レーワルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レーワルデン
Leeuwarden / Ljouwert
ボニファティウス教会の聖堂(19世紀後半)
ボニファティウス教会の聖堂(19世紀後半)
レーワルデンの市旗 レーワルデンの市章
基礎自治体 基礎自治体
位置
レーワルデンの位置の位置図
レーワルデンの位置
位置
レーワルデンの位置(オランダ内)
レーワルデン
レーワルデン
レーワルデン (オランダ)
レーワルデンの位置(ベネルクス内)
レーワルデン
レーワルデン
レーワルデン (ベネルクス)
レーワルデンの位置(北欧と中欧内)
レーワルデン
レーワルデン
レーワルデン (北欧と中欧)
座標 : 北緯53度12分0秒 東経5度47分24秒 / 北緯53.20000度 東経5.79000度 / 53.20000; 5.79000
行政
オランダの旗 オランダ
  フリースラント州の旗 フリースラント州
 基礎自治体 レーワルデン
地理
面積  
  基礎自治体 84.10 km2
人口
人口 (2007年現在)
  基礎自治体 92,203人
    人口密度   1096.3人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
公式ウェブサイト : http://www.leeuwarden.nl/

レーワルデンオランダ語Leeuwarden西フリジア語Ljouwert, Liwwadden)は、オランダの都市。フリースラント州の州都。オランダ北部の重要な市場があり、酪農製品の製造が盛んである。

名称[編集]

発音記号は上述のとおり。ここでは、日本語音写片仮名への翻字)を試みている。

地勢・産業[編集]

干拓事業によって造られた土地であるため、標高は海面下であり、ワッデン海アイセル湖に程近い。オランダの代表的な酪農の町で、運河が通り、酪農製品の集散地となっている。機械金属木工製品などの工業も盛んである。近隣の都市としては、約20キロメートル西のハルリンゲン、50キロメートル東のフローニンゲン、55キロメートル南東のメッペル、75キロメートル南のズヴォレなどが挙げられる。首都アムステルダムまでは南西に直線105キロメートルである。

歴史[編集]

かつてはミドルゼー13世紀に始まった干拓事業で消滅)に接する港町であった。1453年都市権を獲得し、1504年フリースラントの首都になった。1582年から1747年までの165年間、現オランダ王室の祖先にあたるオラニエ家(当時は北部七州の総督)の居地であった。16世紀から18世紀にかけては特に金銀細工の中心地として知られた。第二次世界大戦による被害で荒廃したが、戦後復興を果たしている。2018年にはマルタバレッタとともに欧州文化首都であった。

オルデホーフェ斜塔[5]

文化[編集]

1598年完成の重量検定所や、1724年完成の市庁舎などの、歴史的建築物が数多く残存する。

地域にゆかりのある著名人[編集]

出身著名人[編集]

非出身著名人[編集]

ここでは、当地に長期滞在するなどした、出身者以外の著名人を記載する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Leeuwarden”. Forvo. 2022年9月21日閲覧。
  2. ^ leeuwarden”. HowToPronounce. 2022年9月21日閲覧。
  3. ^ Ljouwert”. Forvo. 2022年9月21日閲覧。
  4. ^ Ljouwert”. HowToPronounce. 2022年9月21日閲覧。
  5. ^ a b c d オランダ北の都レーワルデン”. オランダ&フランダース (2016年11月21日). 2019年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]