ヴィレ・ヴァンニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィレ・ヴァンニ
Ville Vänni
生誕 (1979-01-14) 1979年1月14日(39歳)[1]
出身地  フィンランド トゥルク・ポリ州
南西スオミ県 トゥルク郡 トゥルク[1]
学歴 医学部[1]
ジャンル メロディックデスメタル
デスラッシュ
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1996年 - 2011年
共同作業者 インソムニウム
ヘイトフォーム
ウォッチ・ミー・フォール
著名使用楽器
Gibson Les Paul Studio-89
Ibanez RG 7-string

ヴィレ・ヴァンニVille Vänni1979年1月14日 - )は、フィンランドの元ヘヴィメタルミュージシャンギタリスト)。インソムニウムギタリストとして著名[2]。現在は音楽活動から退き、外科医として活動している。

略歴[編集]

1979年1月にフィンランド南東の都市・トゥルクで生まれる。1996年にトゥルクで結成されたウォッチ・ミー・フォールに参加[1]。ウォッチ・ミー・フォール初期には、後にヘイトフォームを結成し、ベーシストとして活動するヨニ・スオデンヤルヴィがボーカリストとして在籍していた。1999年にはインソムニウムで活動するニーロ・セヴァネンがウォッチ・ミー・フォールにボーカリストとして加入[3]。ウォッチ・ミー・フォールは、2001年にKtokレコードから1stアルバム『Worn』をリリースしており、ニーロがボーカルを、ヴィレがギターを務めている。ただしこの後、2003年にウォッチ・ミー・フォールは解散した[4]

2001年に、ティモ・パルタネンが脱退したインソムニウムに加入[1]。インソムニウムは2002年に1stアルバム『In the Halls of Awaiting』をリリースしデビューした。ヴィレは、ギタリストとして活動を続けた[1]。また、2004年にウォッチ・ミー・フォール時代の同僚、ヨニ・スオデンヤルヴィが結成したヘイトフォームから加入の打診があり、同バンドに加入した[5]。しかし、2006年になると、インソムニウムの活動に加えて学業の面でも多忙となってしまい、ヘイトフォームを脱退した[5][6]

2006年には、トゥルクの大学の医学部を卒業[1]外科医としても働き始め、北カルヤラ県の中央病院で働き始めた[1]

これ以降、音楽活動と医師活動を並行していたものの、2011年10月31日にインソムニウム脱退を発表[7]。後任には、オムニアム・ギャザラムマルクス・ヴァンハラが就いた。ヴィレはその後、音楽活動から引退し外科医として勤務している。

使用機材[編集]

インソムニウム時代の使用機材は以下のようになる[1]

ディスコグラフィ[編集]

インソムニウム[編集]

ヘイトフォーム[編集]

ウォッチ・ミー・フォール[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i INSOMNIUM|Ville Vänni|Guitars”. 2011年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  2. ^ Ville Vänni Biography”. Metal Storm. 2015年4月12日閲覧。
  3. ^ http://www.insomnium.net/band/niilo-sevaenen-vocals-bass 2015年4月11日閲覧。
  4. ^ Watch Me Fall”. Metal Storm. 2015年4月12日閲覧。
  5. ^ a b 前信二 (2008年). “ドミナンス” (日本語) (CDライナー). 「Dominance」. ヘイトフォーム. 日本東京都千代田区外神田: サウンドホリック. TKCS-85204. 
  6. ^ http://www.hateform.net/hateform.php 2015年4月12日閲覧。
  7. ^ https://www.facebook.com/insomniumofficial/posts/117518898358324 2015年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]