温 °C (°F) −1.7
(28.9)
−2.1
(28.2)
2.0
(35.6)
8.8
(47.8)
15.5
(59.9)
19.5
(67.1)
22.3
(72.1)
20.5
(68.9)
14.9
(58.8)
8.8
(47.8)
3.0
(37.4)
−0.1
(31.8)
9.3
(48.7)
日平均気温 °C (°F) −4.4
(24.1)
−5.2
(22.6)
−1.6
(29.1)
4.0
(39.2)
10.2
(50.4)
14.4
(57.9)
17.5
(63.5)
16.0
(60.8)
11.0
(51.8)
5.9
(42.6)
0.8
(33.4)
−2.6
(27.3)
5.5
(41.89)
平均最低気温 °C (°F) −7.3
(18.9)
−8.3
(17.1)
−4.9
(23.2)
−0.2
(31.6)
4.8
(40.6)
9.3
(48.7)
12.6
(54.7)
11.6
(52.9)
7.2
(45)
3.2
(37.8)
−1.6
(29.1)
−5.6
(21.9)
1.8
(35.2)
最低気温記録 °C (°F) −35.5
(−31.9)
−35.2
(−31.4)
−32.8
(−27)
−21.0
(−5.8)
−6.6
(20.1)
−2.2
(28)
1.8
(35.2)
0.2
(32.4)
−6.9
(19.6)
−15.0
(5)
−22.3
(−8.1)
−33.8
(−28.8)
−35.5
(−31.9)
降水量 mm (inch) 61
(2.4)
42
(1.65)
43
(1.69)
32
(1.26)
39
(1.54)
59
(2.32)
79
(3.11)
80
(3.15)
64
(2.52)
78
(3.07)
76
(2.99)
70
(2.76)
723
(28.46)
平均降水日数 11 8 9 7 7 8 9 11 9 12 13 12 116
平均月間日照時間 40 75 134 204 284 276 287 230 155 89 38 27 1,839
出典: Climatological statistics for the normal period 1981–2010 [6]

人口[編集]

ヴァップを祝う人々

2004年末時点で、トゥルク都市圏は319,632人の人口を有し、うち174,824人がトゥルクの自治体域に住んでいた。自治体の人口密度は718人/km2だった[7]。人口の89.4%はフィンランド語を母語とし、5.2%はスウェーデン語を母語としていた。両言語の次に母語話者数の多い言語は、ロシア語(1.3%)、アラビア語(0.6%)、アルバニア語(0.5%)の順である。人口の95.8%はフィンランド人であり、フィンランド国籍に続くのはロシア人、エストニア人、イラク人、イラン人、アルバニア人、スウェーデン人、ソマリア人、中国人、デンマーク人だった。フィンランドの多くの都市と同様に、トゥルク市による調査では居住者の民族や宗教に関する情報を集めていない。スウェーデン語であるオーボ(スウェーデン語: Åbo)は、歴史的にスウェーデン語話者が集住していたアウラ川左岸の地区名に由来する。街中の道路標識などにはフィンランド語とスウェーデン語の併記がみられる。

政治[編集]

トゥルク市庁舎

トゥルク市議会は67議席で構成される。トゥルク市議会議長は国民連合党ミンナ・アルヴェフィンランド語版である。2010年からAleksi Randellがトゥルク市長を務めている。

2017年のトゥルク市議会選挙における各政党の獲得議席数は以下の通りだった[8]

2011年フィンランド議会選挙英語版における各政党の得票率は以下の通りだった。

社会[編集]

交通[編集]

トゥルクはトゥルク市地域公共交通委員会(FÖLI)によって運営されるバス路線ネットワークを有している。トゥルク近郊の自治体、Kaarina、Lieto、Naantali、Raisio、Ruskoなどに向かうバス路線もトゥルク市地域公共交通委員会が運営している[9]。トゥルクバスターミナルとトゥルク中央駅は離れた場所にあるが、近い将来には両者の一体化が計画されている。

VRグループ(フィンランド国鉄)がトゥルクと他都市を結ぶ鉄道を運行しているが、運行路線数はかつてと比較して減少しており、タンペレヘルシンキに向かう路線のみが営業している。トゥルクにはトゥルク中央駅があるほか、小規模なトゥルク港駅、クピッター駅もある。3つの長距離列車用鉄道駅を有するのはトゥルクがフィンランド唯一である。1972年にはトゥルク路面電車英語版が廃止され、20世紀後半にはトゥルクと近隣自治体を結ぶ鉄道もすべて廃止されたため、現在のトゥルクに長距離列車以外の鉄道交通は存在しない。しかし、現在はトゥルクとその近郊を結ぶライトレールの建設が計画されている[10]

トゥルク市街地から北に8kmの距離にあるトゥルク空港は、トゥルクとルスコの自治体域にまたがっている。エア・バルティックスカンジナビア航空など6の旅客航空会社、1の貨物航空会社が就航している。トゥルク港英語版からはシリヤラインヴァイキングラインが、スウェーデン本土とオーランド諸島に向かって毎日定期便を運航している。ボスニア湾を周遊するクルーズ船も運航されている。

教育[編集]

トゥルクはフィンランドのどの都市よりも長い教育の歴史を有している。13世紀後半にはトゥルク大聖堂英語版とともにトゥルク大聖堂学校英語版が設立された。1640年にはスウェーデンクリスティーナ女王によって、フィンランド初の大学となるトゥルク帝国アカデミー英語版が設立された。トゥルク帝国アカデミーはヘルシンキ大学の前身である。今日のトゥルクには高等教育を学ぶ学生が約35,000人いる[11]。トゥルクには2つの大学があり、さらにいくつかの総合技術専門学校英語版がある。

1920年に創設されたトゥルク大学はフィンランド有数の歴史を持つ大学であり、18,000人の学生を有してフィンランドで2番目に大きな大学である。トゥルクの中心的な病院であるトゥルク大学病院英語版は教育目的のためにも使用されている。2010年にはトゥルク経済学校英語版がトゥルク大学に統合された。

フィンランドで2番目、1918年に創設されたオーボ・アカデミー大学は、フィンランドで唯一のスウェーデン語大学である。トゥルク応用化学大学英語版はフィンランドで2番目に大きな総合技術専門学校である。その他にはノヴィア応用科学大学英語版ディアコニア応用科学大学英語版がある。フィンランドでインターナショナル・スクールがある都市はトゥルクとヘルシンキのみである。トゥルク・インターナショナル・スクール英語版はVarissuo地区に2003年に設立された。

メディア[編集]

トゥルク中央図書館

1771年にはフィンランドで初めての新聞として、スウェーデン語の『Tidningar Utgifne Af et Sällskap i Åbo』がトゥルクで創刊された。1775年には初のフィンランド語紙である『Suomenkieliset Tieto-Sanomat』がトゥルクで創刊された。今日のトゥルクでもっとも広く読まれている新聞は、この地域の70%を読者に持つ日刊紙『トゥルン・サノマット英語版』である。1824年創刊のスウェーデン語紙『Åbo Underrättelser』もトゥルクで発行されている。無料紙(フリーペーパー)の『Turkulainen』、『Metro International』の地域版、全国紙『イルタ・サノマトゥ英語版』もまた人気がある。トゥルクの東部郊外向けの『Kulmakunta』、RaisioやNaantali周辺向けの『Rannikkoseutu』などのローカル紙も発行されている。

『トゥルン・サノマット』社は新聞だけでなく、トゥルクTVと呼ばれるテレビ局も運営している。フィンランド国営放送はフィンランド南西部向けのローカルニュースを放送している。トゥルクではすべての全国テレビチャンネルと全国ラジオチャンネルが視聴可能である。

文化[編集]

トゥルク大聖堂

トゥルクの文化的施設には、劇場、映画館、美術館などがあり、トゥルクの文化団体にはフィルハーモニー管弦楽団がある。トゥルク文化センターでは数多くのイベントが開催されており、毎年7月にはトゥルク中世市場英語版が開催される。トゥルクはフィンランドにおける公式なクリスマス都市であり、フィンランドの「クリスマスの平和」は毎年12月24日にブリンカラ・ホールのバルコニーから宣言される。

音楽祭としてはトゥルク音楽祭英語版に加えて、ルイスサロ島英語版ルイスロック英語版(ロックフェス)が、ダウン・バイ・ザ・ライトゥリ英語版(ロックフェス)が開催される。ルイスロックはスカンディナビア半島最古のロックフェスとされ、ダウン・バイ・ザ・ライトゥリは北ヨーロッパ最大のエレクトロニックミュージックフェスとされる[12]

美術館や博物館には、トゥルク美術館やヴァイノ・アールトネン美術館英語版などがある。オーボ・アカデミー大学にはフィンランドで唯一音楽分野を専門とするシベリウス博物館英語版がある。これら以外にも、1881年から歴史博物館として機能しているトゥルク城や、14世紀の遺跡の上に1995年に建設されたアボォア・ヴェトス&アルス・ノヴァ英語版などがある。ルオスタリンマキ手工芸博物館英語版は、1827年のトゥルク大火英語版を生き残った住宅から転換され、スカンディナビア半島で初めて金のリンゴ観光賞を受賞した。2011年にはエストニアの首都タリンとともに欧州文化首都に選定され、市議会によって様々な文化的催しが開催された。

スポーツ[編集]

パーヴォ・ヌルミ・マラソン

トゥルクにはFCインテル・トゥルクTPSトゥルクの2つのサッカークラブが本拠地を置いている。TPSトゥルクはヴェイッカウスリーガ(国内1部)で8回の優勝経験があり、FCインテル・トゥルクは1回の優勝経験がある。どちらもクピッター地区のヴェリタス・スタディオン英語版をホームスタジアムとしている。

HC TPS英語版はフィンランド有数のアイスホッケークラブであり、SMリーガ(国内1部)で11回優勝している。HC TPSはアルツカイネン地区のHKアリーナ英語版をホームアリーナとしている。

陸上競技選手(中長距離)のパーヴォ・ヌルミはトゥルク出身であり、ヌルミは1920年アントワープオリンピックで3個、1924年パリオリンピックで5個、1928年アムステルダムオリンピックで1個、計9個の金メダルを獲得した。トゥルクでは1910年から様々なマラソン大会が開催されてきたが、1992年にはヌルミの名を冠したパーヴォ・ヌルミ・マラソン英語版が初開催された。この大会での男子歴代最高記録は、1994年の第3回大会で木口典昭が記録した2時間18分58秒である。1998年の第7回大会では、女子の部で風間広が優勝した。

テニス選手のヤルコ・ニエミネンはトゥルク近郊のマスク英語版出身である。

ラクロスクラブのトゥルク・タイタンズ英語版は男子・女子それぞれのチームを有する。男子チームはフィンランド全国リーグで1回優勝し、3回準優勝しており、女子チームもまた強豪である[13]。2012年にはトゥルクでU-19世界ラクロス選手権英語版が開催された[14]

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

また、以下の都市と協力協定を締結している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Statistical yearbook of Turku” (Finnish) (2008年7月17日). 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月21日閲覧。
  2. ^ Christmas City » Turku, the Finnish Christmas City”. www.turku.fi. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2014年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月30日閲覧。
  4. ^ Seutukuntien ennakkoväkiluku alueittain, elokuu 2013” (Finnish). Tiedote. Statistics Finland (Tilastokeskus) (2013年8月31日). 2013年10月2日閲覧。
  5. ^ Kirjastosilta avattiin tulen ja valon juhlassa”. www.turku.fi. 2014年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月10日閲覧。
  6. ^ Normal period 1981-2010”. 2012年10月12日閲覧。
  7. ^ Publications and Reports”. turku.fi (2008年6月25日). 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。
  8. ^ Turku: Tulos puolueittain ja yhteislistoittain”. Ministry of Justice (2017年4月13日). 2017年4月17日閲覧。
  9. ^ Joukkoliikennetietoa” (Finnish). Turun kaupunkiseudun joukkoliikennelautakunta. 2016年1月14日閲覧。
  10. ^ Laaksonen, Mikko. “Raitiovaunulla Naantaliin, Kaarinaan, Runosmäkeen, Varissuolle?” (Finnish). raitio.org. Finnish Tramways Society. 2008年7月11日閲覧。
  11. ^ www.turku.fi » turku.fi » Turku.info » Turku in Brief”. turku.fi. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月6日閲覧。
  12. ^ www.uudenmusiikinfestivaali.org”. www.uudenmusiikinfestivaali.org. 2011年9月16日閲覧。
  13. ^ Turku Titans history”. Turku Titans. 2011年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月18日閲覧。
  14. ^ 2012 World Lacrosse”. FIL U19 2012 World Lacrosse Championships. 2010年7月18日閲覧。
  15. ^ Gdańsk Official Website: 'Miasta partnerskie'” (Polish, English). © 2009 Urząd Miejski w Gdańsku. 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月11日閲覧。
  16. ^ Partner (Twin) towns of Bratislava”. Bratislava-City.sk. 2013年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯60度27分05秒 東経22度16分00秒 / 北緯60.45139度 東経22.26667度 / 60.45139; 22.26667