オーフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Århus,オーフス
オーフスの光景
Århus,オーフスの位置(デンマーク内)
Århus,オーフス
Århus,オーフス
Location in Denmark
座標: 北緯56度09分 東経10度13分 / 北緯56.150度 東経10.217度 / 56.150; 10.217
デンマーク
地域 中央ユラン地域
自治体 オーフス自治体英語版
最初の記録 8th century
都市権 15th century
行政
 - 市長 Jacob Bundsgaard (デンマーク社会民主党)
面積[1]
 - 都市部 91km2 (35.1mi2)
 - 自治体 468km2 (180.7mi2)
最高部 105m (344ft)
最低部 0m (0ft)
人口 (2014)[2]
 都市部 261,570人
 - 都市部人口密度 2,854人/km² (7,391.8人/mi²)
 - 自治体 326,676人
 - 自治体人口密度 698人/km² (1,807.8人/mi²)
族称 Aarhusianer
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
Postal code 8000, 8200, 8210
市外局番 (+45) 8
ウェブサイト Official website 

オーフス(デンマーク語: Århus,Aarhus (デンマーク語発音: [ˈɒːhuːˀs] ( 聞く))はデンマークでは2番目に大きな都市である。 オーフス自治体英語版の中心地で、ユトランド半島の東岸に位置しデンマークの地理的な中心部に位置し、コペンハーゲンの南西187km、ハンブルクの北289kmの場所にある。人口は2015年1月1日現在、市街地と自治体が326,676人、ユーロスタットの推計では大都市圏域の人口は845,971人であった。オーフスの歴史的な始まりは8世紀に創建されたヴァイキングの要塞化された入植地で、教区の中心としての最初の記録は少なくとも948年からである。

オーフスはフェルデン・東ユトランドフィヨルド英語版の北岸の天然の沿岸港に創建され、何世紀にもわたる海上交易や農産品の成長に主要な役割を果たした。マーケットタウンの特権は1441年に獲得したが、17世紀のカール・グスタフ戦争の間には封鎖や砲撃により困難に陥った。19世紀には2度、ドイツの軍隊によって第一次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争英語版の間占領されたが、破壊は免れた。産業革命によってオーフスは成長し、20世紀までにはデンマークでは2番目に大きな都市となった。

今日のオーフスは、地域の文化や経済の中核でユトランド半島では最大の商業やサービス、工業の中心である。欧州連合域内では92番目の規模の都市で[3]、世界ではトップ100に入るカンファレンスの都市である[4]。コンテナの取扱とカテガット海峡の貿易の重要なハブの面でデンマークの主要な産業港である。

主要なデンマークの企業はオーフスに本社を置き拠点としており、中央ユラン地域の広いエリアから人々が通勤やレジャーでやって来る。北欧諸国の研究や教育の中心でもあり、拠点を置くオーフス大学スカンディナヴィアでは最大の大学で オーフス大学病院英語版やINCUBサイエンスパークが含まれる。オーフスはデンマークでは一番若者が多い都市で、学生の人口が13%を占めており2010年以来、毎年平均4,000人の人口増加で急速に増加している都市の1つである。オーフスは 東ユトランド大都市圏地域英語版の中心部で経済成長や人口規模ではデンマークでは2番目の規模である。

オーフスは注目されるミュージカルの歴史があり、1950年代に多くのジャズクラブが若者たちに支えられ街の周辺に急速に出現した。1960年代には音楽シーンはロックや他のジャンルに多様化した。1970年代や1980年代にはオーフスはデンマークのロック音楽の中心となり TV-2英語版Gnags英語版など多くの象徴的なバンドを育んだ。オーフスでは毎年8日間の オーフス国際ジャズフェスティバル英語版SPoTフェスティバル英語版ノースサイドフェスティバル英語版が開催される。


歴史[編集]

948年に、司教座がおかれた。北海バルト海交易の隆盛とともに発展し、14世紀ペストが大流行した際も、さほどの人口減少はみられなかった。16世紀から17世紀にかけては、その人口はコペンハーゲンを上回っていた。

19世紀に、コペンハーゲンやハンブルクの支配から離れて、より独立的な街となった。19世紀初頭、ユトランド半島で3番目に大きな街であったが、1840年にラナースを上回り、1850年には半島最大で、デンマーク国内で2番目の規模となった。 港が拡張され、鉄道網が整備されて、街は繁栄し続けた。「ユトランド半島の文化的な都」を自称するように、国立図書館、大学、オーフス劇場、病院などの数多くの文化的施設が建てられた。

文化[編集]

オーフスはユトランド半島の文化の中心地である。学生も多く、若者達が様々な文化的活動の一端を担っている。市内には500件以上のカフェのほか、博物館・遊園地・映画館もある。また、毎年アート・フェスティバルであるAarhus Festugeや、国際的なジャズ・フェスティバルも開催されている。

旧市街には多くの歴史的建造物があり、観光客を集めている。オーフース大聖堂は、奥行き、塔の高さともデンマーク1である。デン・ガムレ・ビューという野外博物館は、17世紀以降の古い町家をデンマーク中から集め再築しており、そのほかには時計、洋服、食べ物など、各時代の人々の生活も再現されている[5]

オーフス郊外に、デンマーク消防博物館がある。数十台の消防車や、古い消防器具などが展示されており、この種の博物館としては世界最大級の規模とされる。また、同じく郊外にあるモースゴー先史博物館では、グラウベール人(Grauballemand)と称されるローマ鉄器時代末期の湿地遺体が展示されている[6]

教育[編集]

スポーツ[編集]

オーフス南部の公園に陸上競技場やサッカー場、屋内スポーツアリーナなどを有するアトレティオン(en:Atletion)という名のスポーツセンターがある。オーフスGFなどをはじめとし、多くのスポーツ競技団体がアトレティオンを拠点として活動している。 またオーフスではこれまで様々な競技大会が開催されている(アトレティオンが会場となることが多い)。

交通[編集]

市中心部から約35km北東にオーフス空港がある。空港は郊外部にあり、ターミナルビル1つの小規模な空港であるが、北欧各地と航空路が開設されている。

姉妹都市[編集]

オーフス出身の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Danmarks Statistik: Areal fordelt efter kommune / region” (Danish). Danmark Statistik. 2014年7月17日閲覧。
  2. ^ BEF44: Population 1st January, by urban areas” (Danish). Statistics Denmark. 2014年7月10日閲覧。
  3. ^ http://www.dst.dk/da/Statistik/emner/kommuner-paa-landkortet.aspx
  4. ^ http://www.iccaworld.com/dcps/doc.cfm?docid=1696.
  5. ^ 鈴木雅子「ぶらりデンマーク」/ 村井誠人編著『デンマークを知るための68章』明石書店 2009年 38ページ
  6. ^ P.V.グロブ、p.21-29。

参考文献[編集]

  • P.V.グロブ『甦る古代人』荒川明久、牧野正憲訳、刀水書房、2002年。

外部リンク[編集]