パーヴォ・ヌルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピック
陸上競技
1920 アントワープ 男子10000m
1920 アントワープ 男子クロスカントリー個人
1920 アントワープ 男子クロスカントリー団体
1924 パリ 男子1500m
1924 パリ 男子5000m
1924 パリ 男子クロスカントリー個人
1924 パリ 男子クロスカントリー団体
1924 パリ 男子3000m団体
1928 アムステルダム 男子10000m
1920 アントワープ 男子5000m
1928 アムステルダム 男子5000m
1928 アムステルダム 男子3000m障害
アントワープオリンピック(1920年)でのヌルミの力走。

パーヴォ・ヌルミPaavo Nurmi1897年6月13日 - 1973年10月2日)は、フィンランド陸上競技選手、「超人」と呼ばれ、その存在は当時の陸上関係者に多大な影響をもたらし、1952年のヘルシンキオリンピックでは最終聖火ランナーさえをも務めている。

事績の概要としてヌルミは1920年代を代表する中長距離走者で、1500 mから 20 kmの世界記録を作った。ヌルミは1920年から1928年の間、オリンピックで合計9個の金メダルを獲得している。この後、ヌルミは他のレースで賞金を受け取った事実を指摘され、現在とは異なる時代背景も手伝って当時の五輪がアマチュアリズムに厳しかった事もあり、1932年のオリンピックではプロ選手とみなされてその結果、参加する事は出来なかった。

ヌルミは、1920年アントワープオリンピックで5000 mでは銀メダル。10,000 m、クロスカントリー個人、団体の3個の金メダルを獲得した。1924年パリオリンピックでは1500 m、 5000 m(決勝間には 26分のインターバルしかなかった)3000 m団体、クロスカントリー個人、団体で5個の金メダルを獲得している。このクロスカントリーは酷暑のため参加者の半分が棄権したレースとなり、この大会がヌルミにとっては競技実施の最後となった。

1928年アムステルダムオリンピックが最後で10,000 mに優勝し、3000 mと5000 m障害で銀メダルを獲得した。現在、ヌルミは当時の報道の中で自ら発言していた事で薬物使用が明らかになっているが、当時はドーピング規制がなく咎め立てがないまま今日に至っている。

1973年10月2日、ヌルミはヘルシンキにおいて76歳でその生涯を閉じた。フィンランドのマリヤッタ・バーネナン文部大臣は追悼演説で『記録は塗り替えられ、金メダルは輝きを失う日が来るでしょう。しかし、歴史的概念としてのパーヴォ・ヌルミは永遠に栄光の中であり続けるでしょう』と辞を述べた。

ヌルミの肖像はユーロ導入までのフィンランド10マルッカ紙幣に描かれており、現在もフィンランドの金字塔として残されている。

出典・関連書籍[編集]

外部リンク[編集]